環境システム、パーキングシステム、クリーンシステム、時間情報システム
企画・設計・製造・販売・施工・メンテナンス

環境システム、パーキングシステム、クリーンシステム、時間情報システム
企画・設計・製造・販売・施工・メンテナンス

メニュー

ホーム

 

「人と時間」「人と環境」をテーマに
幅広い事業展開

伊藤浩康マネージングダイレクター(左)とVichan Aroonmanakulゼネラルマネージャー

 

事業紹介

環境システム事業:集塵機、ミストコレクター、粉粒体空気輸送、他周辺機器
クリーン事業:床面洗浄機、ポリッシャー、業務用掃除機、洗剤/ワックス
パーキング事業:駐車場管理機器、LPRシステム、セキュリティーゲート
時間情報システム:就業・勤怠、入室、人事、給与管理システム

 
 

ASEAN+インドでは、環境システム事業。
タイ国内では、パーキング事業で存在感を示したい。

環境システム事業では技術開発センターとして、タイ国内だけでなくASEAN+インドの各国へ製品輸出、商談、技術サポートを行う。
タイ国内でいうと、汎用パッケージ集塵機(PPC-t型)を製造から販売まで行っており、随時ラインアップを増加中。顧客のニーズに応えるため、PM2.5やCO2の削減等、環境負荷低減にも貢献している。

一方パーキング事業では、駐車場管理機器をメーカーとして作成。例えば駐車場に設置されているゲートや精算機がその代表的な製品である。それらの機器に関連するマネージメントやメンテナンスも行っており、増え続ける傾向にある商業施設などに需要を見込んでいるAMANO社にとって、この事業領域はとても重要なのである。

「人と時間を結び付けていくことに大きな可能性を感じています。そしてこのタイでは、パーキング事業を通じて存在感を示していきたいというのが今後最大の展望です」と、Vichan GMは話す。

 

アマノというブランド認知を
さらに広げていきたい

Vichan Aroonmanakulゼネラルマネージャー

在タイ日本企業から高い信頼

同社は2008年にタイへ進出。現在は約800社の顧客を持つが、新しい取引先も順調に開拓している。顧客の90%以上が日本企業ということからもわかるとおり、アマノブランドの認知力はしっかりと根付き、高い信頼度を獲得できている。

 

愛用して頂ける製品づくりを通じて、来年はさらにマーケットを広げたい

「タイ人スタッフは約30名です。皆モチベーションが高く、管理職やエンジニアなどの人材も順調に育っており、このような素晴らしい環境を維持していくのも私の仕事の一つだと感じています」(Vichan GM)。

人を育てることも事業。そこにフォーカスしながら会社の将来を見極めているようだ。
また、マーケットにおけるアマノの認知度にはかなり自信を持っており、日本で同社の製品を採用している顧客は、タイに進出した時も採用してくれるケースがほとんど。高い信頼性と長期で愛用される製品づくりで、来年はさらにマーケットを広げたいと意気込む。

 

「パーキング事業」が
会社をけん引できるような存在へ

Natthanicha Kittipalarakセールスエクゼクティブ

スマートで革新的なアマノのパーキングシステム

https://www.amano.co.kr/html/eng/index.jsp#fmain_visual

多数の新技術が盛り込まれ、これから必ずトレンドになるスマートで革新的なシステムは、従来のような駐車券を使わないことで労働力を削減。駐車場への入退場をタッチレスにすることでコロナ禍の社会にもマッチする。

クルマのライセンスプレート認識システム(LPR SYSTEM)は、様々な用途に対応できる可能性を持ち、商業施設だけではなく、コンドミニアムや病院、工場・事業所等の入口ゲートにも採用。居住者以外の出入りをスマートに管理できることからも注目をあびている。

さらにアフターサービスにも力を入れており、近い将来アマノ独自のモニターセンターを開設する予定。パーキングシステムをリアルタイムで監視し、なにかあればすぐに現場へスタッフが急行できるようなサービスを始めたいと意気込む。

 

様々な用途に対応し、マーケット拡大をさせていきたい

ソフトウェアをコントロールすることで、様々な用途に対応していくことが可能となり、アピールしていけるマーケットはかなり範囲が広いと同社は考えている。

現在、メインの顧客はコンドミニアムやデパートなどの商業施設、ホテルなど。これからはオフィスビルをはじめとした学校や病院など、「人と時間の管理が必要な施設」に拡大させていく予定だと同社は意気込む。

 

スタッフ紹介

品質管理、環境エンジニアチーム

 

ITエンジニア 営業チーム

 

経理・総務チームと伊藤MD、Vichan Aroonmanakul GM

 

基本情報

所在地

一番上へ戻る