“炭酸シャンプー”で、頭皮を ベタつかせない・ニオわせない

“炭酸シャンプー”で、頭皮を  ベタつかせない・ニオわせない

 年中暑く、湿気も高いタイでは、髪のベタつきは避けられません。さらに、そのままにしておくと皮脂が酸化し、時間の経過によって“天ぷら油のような独特なニオイ”を放つように…。自分でも気づかない間に、ニオイのせいで人を不快な気持ちにさせていたらと思うと、怖いですよね。加齢によってニオイを発する場合もあるので、対処法を知っておいて損はありません。
 そこで、まず確かめて頂きたいのが“頭皮の色”。分け目以外の場所が、黄色や黄土色に見えた方はご注意を。これらの原因は皮脂です。通常、皮脂が分泌したばかりの時は無色透明ですが、酸化すると黄ばんだ皮脂(過酸化脂質)に変化します。また、過酸化脂質は通常のシャンプーでは落としにくく、毛穴の詰まりや髪の不調にも繋がります。
 バンコクには多くの日系美容室があるので、気になる人は美容師さんに相談してみてください。ご自宅でもケアをしたい人は、シャンプー剤を変えるのも一つでしょう。

ゼネラルマネージャー 遠藤 隆 - MILBON(Thailand)

MILBON(Thailand)

2018年タイ赴任。美容業界歴20年。

ゼネラルマネージャー遠藤 隆



この記事をSNSでシェア!

PR
  • 熱コンサルティングの雄が 高効率ボイラの自社リース開始

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top