メニュー

Hi-Tech Industrial Estate Group of Companies

工業団地公社との連携で
多岐にわたる事業領域に対応

Thavich Taychanavakul(タウィッ チ・テチャナーワーグン)MD

 

事業紹介

タイ工業団地公社との連携で、さまざまな事業領域に対応。物流、電気系製造業など幅広い分野の企業が進出している。
また、小規模サイズの分譲や賃貸工場を展開するなど、フレキシブルな体制で企業誘致を行っている。
タイの中で存在感をアピールするとともに、立地、設備面、環境などにおいてアドバテージをもった工業団地だと言える。

 
 

豊富な工業用水の供給体制で幅広い事業に対応可能
ハイテクアユタヤ工業団地
HI-TECH Ayutthaya Industrial Estate

1989年1月、タイ工業団地株式会社によって設立。物流、電子、電気などの製造業と自動車産業のハブとして開発された経緯を持つ。バンコクから約60km、車で約45分。そんな恵まれたアクセス環境は、同工業団地の大きなアドバンテージだ。工業団地公社によるワンストップサービスセンター(OSS)や税関支署も設置。タイにおける最大の輸出加工区となっている理由がそこにある。

工業用地の他、輸出ゾーン、商業用地、居住用地などが419haの広大な敷地に広がっている。世界的ブランドの製造業や運送業の集積地でもあり、タイ国内における工業団地の中でも重要な地位を築き上げている。

洪水対策としては団地の周囲に堤防を設置。また渇水時への対応策として、取水設備の増設も実施済みで6万㎥/日の給水体制を確立している。

 

工業団地公社によるワンストップサービスセンター(OSS)や税関支署も設置。土地の取得や工場の建設、さらには駐在する従業員のビザや労働許可の取得の手続きさえも、団地内に新設されたIEATの現地事務所で一括して行うことが可能。

 

工業団地および団地公社のオフィス

 

講堂

 

計器等の検査所

 

コミュニティ

 

2基ある天然ガス発電所

 

ハイテクアユタヤ工業団地マップ

 
 
 

アユタヤ工業団地内の小規模サイズ分譲・賃貸工場
SMEs Estate
HI-TECH Ayutthaya Industrial Estate

SMEs ESTATE内の様子

 

設立は2014年。アユタヤ工業団地内にある中小規模向けの分譲・賃貸工場向けのエステート。タイ工業団地公社(IEAT)提携団地として、事業や工場建設の許可取得をワンストップサービスで受けることができる。

工場敷地は600㎡から、サイズは30m x 20mが基本となっている。警備態勢も24時間で保守面での信頼性も高いと言える。

ビジネス環境としては十分に安心できる条件が揃っている。団地内は様々な業務に不可欠な十分な水量を確保していて、洪水対策も実施されている。
タイの経済動脈である国道32号線に面し、空港や深海港へのアクセスも極めて至便だ。

 

SMEs ESTATE見取り図

 
 
 

プラチンブリ唯一のインダストリアルエステート
ハイテクカビン工業団地
HI-TECH Kabin Industrial Estate

プランチブリン県で唯一のIndustrial Estate。従来からの産業集積地であるアユタヤ県やパトゥムタニ県からもそれほど遠くなく、海抜25〜45mと洪水とも無縁のことから、移転やリスク分散には最適。
バンコクと東北地方を結ぶ交通の要所に位置することからも、最高の立地条件だと言える。整備された交通網が存在することで、陸路・空路・海路全てに渡る輸送手段を使うことが可能だ。

BOI認可企業となることで、様々な優遇処置を受けることが可能で、法人税の免除を始め、原料の輸入関税の免除など、魅力的な恩恵が待っている。
工業と豊かな自然の誘導を目指す工業団地だけあり、敷地内には9000㎡の緑地を設けるなど、産業拠点でありながらも、心がくつろぐような雰囲気も大切にしたハイテク団地だと言える。

 

IEAT事務所

 

IEAT事務所内

 

入居企業

 

ハイテクカビン工業団地事務所外観

 

近隣の水源から豊富な水を確保、工業用水には困らない。一方、排水施設も完備、外部への排水は一切ない

 

ハイテクカビン工業団地マップ

基本情報

ハイテクアユタヤ工業団地

SMEs Estate(アユタヤ)

ハイテクカビン工業団地(プラチンブリ)

PAGE TOP
Top