精密プレス部品関連金型及び治工具製作、プレス部品生産、カシメ・タップ加工、樹脂成形、レーザー加工

精密プレス部品関連金型及び治工具製作、プレス部品生産、カシメ・タップ加工、樹脂成形、レーザー加工

メニュー

ホーム

短納期で 金型設計からプレス品量産まで!
満足いただける品質をご提供します。

タイ ミカミでは、精密プレス部品金型製作からプレス部品生産、二次加工までの一貫生産が可能。

顧客のニーズに応えるため、難度の高い製品作りに挑戦、多品種少量生産に対しても臨機応変に対応する。

同社の特徴

コスト削減、生産効率の向上を目的としたイノベーションチームを結成、社内の継続的改善を図っている。そして生産ラインにおける無駄を省き、納期順守率100%、ジャストインタイムでのデリバリーを実現。

日本国内と同等以上の​高度な金型設計、製造技術

熟練の設計者による金型設計、熟練の技術者による金型組立・トライにより、高精度な金型を製作。

プレス加工コストの削減

11連続110トン、6連続80トン、60トンのロボットラインによる生産性、その他様々なVA・VE提案で、コスト削減を実現。

品質管理

自動三次元測定機による迅速な寸法測定をはじめ、全数外観確認等など万全の品質管理で高精度、0 Defectを実現。

企業動画紹介

金型設計・製作

熟練スタッフによる設計、製作組立により、高精度な金型を作製。受注から試作まで1~2.5ヶ月程度の短納期を実現可能。

プレス加工

精密プレスから300トンクラスまで高品質のプレス製品を作製。順送プレス機及びロボットラインにより高生産性を実現可能。プレス加工では、非接触自動三次元測定機による寸法測定を行い、万全の精度を実現する。

二次加工

カシメ(リベット)加工、タップ加工、焼入れ等の二次加工を請け負う。また220トンを初め、射出成形機合計4台による樹脂成形も行っており、プレス製品へのアッセンブリも可能。

金型設計~プレス品量産まで一貫して実施

1996年2月に設立されて以来、精密プレス部品の設計から出荷までを行ってきた。そして2007年1月からは従来の2倍の規模の工場に移転し、新規に樹脂成形部門も設立している。

顧客の要望に迅速かつ的確に対応し、信頼される製品作りを努めている同社。他社が追随できない高い作りこみ技術の獲得へ日々進歩成長を続けて行く。


基本情報

所在地

一番上へ戻る