タイの基礎知識

海外で暮らす上で、その国の歴史や地理、文化を知ることは大切です。まずは、タイを知るための"基本のき"からご紹介します。

概要とタイ人の国民性

正式名称はタイ王国。
首都バンコクと76の県があり、地理的に東部・西部・南部・北部・中部・東北部の6つに分けられます。
自然豊かな北部から美しいビーチの南部まで、各地域でさまざまな文化の違いや特色が見られます。
見知らぬ外国人にも微笑みかけてくれる、優しく慈悲深い国民性から、“微笑みの国”とも呼ばれています。
また、タイ人を象徴するキーワードは、「マイペンライ(大丈夫、心配ない)」と「サバーイ(快適)」。
これは自由を好み、堅苦しく面倒なことを避ける気質を表しています。

国名

タイ王国(通称タイ) タイ語はラート・チャ・アーナーチャック・タイ(通称プラテートタイ) 英語名はThe Kingdom of Thailand(略称Thailand)

首都

正式名称 クルンテープ・マハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤー・マハーディロックポップ・ノッパラット・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット(通称クルンテープ) 英語名はBangkok。

元首

ラマ10世(マハワチラロンコン・ボディンタラテープ・パヤワラーングーン国王陛下)

民族

タイは複数民族国家。
もっとも多いのはタイ族(85%)、ついで華僑(10%)、マレー系、インド系、カンボジア系と続きます。

政体

立憲君主制。
1932年以降、国王陛下は国家元首となり、主権は国民に移行。
国王陛下は直接政治には関与せず、憲法に基づいてその役割を果たします。

年号

仏暦(西暦に543年を加える。
西暦2019年は仏暦2562年)

言語

タイ語

宗教

タイの国教は上座部仏教(テーラワーダ仏教)で、国民の94.6%が仏教を信仰。
仏教以外ではイスラム教が4.6%、キリスト教0.7%、その他。
憲法により信教の自由が保障されています。

通貨

1バーツ(Baht)=約3.5円(2019年3月時点) タイ語表記 : บาท 記号 : THB(B)

※サタンは補助硬貨で1バーツ=100サタン

面積

51万3115㎢(日本の約1.4倍)

気候

タイは、年間の平均気温が約29℃と年中温暖な熱帯性気候です。
季節は乾季、暑季、雨季の3つがあります。

人口

約6632万人(2019年3月時点)

国旗

トン・トライロング(三色旗) 青=国王、白=宗教、赤=国家、および国民の団結心を表しています。

国花

ラーチャプルック 英名:ゴールデン・シャワー 和名:ナンバンサイカチ。

国の動物

チャーン・タイ(タイ象)

この記事をSNSでシェア!

PR
  • JX金属グループの総合力で 原料供給から加工、副資材販売までトータルサポート
    JX金属グループの総合力で 原料供給から加工、副資材販売までトータルサポート

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top