百五銀行

「FRONTIER BANKING」

《プロフィール》
バンコク駐在員事務所長 山中 聰
やまなか さとし
■1969年生まれ。三重県出身。慶應義塾大学卒業。1993年入社〜現在に至る。
■座右の銘:人間の最大の罪は不機嫌である(ゲーテ)
■愛読書:深田祐介全般
■尊敬する人物:両親、福澤諭吉
■趣味:鉄道
■バンコクの行きつけの店:てっぺん、サクラサク、横井うどん、なぎ屋、まっちゃん
■休日の過ごし方:ゴルフ、テニス、近隣諸国探訪


 

事務所開設から7年目ですね。
タイと当行との本格的なつながりは、カシコン銀行と提携した2006年に遡ります。その後、取引先のタイ進出相談や進出増に伴いカシコン銀行への行員派遣を開始。私は、2代目として11年12月に赴任しました。当時は年間延べ200件以上の面談があり、カシコン銀行への派遣者だけでは対応が難しくなり、12年に駐在員事務所を開設しました。ちなみに、私は一度13年に日本へ戻り、15年に所長として再赴任しました。

顧客はどのくらいいるのですか
当行の地盤は三重県と愛知県にまたがります。この地域が、トヨタ、ホンダの生産拠点と重なっていることから、自動車関連の進出企業が多いですね。総顧客数は200社ほどですが、そのうち中部地方のお客様は約120社です。駐在員事務所としての役割は、情報収集と既出顧客、進出希望顧客のサポートになります。バンコク事務所はCLM(カンボジア、ラオス、ミャンマー)も管轄していますので、定期的に訪問し、情報収集や関係機関と関係を構築してます。

タイの景気は回復基調にあります
特に10年以降の進出企業は、立上げ直後にファーストカー減税の終了、干ばつによる農家の収入減少、政治的混乱などによる経済成長鈍化の影響を受けました。しかし、ここ最近は、輸出や国内消費の回復もあり、多くの企業の現場は忙しいのではないでしょうか。外的要因に左右されやすい環境ですが、底は脱したと思います。

進出企業の皆さんが、自らローカルネットワークを構築され、こちらがそのつながりをご紹介いただくことも多く、感謝しています。

最近は、一時期停滞していたタイでの新たなビジネス展開の相談も増えてきたと実感します。サービス業、商社といった非製造業の進出、特産品の販路拡大が多いですね。三重県でいうと、鈴木英敬知事が県内技術や産品を、積極的にタイへ売り込むトップセールスが奏功しています。今では、ソムキット副首相が三重県を訪問するほどの蜜月ぶりですし、行政トップの後押しは、県内企業にとっても極めて心強いと思います。今月も知事の来タイが予定されていますので、当行もこれまでに培ったルートの紹介などで、協力を行います。

タイの回復は喜ばしいのですが、同時に日本・タイとも人口が減少する中で、将来的に業容が拡大する現地法人の管理者不足や、労務費用増加をどうするかといった点が気になっています。タイを拠点にCLMなど隣国への面展開の進出を検討する企業も出てきているので、これらの国の関係機関との関係構築を意識しています。

多趣味とのことですが
妻が旅行好きなので、時間を見つけては一緒に近隣諸国を旅しています。ちょうどCLMが担当なので、半分定点観測です。ゴルフは人並みで、カラダを動かしたい時は、中学から大学まで続けたテニスですね。数ある中で、一番の趣味は、なんといっても“鉄道”です。つまりは“鉄ちゃん”です。バンコクには多くの鉄道マニアがおりまして、JCC主催のネットワーキングランチがきっかけとなり、定期的に集まるようになりました。メンバーには、有名大学の名門鉄道研究会OB、鉄道会社の現場経験者、鉄道部品製造担当、プロ級鉄道カメラマンもいるんですよ。私も筋金入りの鉄道オタクと自認していましたが、上には上がいるものです。年末、タイ国鉄を走る元JRの客車を貸し切ろうなんて企画もあります。

もちろん、遊んでばかりではありません。当行のコーポレートステートメントは「FRONTIER BANKING」です。これには「お客さまと夢を分かち合うために、創造力あふれる銀行になる」との意味が込められています。私一人の力でお客様の夢を叶えるのは不可能です。さまざまな人と出会い、夢を分かち合えるようなネットワークを、公私両面で作るよう努めています。

事務所が入居するPark Ventures Ecoplexにて、スタッフ・ジャラットラット(通称プロイ)と


 

関連記事

  1. TOSTEM THAI

  2. 北陸銀行

  3. 阪急阪神 不動産

  4. HOSHIZAKI (THAILAND)

  5. 商工中金

  6. KANEFUKU (THAILAND) CO.,LTD.

  7. TRI PETCH ISUZU SALES

  8. THAI SECOM SECURITY

  9. NEPON(THAILAND)

おすすめ記事

  1. バンコクのお土産特集 タイのお土産特集
  2. バンコクのカフェ特集 バンコクのカフェ特集
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  4. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  5. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

WiSE 週間ランキング

  1. タイで人気のリクルートウェブサイト「JobThai」は、上半期の累計登録者が同期前年比で11%上昇。現在サイト利用者は1000万人以上で、登録者は前年同期より25%増え、90万人となった。  同社によると、2019年上半期で最も求職したのは25〜34歳で全体の58.7%を占めた。業種別ランキングでは「飲食業」がトップ。入国ビザの緩和により、観光スポットなどの飲食店が増えたことが要因とみられる。2位には政府政策の東部経済回廊により「自動車産業」がランクイン。3位以降は「サービス業」、「建築業」、「小売業」と続く。  同社セーンドゥアンCOOは、「求人数は政府の経済政策に大きく関係している。現在の労働者は将来のタイ経済発展の重要な力だ」と話している。  一方、アメリカ系リクルート会社「マンパワーグループ」が行った人材技術の開発研究によると、ITの発展によりデジタル・ロボット化が進んでいるとした。今後はこれらをコントロールできる技術者の存在が欠かせなく近い将来、IT技術者の需要が確実に伸びると予想される。また、今ある企業がITエンジニアを5倍に増やすことで、製造業などの分野で機械化が進み、労働者数は大幅に減ると予測している。  時代によって求められる能力は変化する。これに対応できる人材になることが、生きていく上で重要になっていくだろう。
  2. 濃厚な甘みが特徴の「丸和ポーク」を使用しています。厚切り肉を丁寧に処理し、最新のフライヤー「ドクターフライ」で揚げるためサクサクでジューシーな仕上がりです。油分の吸収を抑えているので、カロリーを気にしている方もお召し上がりいただけます。ぜひ「丸和ポーク」をお試しください。
  3. 軽く炙ったササミ肉を、酢飯にのせた人気の親子丼。甘口醤油ダレと卵黄の組み合わせは最高。鶏の旨みが凝縮したスープで口を潤したら、一気にかき込んでしまいます。
  4. 有名タイ料理店のオーナーが経営するヌードル専門店「スリー・ホイールス・トム・ヤム・ヌードル」。店先に飾られた昔ながらの三輪自転車が目印です。店内はモダンで落ち着いた雰囲気。ゆったりとローカルフードを楽しみたい方にぴったりです。看板メニューは、スパイシーなトムヤムスープに麺や卵、豚肉などが入った「クイティアオ・トムヤム・カイヤーンマトゥム」。魚やタイ風豚肉ソーセージの「ムーヨー」などの具材を追加でトッピングできます。
  5. タイの英字新聞「バンコク・ポスト」は5日、新政府の閣僚7人を集め、「ROADMAP TO SUCCESS : UP CLOSE WITH THAILAND’S NEW MINISTERS」と題したフォーラムを開催した。テーマが示す通り、タイ経済の成長に向けた方針を各大臣が発表。主要産業である輸出のテコ入れから低所得者向けの政策まで、幅広い分野で議論が今後進みそうだ。  先陣を切ったのは、ウッタマ財務大臣。「タイ経済は輸出に大きく依存している」と重要性を強調した上で、米中貿易戦争がタイの輸出低迷に繋がっていると指摘した。  そこで、ジュリン商務大臣はASEAN10カ国に日、中、韓、豪、インド、ニュージーランドを含めたASEANプラス6との自由貿易協定(FTA)の締結を進める。世界のGDPの3割を占めるこの16カ国との貿易を促進し、輸出額を回復させたい考えだ。5年間の軍政時代にFTAが解除された欧州についても、民政移管後を機に協定が復活するとの期待を示した。  スリヤ工業大臣は米中貿易戦争のメリットに注目する。同氏は経済が冷え込む中国の代わりに、投資マネーをタイにシフトさせるべきと主張。特に自動車業界と東部経済回廊(EEC)への投資支援策には力を注ぐという。  ソンティラットエネルギー大臣はタイを「東南アジアの電力センター」とする構想を披露。タイで大量に生産されているパーム油の活用などにより、電力コストを下げたいと話した。  他にも「医療用大麻の合法化」(アヌティン保険大臣)、「医療観光の促進、地方都市へのインバウンド需要喚起、eスポーツの国際大会開催支援、ビニール袋の削減」(ピパット観光・スポーツ大臣)、「『GRAB』の合法化や交通系ICカードの一元化、PM2.5対策、運賃値下げ」(サックサヤーム運輸大臣)、「主要農作物における最低・最高価格の設定」(ジュリン商務大臣)などの政策が挙がった。  いよいよ本格的に動き出した新政府。国民から真に支持を得て、長期政権となれるか。プラユット内閣の真価が問われる。
  6. 7月28日、AKB48のメンバー6人が バンコク都内でファンミーティング※を行った。 近年バンコクを訪れる機会が急増し、 現地ファンの心を今まで以上に惹きつける 彼女たち。そのイベント現場を直撃した。
  7. 「ハングリー・ゴースト・フェスティ バル」は、中華街の8月の風物詩。古来より中華系の人々の間では、旧暦の7月に地獄に通じる門が開き死者の魂が地上に還ると信じられてきたのだとか。このため、弔ってくれる子孫や縁者がいない「ハングリー・ゴースト」たちの魂を慰める風習が生まれました。 「ハングリー・ゴースト」は、悪戯をすると考えられ、食べ物を供えたり、死後の世界で使えるようにと紙幣を燃やすなどして供養します。また、この時期には結婚や引っ越し、不用な外出を控えるといった独特な習わしもあるそうです。

今月人気の記事

PAGE TOP