OTC DAIHEN ASIA CO., LTD.

溶接機、切断機及び関連部品の製造・販売、産業用ロボットの販売

溶接機、切断機及び関連部品の製造・販売、産業用ロボットの販売

メニュー

OTC DAIHEN ASIA CO., LTD.

企業紹介

1919年の創立以来、変圧器をはじめとした電力機器を提供している日本のトップメーカー「ダイヘン」。タイ進出は89年。前身の溶接機器部品の生産をメインとする「DAIHEN(Thailand) Co., Ltd.」を設立。その後、生産と販売を担う現「OTC DAIHEN Asia Co.,Ltd.」となった。現在はアーク溶接トーチの生産、産業用ロボットの販売、システム導入の支援やメンテナンスにも注力している。

多様なニーズに応える同社のロボット製品。中でも高い評価を得ているのが、アーク溶接ロボットだ。

「アーク溶接メーカーとしてスタートした弊社は、溶接機器の分野で技術を含め、世界トップクラスです。ロボットには溶接に必要なノウハウをすべて取り込み、使いやすさを重視しています」と話す川原史好社長。

2017年登場した溶接電流350Aと非常に高性能な「シンクロフィード溶接システム」は、最大98%の溶接スパッタ削減を実現。アルミニウムに最適な溶接モードを追加し、適用範囲をさらに拡大した。

同社が目指すのは、工場内すべての工程をカバーしたFA化の支援。「溶接は弊社製品を使用していただいても、前後の作業を別のメーカー製品で行った場合、企業様にとっても不便が生じます。弊社の製品を一貫して使用して頂くことで、メンテナンスなどのアフターサービスも含めた効率化が可能です」と川原社長は、さらなるロボット製品の充実化を図る。

常に時代の変化に対応し、新しい価値の創造にチャレンジする同社の快進撃は続く。

製品・商品・サービス概要

“速く、スリムに、使いやすく”ラインナップの主力5機種をリニューアル。あらゆる性能が進化した

アーク溶接周辺のハンドリングに最適な100kgクラスのロボット3機種を新たにラインナップ

搬出入から加工、検査までを全て自動化する「完全自動化溶接システム」

スタッフ紹介

「作業時間の短縮やコスト削減など、ものづくり現場の発展に貢献できれば」と話す川原社長(左)と加藤浩巳ゼネラルマネージャー

基本情報

所在地

PAGE TOP
Top