同社敷地内にあるスリット加工ライン。金属加工業者の製品コイルの委託加工も手掛けている

最新鋭の日本製スリッターを導入 「JX金属」の総合力で未来を創る

 1905年の創業以来、リン青銅や非鉄金属を扱う日本最大手の総合メーカー「JX金属」。海外にも数多くの事業所を展開し、タイには2014年に進出。現地法人の「マテリアルス・サービス・コンプレックス」、そして「マテリアルス・サービス・コンプレックス・コイル・センター」の両社を通じて非鉄金属材の供給や加工、副資材販売などを幅広く手掛けている。
 両社ではリン青銅や黄銅、コルソン合金、洋白、チタン銅といった伸銅品、SUS301、SUS304、SUS305、SUS430などのステンレス材も豊富にラインナップ。ピントン工業団地に24時間稼働の定温・定湿型倉庫を有し、迅速な供給を実現する。また材料によっては小ロット受注にも対応し、加工用資材の販売、コイルのスリット加工委託なども展開。「金属加工でお困りなら、何でもご相談ください」との不破康介代表の言葉通り、トータルサポート体制を貫く。
 また10月には、新たに日本製スリッターが稼働予定。旧型は板厚0.5~1.0㎜対応だったが今後の薄物需要に備え0.06~0.64㎜に対応し、スリット幅は細幅で10㎜まで可能。処理材料は主に銅、銅合金、SUS、鉄となる(SUS、鉄材のスリットは応相談)。これによりラインスピードが大幅に上がり、加工量増も見込まれるという。さらに安全エリアセンサーを配置することで品質や安全面を飛躍的に向上させ、JX金属グループの掲げる「安全第一の業務遂行」がより確かなものに。今後に期待が高まる。

  • マスターコイルや製品を在庫する定温・定湿型倉庫。24時間営業し、顧客の要望があれば即座に出庫・入庫などが行えるのが特長だ

  • 社員一丸となって顧客を次のステージへ押し上げる

COMPANY PROFILE

会社名 MATERIALS SERVICE COMPLEX (THAILAND) CO.,LTD.
ロゴ
代表者 不破康介
事業内容 非鉄金属の供給・加工、加工用資材の販売
設立年 2014年
TEL 062-316-6998(石嵜)/ 090-079-6994(タイ語)
住所 150/32 Moo 9, Pinthong Industrial Estate, Nongkham A.Sriracha, Chonburi 20110
本社 チョンブリー県
URL http://jx-kinzokushoji.com
E-mail ishizaki@msct.co.th (石嵜)/ yupadee@msct.co.th (タイ語)

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る