2022年みんなが知りたいタイの飲食料品「牛乳編」

牛乳は、家族みんなが飲む“健康の必需品”。
とはいえ、タイに来て何を飲んだらいいのか迷った人も多いはずです。

タイでは、牛乳の製法が日本と少し違っていて、メインとなるのは「パスチャライズ牛乳」という、低温殺菌法を用いたもの。日本で主流となっている超高温瞬間殺菌法と比べると、牛乳が持つ本来の美味しさを持ち味とした製法だとされています。

スーパーの陳列棚に“百花繚乱” のごとく並ぶ数々の牛乳。そこからお気に入りの一品を探すために、ぜひ参考にしてみてください。

 

低温殺菌牛乳とUHT牛乳の違いって?

低温殺菌牛乳(パスチャライズ牛乳)は、UHT(超高温殺菌)牛乳よりタンパク質、ビタミン類、カルシウム、不均一な脂肪分などの栄養が豊富に含まれています。味はUHT牛乳に比べてコクがあり、生乳に近い風味が特徴。そのかわり冷蔵保存が必須で、消費期限も短くなっています。

meiji

日本人にお馴染みの明治牛乳。タイでは食品小売業最大手「CPグループ」と協力し、1989年に「CP-Meiji」として牛乳ブランドを設立しました。

日本で培った生産技術の低温殺菌牛乳は、タイで最大の市場シェアです。また、乳酸菌飲料とヨーグルトなども生産・販売しています。

Dutch Mill(ダッチ・ミル)

1984年にタイのナコーンパトム県で設立された牛乳生産会社の大手です。タイだけでなく、東南アジアの各国にも世界基準の牛乳を提供しています。もともと乳酸菌飲料をメインに扱っていましたが、現在は低温殺菌牛乳とUHT牛乳(超高温殺菌牛乳)も生産・販売しており、別ブランドの豆乳「Dna(ディナ)」はタイ人に人気です。

一番上へ戻る