タイでペットと一緒に暮らす

日本からタイに赴任・移住するにあたり、大切な家族の一員であるペット(犬・猫)を同伴したいと思う方もいるでしょう。

ただし、ペットと一緒に渡航するためには検疫や出入国に関する煩雑な手続きをクリアしなければなりません。
また、来タイ後の生活面においても、日本とは異なる諸事情を踏まえた上で、安心・安全に暮らせる飼育環境を整える必要がありますが、時には困難に直面し不安やストレスを感じてしまうこともあるかもしれません。それはきっと犬や猫にとっても同じことが言えるでしょう。


こうしたリスクを十分に考慮した上で、“それでも、愛犬・愛猫とタイで暮らしたい!”という確かな覚悟が芽生えたらーーー。必要な手続きや情報をしっかりとリサーチして、新生活のための準備を始めましょう。愛するペットと共に過ごす時間は、タイでの暮らしをより豊かにアップデートしてくれるはずです。


※下記は2021年8月時点の情報です。当ウェブサイトでは「ペット=犬・猫」としてご紹介します。また現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響により流動的な対応が行われているため、最新情報に関しては動物検疫所などへ直接お問い合わせください。

タイにペットを連れて行く(日本を出国する)

日本からタイへ犬・猫を持ち込むためには、「日本を出国するための条件」と「タイに入国するための条件」の2つを満たさなければなりません。それぞれの細かな条件を把握し、検疫や証明書の取得といった手続きを完遂するには相応の時間を要します。

また、申請にはタイの動物検疫所とのやりとり(タイ語・英語)が必要になりますが、日本のようにはスムーズに事が運ばないことも想定されます。引越しから逆算して半年前ほどから計画的に準備を始めていきましょう。


おおまかな手続きの流れと目安時期(一例)


①出国6カ月前

  • 出国予定の空港が管轄する動物検疫所に電話またはEメールで連絡し、手続きに必要な書類(輸出検査申請書、予防接種証明書など)を確認しておく
  • あらかじめ犬・猫にマイクロチップを装着する(英訳したマイクロチップ装着証明書を取得)。装着前に接種した予防注射は無効となるため要注意

一番上へ戻る