KONAKA (THAILAND)「タイは、海外で最も有望な市場」湖中 謙介

「タイは、海外で最も有望な市場」

《プロフィール》
代表取締役
湖中 謙介
こなか けんすけ
■大阪府大阪市出身。1982年コナカ入社。99年常務取締役、2003年専務取締役、05年代表取締役社長
■趣味:航空観戦、カメラ
■バンコクで良く行くお店:肉山バンコク(レインヒル)
■愛車:クラウン


タイ進出8年となりました

当初の計画から、「SUIT SELECT(スーツセレクト)」を進出から3年で10店舗展開を目指していました。

目標を達成した後に、市場の適正化を図ったことで、現在は8店舗での展開です。

現在は、バンコク中心部にある巨大ショッピングモール・セントラルワールド店を基幹として、8年で得たノウハウを活用しながら、改めて、出店計画を立てています。

実は、タイ進出と同時に中国やシンガポールへも進出を図ったのですが、今ではタイだけに絞っています。

スーツを着用する文化は、いかがでしょう

計画では、金融を中心に経済発展を遂げ、1人当たりの所得が高いシンガポールは、市場としても価値が高いと踏んでいました。

ところが、いざ出店してみると、スーツ文化が思ったほど浸透していなかったのです。

ワイシャツで例えるとわかりやすいのですが、シンガポールでは半袖のワイシャツが多く売れました。

つまり、暑さゆえにジャケットを羽織らないビジネスパーソンが多かったのです。

逆にタイでは、半袖ワイシャツは全く売れず、デッドストックに悩んだほどで、多くのビジネスパーソンがスーツをしっかりと着こなしていました。

これは、全くの誤算でした。

洋服に対する意識が全く異なっていました。

タイでは、スーツに対して生地や形といったディテールに強いこだわりを持っている人が多く、しかも、TPOに合わせてスーツを着こなしています。

タイでは、日常的にパーティースタイルを楽しむ人が多いですね

おっしゃる通りです。

タイでは、事あるごとにセレモニーやパーティーを開く文化があり、出席する多くの人がタキシードやドレスを気軽に着こなしているんです。

つまり、中流階級以上の多くの方々が、TPOに合わせて、ブラックスーツやタキシードを着用するマナーを心得ているわけです。

着慣れているからこそ、ビジネスシーンでも素材やデザインなど、「よりスーツらしさ」にこだわる人が多いんです。

その証拠に、日本でタキシードといえば1カ月に1着売れる程度ですが、タイでは1日1着に近い頻度で売れるんです。

中には、タキシードのバリエーションを楽しむ方もいるほどです。

まさに嬉しい誤算でした。

そこで、今後のタイ市場については、第2フェーズと位置づけ、ニーズを裏切らない商品構成や出店攻勢を検討しています。

進出時から現在に至っては、セントラルグループの店内出店がほとんどでしたが、将来的には、路面店といった単独店も視野に展開していこうと思っています。

タイというスーツやタキシードのリテラシーの高い好市場を中心に、同じく発展を続ける隣国への展開も今後の視野に入れています。

ミャンマーには工場があると

タイとミャンマーを合わせた人口は、1億3000万人にもなります。

すでにミャンマーの工場には、最新の縫製機械を導入し、オートメーション化を図っています。

仕立ての機械化により、日本ではオーダーメイドのスーツが伸びています。

少し前に全体の5%だった需要は25%まで拡大。

これは、オーダーメイドのスーツが買い求めやすい価格で提供できるようになったからですね。
タイに置き換えると、タイで(オーダーメイド)注文をとりミャンマー工場で仕立てる流れも今後はできると考えています。

スーツ文化が浸透しているからこそ、もっと、お手頃な価格でオーダーメイドスーツの提供を目指します。

タイには日本人も多く住んでいます

最近では若い駐在員の方も増えているそうです。

スーツセレクトのターゲット層は20〜40代です。
今後は、日本で流行のエフォートレス(快適)な商品開発にも力を入れると共に、パーティー需要の高いタイ人のセンスを取り入れたスーツも増えていくかと思います。

せっかくの海外駐在です。

時には、タイならではのセレモニーやパーティースタイルに着飾って、出席しても良いのではないでしょうか。

日本全国の店舗を周る中で、月に1度はタイを訪れる

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 独+日=中が生んだ 唯一無二の「射出成形機」がスゴイ!
    独+日=中が生んだ 唯一無二の「射出成形機」がスゴイ!

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top