PAPAS (THAILAND) CO., LTD.

ステンレス加工用金型製造、及びコミッショニングワーク

ステンレス加工用金型製造、及びコミッショニングワーク

メニュー

PAPAS (THAILAND) CO., LTD.

企業紹介

匠の技が光る鋳造レベル超えの特殊技術

数あるプレス加工の中でも難関と言われる“深絞り”を追求して45年の「パパス」。2012年のタイ進出以来、約50名の精鋭部隊で、タイ産業界へ高度な深絞り製品を提供している。

主に手掛けているのは、自動車やバイク、産業機械など多彩な業種に対応するステンレス304や400系のフェライト向け板金金型。長年培ったノウハウで、溶接不要の湾曲面深絞りステンレス部品といった特殊技術が必要とされる製造もスムーズだ。「ステンレス関連の加工技術全般はもちろん、スチール系素材に向けた金型にも対応しています。気軽にご相談ください」と、河原幸司マネージングダイレクター(MD)は自信を覗かせる。

また、最近ニーズが高まるユニット製品の生産サービスにも注力。自社製造の金型でコミッショニング加工、溶接工程などに対応し、MIG溶接・TIG溶接の2種を網羅。素材の成形からユニット産出まで、極わずかな時間で達することが可能だ。この他、金型の肉盛り保守サービスも行っている。「三次元測定機などを導入し、品質の管理保証は万全の体制を整えています」(河原MD)。

日本本社で生産する部品が半導体関連や航空機部品にも採用されていることから、現在タイ政府が重きを置く航空産業にも参入を狙う同社。日本生まれの職人技が、今後タイの発展に貢献することを期待したい。

製品・商品・サービス概要

高度な技術を必要とする、溶接不要の湾曲面深絞りステンレス部品

日本の匠の技を受け継いだエンジニアが金型を制作

スタッフは約50名

スタッフ紹介

「金型の肉盛り保守サービスを行っていますので、急なトラブルにも対応できます」と河原MD

 

基本情報

所在地

PAGE TOP
Top