PLIC CO., LTD.

物流ソリューション事業・物流搬送機器事業

物流ソリューション事業・物流搬送機器事業

メニュー

PLIC CO., LTD.

物流のプロが自動化ソリューションを提案
ロボティクス活用し、製造業の省人化に貢献

事業紹介

1996年にタイで創業したPLICは総合物流搬送機器を扱う。

住友フォークリフト、ドイツメーカーリンデ(Linde)KOLEC等のマテリアルハンドリング機器を扱う他、自動倉庫(AS/RS)や無人搬送機(AGV)の自動化製品、物流保管設備を数々扱い、物流ソリューションを手掛ける。

 

物流ソリューション事業

近年需要が急激に増加しているのが、自動倉庫(AS/RS)、無人搬送機(AGV)、ロボット搬送機、自動ピッキング等の物流自動化である。

背景にあるのが物流量の増加と共に、人件費の高騰と及び物流倉庫のコスト増。

世界では「Automated Storage」をキーワードに様々な保管、物流システムが開発されているが、同社はこれらの情報をいち早く入手しクライアントに提案していくのがその「提案力」だ。

クライアントの予算、要望、環境に応じて日本製、欧米製また中国製も提案する。

 

PLICが手掛けた自動倉庫

高さ23mの倉庫と2300パレットの自動倉庫。スペースの有効利用と保管データを自動管理する。

ミニローダー(バケット立体自動倉庫、ケース自動倉庫)

パレット自動倉庫だけでなくバケット(ケース)の自動倉庫も可能

 

シャトルラック

クライアントから保管の問題をインタビューした時に最も多く抱えているのが保管パレット量を増やしたいという依頼だ。このシャトルラックは倉庫スペースを最大限に増やすシステムと言える。

 

ラックピッキングロボット
(AMR:Autonomous Mobile Robot)

「Amazon」のピッキング物流システムで知られるようになったピッキングロボット。「AMR」

ロボットとなったAGVが倉庫内を縦横無尽に動き回り、棚(ラック)を動かして必要な商品をピッキングステーションに届ける。

商品の保管データはコンピュータ内に記録されているので商品は一定の棚に保管しておく必要もなく最も効率良い動作で入庫、出庫を行う。

時間、手間、オペレーションミスが大幅に低減され保管スペースの有効活用にも大きく寄与する。

 

ロボットフォークリフト(AGVフォークリフト)

従来型のマグネティックテープを軌道にする方式でもレーダーを使ったマッピング方式でもない。新しいビジュアルコントロールシステムを使って位置情報を得る方式のAGVだ。

ロボットフォークリフトのセンサー装置コストが安いため価格を抑えることができるが、精度は7㎜で動かせることができる。倉庫内、工場内のWIFIを使って複数台のフォークリフトを中央制御できる。

また作業を記録するので倉庫内の保管データとしても使える。発展的に使うと、現状の倉庫オペレーションを無人で行うことも可能。

 
保管のソリューション
倉庫の姿、取扱品目、物量等の状況を聞き、適正なラックを提案していきます。

PLIC製コンベア

マテハン(搬送)に必要なコンベアはPLICで設計製造する。
ローラーコンベアやベルトコンベアは一部在庫も持ち早い対応を目指している。

 

物流搬送機械(フォークリフト)事業

PLICの創業時から展開している事業で、特にフォークリフトレンタルはタイ国内でもトップクラスのシェアを誇る。クライアントのオペレーションには支障が出ないよう予防的メンテナンス(Preventive Maintenance)には最大の力を入れている。

低エネルギーコストと環境に優しい電気フォークリフトはPLICの得意とするところだ。

フォークリフトも年々進化しており、作業を簡単化するアタッチメント、扱いやすいリチウムバッテリー、安全を高めるアクセサリー等の提案も行っている。

 

会社紹介

基本情報

所在地

この記事をSNSでシェア!

PAGE TOP
Top