ITシステムの設計・開発・保守・サポート

メニュー

THAI NS SOLUTIONS CO., LTD.

顧客が求める一歩先へ
時代に呼応する「Only One Japanese IT Partner」

企業紹介

グローバルIT戦略や日本本社への迅速な報告、生産管理の高度化(企業内情報の見える化、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)対応……。時代によって変化するさまざまな課題に対し、実践できている現場はいくつあるだろうか。
そんな専門的知識が不可欠な課題を共に解決へと導いてくれるITパートナーが、50年以上に渡る豊富な経験・知見から顧客課題の解決を支援する「日鉄ソリューションズ(2019年4月1日『新日鉄住金ソリューションズ』より社名変更)」のタイ法人「Thai NS Solutions」だ。本社のノウハウを基盤に2013年に設立し、タイにローカライズ化したサービスを提供。顧客は鉄鋼業界のみならず、製造・金融・流通など増加の一途を辿り、総合ITベンダーとしてタイ国内で存在感を強めている。

顧客の課題に合わせたソリューション提供

日本品質のきめ細やかなITソリューション・サービスを強みに、顧客が抱えるそれぞれの課題を解決してきた同社。これまで、従来の企業内システムを一括管理するソフトウェア「ERP(Enterprise Resource Planning)パッケージ」で多数の実績を積み重ねてきたが、これに加えて注目すべきは、パッケージでは補いきれない個々に適したソリューションを提供する「Make to Order(MTO)」にも尽力する点だ。
一般的にはスクラッチ開発とも言われる同サービスだが、一から要望を聞き、業務に合わせた改善の支援も提供するため、顧客業務にマッチした長期間使えるシステムが出来上がる。また開発して終わりではなく、新システム稼働直後の手厚いサポートを実施し、顧客の新システム利用を定着させるなどフォロー体制も万全だ。

タイにローカライズ化した管理体制

一方、日本で設計されたシステムをそのままタイで適用しようとしても、文化やスタッフの力量も異なるタイではそのまま適用できないケースが多くある。そのような状況を回避するため、同社では顧客側における現場の実行リーダーであるタイ人マネージャーやプロジェクトマネージャーと、日本人マネジメント層に対する日本人プロジェクトマネージャーのチームを構成。会社のトップに在籍する日本人と、現場を統括するタイ人マネージャー双方の意見をすい上げ、より円滑に最善の解を導き出す。ミスコミュニケーションを解消する“日タイ混成”の体制が、同社の強みだ。

「我々は質の高い技術やシステムサービスの提供以上に、お客さまを深く理解し、密なコミュニケーションを取ることを大切にしています。専門的な分野だからこそ、日本人・タイ人間でのコミュニケーションギャップが発生し、システム導入を思うように進められないお客さまも少なくありません。お客さまの中に飛び込み、日本人層のみならず、タイ人層へも丁寧にアプローチをし、課題を共有しながら一歩一歩、一緒に前進をしていく姿勢でご支援できるよう心がけております。システムを納入して終わりではなく、利用の定着化や日々のシステム運用のサポートを通じ、長期間に渡りお客さまと向き合い、共に成長していけるようなサービスを目指しています」と、マーケティング&セールス部門の宗清純矢氏。

変化するニーズ、“価値共創”への挑戦

今後は、日本本社の研究所や各国拠点と協力し、タイに最適な技術開発に取り組むという同社。AIやIoT、電子決済といった既存のトレンド技術があったとしても、利用の仕方が国によって異なるゆえ、タイ独自の技術は必須だ。同時に、新たなサービスのカタチにも意欲を見せる。

「ここ数年、求められるサービスの質が変わってきたことを実感しています。これまでなら人的作業を自動化するというシンプルな要望だったところが、作業効率・生産効率の向上、複合システムの構築など、より中身の濃いソリューションが求められています。新しいシステムを開発することはもちろんですが、今あるものをいかに組み合わせて活用していくか。いかに相乗効果を生み出していくか。我々の提案力の見せどころですね」と久保MD。続けて、依頼を受けて始まる受動型のサービスではなく、ゼロから顧客と共に新たなサービスを構築する“価値共創”を目指すと宣言。

目まぐるしく移り変わる時代においても、システム構築の基盤にあるのは“ヒト対ヒト”。ITだけではカバーできない細やかな要望に応えるべく、同社は顧客と二人三脚で挑戦を続ける。

 

基本情報

所在地

PAGE TOP
Top