Q

髪の洗い方で、パーマとカラーが 長く維持できるって本当?

「毛先」 < 「根元」の洗い方がポイント

ブリーチによるカラーリングや強いパーマ、毎日のヘアアイロンなど、髪は日々ダメージを蓄積しています。

そして実は髪の洗い方も、ダメージの要因になり得る一つ。

ダメージを受けている毛先は、キューティクルが剥がれています。

そこで激しく洗うと、キューティクルがさらに剥がれ、ダメージがより深刻化することに…。

それを軽減するために、毛先より「根元」を重点的に洗うことがポイントです。

洗い方は、①シャンプーを手の平で少し泡立ててから髪の根元につけ、20秒ほど泡立てる(泡立たなければすぐに洗い流し、もう一度繰り返す) ②頭皮を指の腹でマッサージするように、また汚れがしっかり落ちるように洗う。

「毛先は洗わないの?」と思った人、正解です。

重要なのは根元(頭皮)を洗うことであり、毛先はサッと洗い流す程度で問題ありません。

これを機に、日々のシャンプー習慣を見直しましょう!



この記事をSNSでシェア!

PR
  • 高精密の日系製品を扱い タイの製造業を全力でサポート
    高精密の日系製品を扱い タイの製造業を全力でサポート

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top