タイから日本へ!
低コストで高速国際送金
新しいカタチ

 

駐在員やタイの現地採用として働く日本人が一度は迷ったことがあるはずの、タイから日本への国際送金。バーツで受け取った給料を日本の親族に送ったり、本帰国前に残ったバーツを円にして日本の口座へ移したりと、いろいろなケースがある。

ただ、銀行などの金融機関での国際送金には煩雑な手続きが多く、着金に通常一週間ほど要する上に送金手数料もそれなりにかかってしまう。そこで注目したいのは「SBIレミット」が、タイで新たに開始した国際送金サービス。業界最低水準の手数料と、簡単で便利な手続き、そしてスピーディな着金は、従来の国際送金の常識を変えていきそうだ。

タイから日本への送金
常識を覆すSBI レミットのメリット

まず、第一に注目したいのが、業界最低水準の送金手数料。タイから日本の指定銀行口座への手数料は199バーツ。
タイの金融機関の場合、大方の銀行が1,000バーツ以上なのに比べると格段の安さだ。このコストなら、今まで送金回数を減らしてまとめてから送金するなどの工夫をしていた人も、思い立った際に送金しても負担が少ないと言えるだろう。

また、送金が完了するまでの早さも特筆もの。タイでの送金手続きが済んでから、指定の日本口座に着金するまで通常だと1〜2営業日で着金するという。銀行経由の場合は2か国間で複数銀行を経由するため時間がかかるが、レミットを使えば着金を急ぐ場合でも、これなら手際よく送ることができるだろう。

そして、同社が培ってきた経験に基づいた安心・安全な送金システムは、多くのユーザーから高い信頼を獲得している。同社の海外送金取扱金額は累計で1兆円を突破(2020年7月時点)。海外送金経験者がすすめる海外送金サービス調査(日本CR調査)でも1位を獲得している。

こんな人にすすめたい、信頼の国際送金

早い!安い!安心・安全!。すでに日本から海外に向けた送金で数多くのユーザーから高い信頼を得ている同社のサービスは、メリットとともにさまざまなニーズにオススメできる。

こんな人に…

定期的に日本の家族へ送金している人

より安い手数料で、より早い時間で日本へ送金可。必要な時スピーディにお金を送ることができる。

バーツ資金を日本円に変えて送金したい人

資産運用などが目的で、貯めたバーツを日本円に換えて容易に送金できる。

タイ在住を終えて日本へ帰国する人

日本への帰国が決まって帰国当日まで期間が少なくとも、タイの銀行口座にあるバーツを素早く日本の銀行口座に送ることができる。

タイから日本へ
送金の流れと手続き

タップすると拡大されます

送金人(バーツで送る)の流れ

①下記より近くにあるマネーグラムの拠点を探す

https://www.moneygram.com/intl/en/en-locator(代理店検索画面)

②送金に必要な書類を用意して①の拠点へ往訪

  • 身分証明書(パスポート等)
  • 受取人情報(氏名、住所、電話番号等)
  • 送金金額+送金手数料(199バーツ)

③送金の手続き

  • 拠店で書類を記入(下記のようなフォームを記入) 
  • 記入した書類と送金したい現金+送金手数料を提出

タップすると拡大されます

④日本の受取人に必要事項をご連絡

8桁のリファレンス ナンバー(Reference Number)を受取人に伝え、下記の手順に従い出金手続きを行うように連絡。
(受取人へ送金時のレシートや控え等を写真で送れば間違えにくい)
https://www.remit.co.jp/kaigaisoukin/receiveremittance/bankaccount/(受取手順)
※受取人は、事前にSBIレミットの会員登録が必要。

受取人(円で受け取る人)の流れ

①SBIレミットのホームページで会員登録を行う

https://ires.remit.co.jp/IRESWeb/MainMemberEntryInput.jsf
※会員登録後、入力した住所にログイン情報を記載したウェルカムパッケージが1週間ほどで届く。

②会員登録完了後、出金用銀行口座を登録する

①のログイン情報を使ってログインし、出金用銀行口座を登録する。

  • 登録口座の名義は会員本人に限る。登録された銀行口座の情報が正しくない場合、振込み手続きができないので注意が必要。
  • ①と②は、送金を受け取る前に必ず完了すること。

③送金依頼人(sender)より受取に必要な送金情報を取得

受取に必要となる情報は以下のとおり。

  • Reference Number(リファレンスナンバー)
  • 送金依頼人名
  • 送金理由

④出金依頼

ログイン後に受取依頼のページから必要事項を入力し、受取手続きをする(以下を参照)。 

タップすると拡大されます

⑤出金口座に振込

出金口座に振込み。振込み手数料は出金手数料と同じ金額。複数の受け取り手続きをした場合は、その都度振込み手数料がかかる。
銀行営業日の15時までに受取手続きが完了したものは、翌営業日に振込みが完了。

 

詳細情報

名前 SBIレミット株式会社 (SBI Remit Co., Ltd.)
事業内容 海外送金サービス(世界200ヶ国と地域に送金網を持つ金融庁財務局登録済の日本企業)
ジャンル ,
Eメール
電話番号
(+81)3-5652-6759
Facebook
登録番号 関東財務局長 第00008号
問い合わせ受付時間

9:00〜18:00(平日・日本時間)

10:00〜18:00(土日祝・日本時間)

SBIレミット提携先のマネーグラム社代理店紹介

タイ現地の送金受付取扱窓口
(現地ではタイ語または英語での対応)

サイアム商業銀行(SCB) コールセンター:02-777-7777(8:30〜17:30 タイ時間)


タイ政府貯蓄銀行(GSB) コールセンター/カスタマーサービス:1115または02-299-8000(8:30〜17:30 タイ時間)

WEBサイト

https://www.remit.co.jp/

タイからの送金 説明特別ページはこちら

所在地
<送金受付代理店例>
複合施設エムクオーティエ3階サイアム コマーシャル銀行

695 Sukhumvit Rd, Klongton Nua, Watthana, Bangkok 10110


この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る