BUMRUNGRAD INTERNATIONAL HOSPITAL

“世界の優良病院 TOP200”に
タイで唯一ランクイン!
充実の日本語環境と医療サービスで
健やかな毎日を応援

病院紹介

アジア初のJIC国際病院認定(Joint Commission International=国際医療機能評価機関)を受けるなど、タイ最高峰の総合医療機関として知られる「バムルンラード・インターナショナル病院(以下バムルンラード病院)」。
 
1980年に病床数200床の一般病院として開業以来、専門性の高い革新的な医療サービスでその名を広く知らしめ、89年にはタイ証券取引所(SET)へ上場。現在では50の外来診療科と580床を超す入院施設、4800名以上にもおよぶ医師や看護婦、病院スタッフを擁する東南アジア屈指の“医療ハブ”へと発展し、年間受診者数は110万人を上回ります。

 

“世界水準の病院”を裏打ちする国際認証と受賞歴

冒頭のJIC国際病院認定をはじめ、バムルンラード病院の卓越した医療サービスとブランド力を裏付けるのが、国際認証や輝かしい数々の受賞歴です。
 
なかでも特筆すべきは、アメリカ国外の医療機関で初となるGHA(Global Healthcare Accreditation)の取得。同院ではタイ政府が国を挙げて推進する「メディカル・ツーリズム(医療観光)」分野を牽引し、その旗振り役としての貢献が認められたことから17年に優秀認定を受けており、その医療品質が国際基準を満たす優れたものであることを証明しています。
またNewsweek誌による「世界の優良病院ランキング 」において、2021年に引き続き2022年もタイから唯一200位以内に選出されるという快挙を達成。40年以上に渡る実績と信頼を糧に、名実とも国内外から高い評価を獲得していると言えます。

 

日本人医師・日本語対応スタッフに見守られる安心感

タイ国内はもちろん、世界190カ国以上から患者を受け入れるバムルンラード病院では、外国人患者の受け入れにも注力しています。とりわけ、海外の医療機関を受診する際に問題となるのがいわゆる“言葉の壁”ですが、同院では英語、中国語、フランス語、アラビア語といった多言語に対応する専門スタッフが常勤。万全の体制で患者の国籍や文化、宗教事情に応じた手配・調整の提供を行っています。こうした外国人向けサービスのひとつが、タイに暮らす日本人のための手厚い医療サポートです。

 

日本人患者専用のサービスカウンター

新館クリニックビルの10階に、日本語通訳が常駐する「日本語サービスカウンター」を設けています(年中無休・毎日7:00〜18:00)。初診時の受付から患者登録、診察時の医療通訳に次回予約まで、院内で必要な手続きのすべてに日本語で細やかに対応し、海外で医療を受ける不安を取り除いてくれます。
※18:00以降の日本語通訳は電話対応となります(予約は前日の18:00まで)。

 

日本語保険相談窓口

医療費の会社請求や企業割引の手続き、グループ健康診断の申し込みなどに対応しています。
国民健康保険や社会保険などの海外医療費請求に関する相談や翻訳・書類の手配などを受け付けています(翻訳・書類手配有料)。日本語サービスカウンター併設のセンターか、メールでお問い合わせください。

保険相談センター(9:00〜17:00)
E-mail:NHIsupport@bumrungrad.com(日本語)

 

日系企業(法人)向けサポート

医療費の会社請求や企業割引の手続き、グループ健康診断の申し込みなどに対応しています。
電話:02−011−5109(土日祝を除く8:00〜18:00)
E-mail:kenta@bumrungrad.com(日本語)

 

日本人医師・日本語対応医師陣による診察

タイの医師免許を取得した内科の百武先生を筆頭に、日本語が堪能な専門医が各科に在籍。わたしたち在タイ日本人の“かかりつけ医”として診療にあたっています。日タイ双方の医療事情に精通した医師陣と直接コミュニケーションがとれる病院は、世界広しといえどもそう多くはありません。

 
 

あらゆる症状や病気に特化した専門クリニック

 

がん治療に特化した「ホライズンがん治療センター」

がん検査から放射線抗がん剤治療、化学療法といったあらゆるがん治療を行っており、JCI(国際的医療施設評価機関)から認定を受けています。海外のがん治療に不安を持つ人も多いと思いますが、日本と変わらない医療技術で高度な治療を受けることが可能です。

 

総合睡眠外来「スリープクリニック」

2022年7月に開設された「スリープクリニック」。同クリニックは、患者の睡眠と生活の質を向上させることを総合的にサポートしてくれ、患者の睡眠を妨げる根本的な原因を正確に診断して治療することが可能です。睡眠医学を専門とする熟練した医師や呼吸器科医、耳鼻科医、精神科医、歯科医(口腔外科)と、多岐の分野に渡る医師がチームを組んで治療にあたります。

 

アレルギーに特化した総合クリニック「アレルギー・センター」

アトピーやじんましんをはじめとする様々なアレルギーを総合的に診察してくれます。肉、卵、牛乳、ナッツ、動物、ダニ、花粉など200種類以上のアレルギーテストが可能(費用は2万バーツ前後)。乳児から大人まで受けることができます。

主なアレルギー検査

  • 皮膚検査(パッチテスト)
  • 血液検査

 

コロナ後遺症の治療を専門とする「COVID-19 RECOVERY CLINIC」

2021年9月にコロナ後遺症※の治療を専門とする「COVID-19 RECOVERY CLINIC」を開設。コロナ感染者のおよそ20%が経験するといわれている呼吸器、心臓、脳、腎臓、筋、神経系における後遺症を身体的および精神的に治療することによって“生活の質(Quality Of Life)”を向上させることを目的としています。

※WHOによると、コロナ後遺症とはコロナ感染後90日以上症状が持続すること。最も多い症状は、咳、胸の痛みや圧迫感、疲労感、睡眠障害(不眠や過眠)。


日本語対応可能な医師・診療科一覧

 

【一般内科・予防医学】百武加恵先生(ひゃくたけ・かえ)

PKO医師団として医療活動に従事した後、2010年に日本人女医第1号となるタイの医師免許を取得。11年より同院の内科医として勤務し、診療の他、日本人に向けた医療情報を発信しています。

診療時間 月・水・金 8:00〜15:00
8:00〜12:00
火・土(健康診断センター) 6:30〜15:00

 

【一般内科・内分泌・糖尿病専門】ジュン先生


診療時間 月〜水 9:00〜12:00、13:00〜16:30
9:00〜12:00、13:00〜20:00
9:00〜12:00、12:30〜16:00

 

【一般内科・脳神経内科】ケン先生


診療時間 16:30〜20:00
8:00〜16:00、17:00〜20:00
水・土 8:00〜16:00
16:30〜20:00
8:00〜20:00

 

【一般内科・アレルギー科】ヒロシ先生


診療時間 火・水 17:00〜20:00
16:00〜20:00
8:00〜15:00

 

【泌尿器科】アピチャート先生


診療時間 月・水・金 10:30〜14:00
13:00〜16:00
9:00〜12:00

 

【一般外科・ロボット支援下手術(ダ・ヴィンチ手術)・腫瘍外科】
アヌサック先生

日本語対応可能な新着任医師のご案内

東北大学医学部卒業で、虎ノ門病院でフェローシップの経験がある日本語対応が可能なアヌサック先生が新たに着任しました。アメリカンボード認定外科医や、メモリアルスローンケタリングがんセンター腫瘍外科フェローシップ、マヒドン大学医学部教授などの豊富な経歴を持っています。

診療時間 月・木 8:00〜12:00
13:00〜16:00
水・金 8:00〜16:00

 
 

専用アプリやLINEを使って診察予約や相談が可能

慣れない外国で電話予約をする場合、タイ語や英語が話せずうまく予約ができなかったり、スタッフに電話が繋がるまで時間がかかったり、不安になることも多いはず。
同院の専用アプリやLINEを利用すれば、診察の予約が可能です。

アプリでは診察予約(英語のみ)の他、予約した診察日の表示、医師の検索、バウチャーの購入、血液検査結果、ワクチン履歴の閲覧ができます。
同じく、同院の日本語公式LINEからは日本語での質問や相談、診察の予約が可能。自分の健康や症状に不安があるときに、日本語で相談ができるのは安心です。

※バムルンラード病院公式アプリの利用には診察券が必須

Bumrungrad International

対応言語:日本語、英語
iOSアプリAndroidアプリ

 

YouTubeで日本人向けのお役立ち医療情報を配信

公式YouTubeチャンネル「Bumrungrad International Hospital」上で、日本語字幕付きの動画を続々と配信しています。「どうして日本人に胃カメラ検査が必要なのか?」「前立腺がんに対する手術ロボット・ダ・ヴィンチ」といった特に日本人が多い疾患をテーマに取り上げながら、各分野の専門医が最新鋭の手術や検査設備、注意すべき生活習慣などを詳しく解説。「見て、聞く」ことによって健康づくりに対する意識が高まると、好評を博しています。

【バムルンラード病院】 どうして日本人に胃カメラ検査が必要なのか?
動画の再生時間:3分29秒

 

【バムルンラード病院】 どうして日本人に大腸カメラ検査が必要なのか?
動画の再生時間:2分51秒

 
 

5つ星ホテルを彷彿とさせる
“おもてなし”のファシリティ

メディカル・ツーリズムのトップランナーだけあって、院内ファシリティの充実度はバンコクの医療機関の中でも群を抜いており、“ファーストクラスの病院”と賞されるほど。一流ホテルにあるラウンジのような吹き抜けのエントランスに足を踏み入れると、思わず病院にいることを忘れてしまうほど瀟洒な空間が広がります。待合ロビーや病棟も高級感のある内装で統一され、入院部屋にはアメニティや無線LAN完備とまさに“至れり尽くせり”。
 
さらに、レストラン、フードコート、ブティックなどを併設する他、敷地内には外来患者や付き添いの家族が宿泊できるプール付きのサービスアパートもあり、そのホスピタリティの高さに驚かされることでしょう。

 
 


ママと赤ちゃんにやさしい
産前〜産後の一貫サポート体制

本館北棟2階の「ウーマンズセンター(産婦人科)」には、婦人科、産婦人科、母乳育児、不妊治療といった各分野の専門医師や医療スタッフが在籍し、妊娠から出産、そして母子の産後ケア、子どものワクチンや健康・成長管理まで充実したサポートを受けられるのが特徴のひとつ。
 
海外での出産には不安や恐怖を感じやすいものですが、世界を結ぶ医療コーディネーション部が3カ国語対応(日本語・英語・タイ語)の母子手帳発行など各種手続きをサポートしてくれるので心強く感じられるでしょう。
 
また、周産期センターや集中治療室(NICU)設備、小児科など垣根を超えたチーム医療を得意とし、ハイリスク出産にも対応するなど、ママと赤ちゃんの未来を守り続けています。

産科病棟が全面改修し、より安全で快適に

2022年6月、6階の産科病棟が全面改修して新しく生まれ変わりました。
病室はすべてスイートルームで、各部屋にはバスルーム、ダイニングエリアとキッチン、ソファやWi-Fiなどを完備。病室の家具はほとんどが作り付け、床には滑りにくい素材を使用し、手すりも事故のリスクを最小限に抑えられるよう設計されています。

デラックスルーム
VIPルーム

 

また病棟内は、スタッフが緊急時に迅速に対応できるように、分娩室、手術室、新生児集中治療室(NICU)が相互接続されています。さらに、静かな母乳育児室や沐浴室などのサポート施設もあり、母子が快適に過ごせる環境です。

 

バムルンラード病院の出産サポート

タイでは分娩方法を、自然分娩、無痛分娩、帝王切開術から選ぶことができます。母子の状態により自然分娩から緊急帝王切開術に切り替わる場合も産科専用の手術室がありますので設備面でも安心です。日本語通訳が24時間待機しており、夜間は三者間通訳として電話で出産に立ち会うことも。緊急時のために24時間麻酔科医を待機させ、万が一に備えていつでも対応できるよう体制を整えています。

また日本の場合、入院担当と外来担当で担当医が変わりますが、同病院は診察から出産まで同じ医師が担当してくれるのも安心材料のひとつです。
費用も日本と比較してもリーズナブル(バムルンラード病院の場合129,900B〜)で、入院から出産後のサポートも充実。授乳専門の医師や看護師による母乳相談(予約必須)は、母乳を出やすくするマッサージや音波治療などもあります。乳腺炎の場合は、母乳専門の医師の当日外来受診が可能です。

 

ママ・パパのための出産前勉強会(日本語)

月に1度、同院で出産を希望している妊娠後期の妊婦さんを対象に、病院見学を兼ねた「アンチネイタルクラス」を無料で開催中。妊娠初期から中期の方で、分娩の病院をお探しの方には、医療コーディネーターが個別で対応しています。同院の日本語カウンターまたは日本語公式LINEから問い合わせください。

Chapter 1 妊娠による体の変化・マイナートラブル
動画の再生時間:13分23秒

 
 

分娩方法に応じた出産パッケージ

自然分娩、無痛分娩、帝王切開といった選択肢があり、なるべく妊婦や家族の希望に寄り添うのがウーマンズセンターのモットー。タイでは無痛分娩や帝王切開による出産が一般的ではありますが、自然分娩を推進する医師や、24時間体制で麻酔科医が控えているので万が一の場合にも安心です。また、バンコクの主要私立病院と比べて、出産パッケージも最安値を実現しています(バムルンラード病院調べ)。より充実した医療環境のもと、新しい家族を迎える準備ができることでしょう。

 

「RAKxa」 – 多彩な医学の融合により、心身のバランスを整える

2020年バンコクの隣の自然地区、サムットプラカーン県のバーン・カチャオにオープンした「RAKxa」。現代医学におけるアンチエイジング技術をはじめ、タイや中国の伝統医学、インドのアーユルヴェーダなどの東洋医学を組み合わせ、心身の健康バランスを整えるプログラムを中心に提供。専門医が共同でストレスを軽減させたり、妊娠のための準備や産後の心身のバランスを取り戻すセラピーまで、日本人が直面しやすい問題に対して特定の医療アプローチを設計しました。

「RAKxa」--- 多彩な医学の融合により、心身のバランスを整える - BUMRUNGRAD INTERNATIONAL HOSPITAL
動画の再生時間:2分2秒

 

院内における新型コロナウイルス
感染防止対策を強化

バムルンラード病院では現在、患者・受診者と医療従事者双方の安全を確保し、このコロナ禍においても安心して来院できるよう、下記の感染防止対策を実施しています。
 

外来診療時

▶自宅で発熱の有無をセルフチェックし、マスクを着用した上での来院を呼び掛けています。また、発熱等の症状がある場合は、必ずスタッフへ申し出るようにしてください。
 
▶クリニックビル、ホスピタルビル、BIタワーなど各施設の入口に体温検知システムを設置し、検温を実施しています。万が一、発熱等の諸症状がある場合は別の診察室へ案内するため、一般の患者・受診者と対面する心配はありません。
 
▶外来待合席では必ず1人分の間隔をあけて座り、ソーシャルディスタンスを保つようにしてください。不特定多数の方が触れる場所は、定期的に専用洗浄剤で拭き上げ消毒を徹底しています。
 

入院診療時

入院治療が必要と判断された場合には、必ずPCR検査を行い、陰性を確認した上で諸手続きを行っています。

 
 

バンコク都心の便利なロケーション
無料送迎バスを毎日運行

バムルンラード病院があるのは、バンコクの中心部でスクンビットと呼ばれる最も賑やかなエリアです。BTS(高架鉄道)スクンビット線のプルンチット駅とナナ駅の2駅からアクセスでき、どちらからも徒歩10分ほどの好立地に位置しています。
 
また、①BTSナナ駅 ②BTSプロンポン駅直結の商業施設「エンポリウムスイート」の2カ所と病院間を往復する無料シャトルバンサービスを運行中。予約不要で、気軽に乗車できるので覚えておくと便利です。

 

①BTSナナ駅⇔バムルンラード病院

毎日7:00〜8:00台は30分毎、9:00〜20:00は20分毎に運行。1番出口の階段を降りたところに「バムルンラード病院」と書かれた白いシャトルバンが到着します。看板などは特にないので注意。病院の発着場所は、クリニックビル1階のロビーとタクシー待合エリアです。

②エンポリウムスイート⇔バムルンラード病院

エンポリウムスイート発・病院行きは毎日8:30〜16:30の1時間に1本、病院発エンポリウムスイート行きは10:30〜17:30の1時間に1本運行しています。エンポリウムスイートの発着場所は、施設入口前の駐車場です。

※道路状況により発着・所要時間が異なるので注意してください。
 
 
 

詳細情報

名前 BUMRUNGRAD INTERNATIONAL HOSPITAL
ジャンル
Eメール
infojapan@bumrungrad.com(日本語)
電話番号
02-066-8888(代表・24時間英語)
02-011-3388(日本語サービスカウンター直通・24時間)
WEBサイト
Instagram
LINE
@bumrungradjp
所在地

33 Sukhumvit Soi 3


この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る