2022年みんなが知りたいタイの飲食料品「野菜編」

スーパーの食品売り場で、ひときわ鮮やかな色彩を放っているのが野菜のコーナー。南国であるタイの常夏気候で元気よく育った野菜がたくさん並べられています。そこで気になるのが、「生産会社」や「販売会社」、そして「オーガニック野菜」はどのように認証されているかなどについて。それらの中から安心して購入でき、美味しく食べられる野菜を見つけ、毎日の食生活をもっと豊かで健康的にしてみてはいかがでしょうか。
日本人が多く住むプロンポン界隈にあるスーパーで野菜のことを調べてみました。

 

スーパーでよく見かける野菜ブランド

お天道(OTENTO)

株式会社和郷の関連会社として、2007年に設立された「OTENTOタイランド」 。日本の農業技術を駆使してタイでバナナやトマトなどを栽培し、バンコク都を中心にスーパーはもちろん、レストランやホテルにも野菜を届けています。日本からの輸入品も取り扱っており、野菜セットのデリバリーをしてくれるのはうれしいポイント。

「OTENTO」WEBサイト

http://otentoth.com/shopping/

A-BEST

1981年に設立され、1983年から野菜と果物を取り扱う「A-BEST社」 。全ての食品は適正農業規範(GAP)を取得しているメーカーから購入したもので、適正製造規範(GMP)の基準で製造されています。商品のラベルには追跡コードがあり、ホームページで入力すれば「いつ・どこで、生産・販売」されたかが確認できるので、トレーサビリティも万全です。

「A-BEST」WEBサイト

https://www.abestfood.com/

Chiang Daw Organic Farm

北部チェンマイ県チェンダオ市の菜園で栽培された野菜です。オーガニック野菜が特徴で、アメリカ農務省所属の国家オーガニックプログラム認証マーク「USDA Organic」を取得しています。

EK THAI

タイ国内外の様々な野菜と果物を取り扱う販売会社です。デリバリーサービスもあり、割引キャンペーンも定期的に実施しています。

GMF (Gourmet Market Fresh)

グルメマーケットが厳選して品を販売しているブランドです。様々な認証マークがある野菜を取り扱っています。

J VEGETABLE

チェンマイ県の農園で育てられたオーガニック野菜は、「J Vegetable」というブランドでS. K. S. J Food社が販売しています。「Organic Thailand」から認証されているものもあるので、商品に貼ってあるQRコードをスキャンして確認してみましょう。

KING organic

2014年に設立された「King Fresh Farm」。国際的に認められるオーガニック品を目指しており、タイ以外にも2016年にアメリカの農務省(USDA)と、EUの有機農業規則(EU−Organic)の認証マークを取得しています。2018年にはオーストラリアの検疫と点検サービス(AQIS)の検査を通して、タイで初めてオーストリアへマンゴーを輸出した会社です。野菜と果物のほかにも、精肉や卵、加工食品なども販売しています。

KKL

北部チェンライ県、チェンマイ県、ナーン県の農園で育てられた無農薬野菜です。キャベツや長ネギ、トマトなどの様々な野菜を提供しています。

My Choice

セントラル・パタナ・グループ傘下の農産物生産・食品製造会社です。スーパーマーケット「Tops」も同グループのため、Topsに並んでいる野菜の約半分はこのブランド。タイの国家農産品・食品規格事務局(ACFS)から公認された「Q」のマークがほとんど付いていて、オーガニックの野菜やキノコも扱っています。

N&P

野菜だけではなく、果物や卵、キノコなども取り扱っている「Natural and Premium Foods社」 が、オーガニック食品をメインに生産して販売するブランドです。ほとんどタイ国家農産品・食品規格事務局から「Organic Thailand」のマークで認証されていますが、一部アメリカ農務省の「USDA Organic」マークも取得しています。

Pak Doctor 1993

1993年に設立された、タイで最初のオーガニック生産を試みた適正農業規範(GAP)と適正製造規範(GMP)を保持する農産物生産・販売会社です。本社はパトゥムターニー県にあり、全国の菜園で育てられた野菜やキノコ、果物を扱っています。

PURE ORGANIC

「Green Living Integration社」 が販売する野菜は、USDAから認証されている100%のオーガニック野菜です。有機肥料の製造業者から手に入れた最高品質の有機肥料を使用して、野菜が育成されています。

Royal Project Foundation(ロイヤルプロジェクト財団)

その名の通りの王室プロジェクトです。当初、失業対策として設立されましたが、現在は野菜や果物からハーブの栽培だけでなく、家畜の育成や食品加工など幅広いプロジェクトを展開しています。スーパーに並んでいる品は適正農業規範(GAP)と適正製造規範(GMP)に準じていて、ほとんどがオーガニック食品です。

Super Fresh

国際的に認められているHACCPと、農業・食品 適正製造規範(GMP)の認証が付いています。水耕栽培サラダやミックスサラダ、すぐに食べられるサラダパックの野菜のほかにも、ハーブやサラダドレッシングなどの100種類以上取り扱いがあり、 タイ国外でも販売されているブランドです。

 


パッケージに付いたマーク一覧

Q GAP

タイ農業・協同組合省(MOAC)の国家農産品・食品規格事務局(ACFS)によって、食品が適正農業規範(GAP)の仕組み・水準に達成した場合に与えられるのが「Q」マークです。商品の種類と生産過程によって、同局認定の Q GMP(適正製造規範)、Q HACCP(危害分析重要管理点)もあります。「オーガニック食品」の証ではないため、こだわる人にとっては要注意です。

Organic Thailand

タイ農業・協同組合省(MOAC)の農業研究局(DOA)が調査の後、国家農産品・食品規格事務局(ACFS)によって発行されるマークです。この「Organic Thailand」のマークは食品が有機農業(オーガニック)生産法の基準を充した保証となっています。

USDA Organic

アメリカ合衆国の農務省(USDA:United States Department of Agriculture)所属の国家オーガニックプログラム(NOP:National Organic Program)の制度による、オーガニック食品の認証マークです。

EU−Organic

EU(欧州連合)の有機農業規則に従って生産された農産物であることを証明するマークです。


この記事をSNSでシェア!



一番上へ戻る