2022年みんなが知りたいタイの飲食料品「たまご編」

たまごといえば、普段の食卓で欠かすことができない食材の一つ。
タイのスーパーには様々な種類のたまごが並んでいるので、どれを購入したらいいのかで迷う人も多いはず。そこで、主に生産会社(ブランド)別にタイのたまごを調べてみました。安心して“たまごかけご飯”に使えるたまごもあるので、好みのものを探してみましょう。

白い殻と茶色の殻の違いって?

日本のたまごは白い殻が多く、タイでは大半が茶色っぽい肌色です。
母鶏の種類によって違いがあり、日本でよく見かける白い殻のたまごはレグホーン種となります。タイはロードアイランドレッド種などのため茶色っぽい肌色ですが、殻の厚さや中身はほとんど変わりません。ただし、たまごの品質は鶏の飼育環境や衛生管理ほもちろん、保存状態などが大きく影響してきます。

ピンクの殻は何のたまご?

タイのスーパーでよく見かける「殻がピンクのたまご」は、生たまごでは無くピータンです。タイではよく中華料理に使用されていて、お粥などと一緒に食べることもあります。独特なアンモニアの匂いと癖のある酸味が特徴的です。

 

タイのスーパーで買えるたまご一覧

CP

タイ食料品・小売業最大手の「CP」グループのたまごです。
無投薬飼育鶏からのたまごや、オメガ3脂肪酸が多めのたまごなど様々な種類が販売されています。

「CP EGG」公式サイト

https://cpegg.cpbrandsite.com/

「CP」オンライン通販サイト

https://cpfreshmartshop.com/en/egg-product/fresh-egg

BETAGRO

1967年に設立された農業と食品の統合産業からなる大手です。バイオセキュリティシステムで鶏を飼育しており、抗生物質を使わずに化学残留物が無い環境で安全なたまごを作っています。殻も丁寧に洗浄されており、GMPの基準を満たした高品質のたまごです。

「BETAGRO」公式サイト

http://www.betagro.com/food/en

一番上へ戻る