「知的財産はビジネスの武器防具!」 – 知財・模倣対策の プロ講座!第5回

加藤 範久 - 日本貿易振興機構(JETRO)バンコク事務所 知的財産部長

日本貿易振興機構(JETRO)

バンコク事務所 知的財産部長
加藤 範久
Kato Norihisa

2003年特許庁入庁。特許審査官として、土木、アミューズメント分野の特許出願の審査に従事。2017年10月より現職。

 

事例紹介

商標権(拳)で模倣品から本物を守る!

2020年1月21日、日本国特許庁が衝撃の動画を公開しました。その名も「商標拳~ビジネスを守る奥義~」。模倣品の被害に遭い窮地に陥る一企業の社長が、「商標拳(権)」を会得しニセモノを製造する悪徳模倣品業者に立ち向かうストーリーの動画です。ここタイでも、既に商標拳(権)を取得し、模倣品対策に取り組んでいる日本のブランドがあります。
イッセイミヤケの「BAOBAO」を街で見かけない日はないと思います。それほどタイでは大人気のバッグです。ここで現れるのが模倣品をあたかも「本物」のように偽装し、「今だけの特価」とうたい販売する業者です。そこで、イッセイミヤケ「BAOBAO」では「商標権(拳)」を取得し、自社ビジネスを守る力を備えました。

この記事をSNSでシェア!

PR
  • 次世代型の電子黒板「IWB」。タッチセンサー搭載。画面に直接書き込み、情報をデジタル化。異拠点間でのデータ共有・保存も可能。
    次世代型の電子黒板「IWB」。タッチセンサー搭載。画面に直接書き込み、情報をデジタル化。異拠点間でのデータ共有・保存も可能。

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top