メニュー

KOKUYO INTERNATIONAL (THAILAND) CO., LTD.

企業紹介

2004年にタイに進出し、オフィス家具の製造・販売、オフィス構築、文房具や事務用品の提供を軸に事業を展開。中でも特筆すべきなのは、場所の選定から内装、家具調達、アフターフォローまでを担う「オフィス構築」事業。設計力・品質力・価格競争力を3本柱に、日系・ローカルを問わず、企業のワーキングスタイルに合わせた空間をプランニングする。

「ワーカーが活き活きと働くオフィスを創り続けることが我々のミッションと思っています。」。そう語る押川マネージングダイレクター(右)。隣は創業から同社を支えるトゥーンCEO

2020年に始まったコロナ禍以降、人々の働き方が一変し、日本もタイもWork From Homeが推進されニューノーマルとなった。そんな状況下にもかかわらず業績が伸び、オフィスを拡大する企業が出現する一方、オフィスをダウンサイズ化する企業が増加の一途を辿っている。

「Work From Home中にモチベーションを維持し、いかに仕事に集中できるかは、ホームオフィスを快適空間に出来るかに掛かっている」と押川マネージングダイレクターは語る。そのような世相を受け、同社では個人宅向けのホーム家具や書斎家具のオンライン販売に注力を開始。日本では企業向けに大規模なイベントを行っているのに対し、タイ法人である同社では独自に国内で人気の有名人やインフルエンサーを招き、パーティー形式のイベントを開催。商品紹介やステイホームを快適にしてくれる家具についてトークイベントを行う事などにより、KOKUYOブランドのイメージアップや、非日系企業への認知度を高めることを目的とし、同時に個人ユーザーへのアプローチを強化したのだ。

「自ら情報を発信しアプローチをしなくてはいけない時代がやってきた。」とは前出の押川MD。近年はタイローカルの競合他社が急増しており、インフルエンサーやSNSを利用した新しいブランディング戦略を展開。非日系企業を取り込む攻略を繋げ、ジャパンクオリティのKOKUYOがトータルプロデュースすることをコンセプトに、販売強化していくことが今後の展望だと言う。その目標に欠かせないのが、KOKUYOの最たる強みであるジャパンクオリティに加え「サービス、アフターケア、そして優秀な人材の総合」。そこでトゥーンCEOが力を入れているのがタイ人人材の育成だ。「Be Unique」のモットーとともに、チームワークを強化しながらタイ人スタッフ一人一人に責任を持ってもらう事により、企業ポリシーである、どんな時もお客様に親身になり寄り添える社員の育成に日々努めている。

ショールームとしての機能も併せ持つ同社オフィス。先進のデザイン空間の中にKOKUYOの家具が置かれている

製品・商品・サービス概要

【日系食品メーカー】ワーカー1人1人の執務環境に重点を置いたシンプルなワークスペース

【WHIZDOM】カジュアルかつリラックスして働くことができるコワーキングスペース

【日系コンサルティング会社】ワーカー1人1人の執務環境に重点を置いたシンプルなワークスペース

【日系自動車メーカー】グループでも個人で使えるセミクローズなミーティングブース

【コクヨグループの2021年コンセプト】製品とサービスと通じてワーカーの創造性を刺激し続け、快適で顧客が成長し続けるオフィスを創造する

スタッフ紹介

同社を支える社員。チームワークが要だというだけあり、固い信頼関係で結ばれている

基本情報

所在地

PAGE TOP