Q

ブリーチしたらストレートパーマにできないって本当?

髪の毛に“体力”が残っていれば可能

皆さんこんにちは。

S美容室シャンプーソムリエの森です。

今回はストレートパーマ(縮毛矯正)のお話です。

ストレートパーマとは、髪の毛の中のS-S結合という名のタンパク質を綺麗にストレートにすることを言います。

S-S結合には硬いS-1、柔らかいS-2というタンパク質があるのですが、ブリーチした毛は基本的にS-2結合のみが残ることになります。

S-1はほとんど残りません。

この状態でS-2結合にだけ反応し、さらにダメージの低い薬剤を選定することができれば、ブリーチしてもまだ髪の毛がある程度強めな人ならストレートパーマがかかります。

つまりストレートパーマがかけられるわけですね。

じつはプロでもこの法則を知っている人と知らない人がいます。

知っている人なら、正しい薬剤を選んで低ダメージでストレートパーマを行うことができます。

綺麗で低ダメージなストレートパーマは本当に嬉しいもの。

無料相談をいつでもお待ちしております。



この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top