タイの医療保険事情!
知っておくべき「5つの基礎知識」

タイ在住の皆さん、いったい保険はどうされていますか?
長期滞在の駐在員の方々は、会社規定に準じて加入していると思いますが、会社勤めではなかったりする方は、どうすればよいのでしょうか?
そこでタイに住み始めたら、知っておいた方がいい“保険の基本知識”をお届けします。

タイの医療保険事情!知っておくべき「5つの基礎知識」

タイの病院は、日本と同様に公立・私立病院があり、医療水準も医療ツーリズムで外国人がわざわざタイへ医療を受けにくるほど。国際基準を満たしていることはもちろん、レベルが高い医療分野も多々あります。なかには、5つ星ホテルのような施設とサービスを備えている私立病院もあります。
そこで気になるのが、そんなタイの医療環境の背景にある医療保険です。


知っておきたいこと1 日本のような健康保険制度がない

タイには日本のような健康保険制度がなく、いわゆる「国民皆保険」ではありません。勤務する会社で加入する社会保険制度はありますが、保険で医療行為を受けたい場合は、個人の裁量によって保険への任意での加入が必要となります。


知っておきたいこと2 タイの会社で加入する社会保険

タイで会社勤務となった場合、タイの社会保険に加入することができます。毎月の給与に対して労使双方が5%ずつを負担。社員からは給与の5%が天引きされますが、支払う保険料の最高額は750Bと決まっています。保険加入時に病院をひとつだけ選ぶことができ、勤務開始3カ月後から、その病院であれば通院・入院を含めて医療費と薬代が無料となります。

ただデメリットがあります。指定できるのがタイのローカル病院なので日本語は通じません。また、予約などはできないことが多く、混雑している場合には診察までかなり待つことも。そして、指定病院がバンコクにある場合、旅先などで病院にかかる際は保険が適用されず、自費診療となってしまいます。
また、被保険者の配偶者や子ども対象外となるため、他に加入している保険が特になく、保険が必要な場合は民間の医療保険などに加入しなければなりません。



知っておきたいこと3 自由診療なので診療にはある程度のお金が必要

同じ病気を治すのにかかる医療費がどの病院でもほぼ同様の日本。
一方タイは自由診療なので医療費は病院によって異なり、同じ病気に対する治療方法やレベルも病院によって違います。
多くの日本人が利用するのは日本人窓口や通訳サービスがあり、それ相応のお金が必要です。そこで大切になってくるのが民間医療保険への加入ということになります。


知っておきたいこと4 タイで加入する民間医療保険

例えば晴れて駐在となり、タイで暮らすことになったら、タイで民間医療保険に加入することができます。
メリットとしては、ほとんどの保険でキャッシュレス治療が可能だということ。ただし加入後3カ月後からキャッシュレス治療が適用になるなど保険によって細則はあります。

加入してしまえば全ての病気をカバーしてくれるのはもちろん、プランによっては高度医療にも対応したり、一定期間の間、保険を使わなかった場合には支払った保険金の一部が戻るものもあります。掛け金によって様々な補償を選べるのも民間医療保険の特徴です。


知っておきたいこと5 日本にいる間に加入する海外旅行傷害保険

海外旅行に出かける際に加入する海外旅行傷害保険。この保険にも、病気やケガに対する手厚い医療保険が付いています。そのメリットは、日本にいる間に加入できること。日本の保険会社が扱っている保険も多いので、質問などを日本語ですることができます。

また、ほとんどの保険がキャッシュレス治療に対応しているので、治療費の立て替え払いの心配も少ないと言えるでしょう。旅行保険なので、携帯品、個人賠償、緊急帰国費用など多くの特約が付いているのも同保険ならではです。ただ、加入可能な年齢に制限があることに注意。
また、クレジットカードに付帯している旅行傷害保険は、日本を出国してから3カ月以内のみしか保険が適用されない場合がほとんどなので、この点にも注意が必要です。


タイの医療保険のまとめ

タイで会社勤めをしている人のほとんどは、社会保険に加入しています。ただ、その保障で十分なのか、家族の保険はどうなっているのかなどを確かめる必要があるでしょう。また、会社が民間の医療保険に加入しているかいないかも確認したいもの。さらに出産、歯の治療などをカバーしているのかも気になるところです。
いずれにしても保険はとても複雑。民間医療保険を扱う会社には保険のプロが在籍。無料でしかも日本語で相談できるので、ぜひ利用してみてください。



タイの医療保険は3種類!どれがいいの?


タイの民間医療保険

  • ◯ キャッシュレス対応が可能。
  • ◯ 加入してしまえば、これからなる病気はすべてカバー(終身)
  • ◯ タイに来た後に申し込める。
  • ◯ 掛け金によって様々な保険が選べる。
  • ◯ サミティベートやバムルンラード等の日本人御用達の病院でも使える。
  • ◯ すぐ契約できる。または、在タイの保険のプロに相談の上、契約できる。

  • × 持病や健康状態の審査が厳しいので、入るなら健康なうちに!

海外旅行傷害保険

  • ◯ 日本にいる時に申し込める
  • ◯ キャッシュレス対応が可能な場合が多い。
  • ◯ 既往症も病院にレコードがなければ問題なし
  • ◯ さまざまな特約(携行品、個人賠償、緊急帰国費用など)

  • × 日本でしか契約することができない
  • × 加入に年齢制限があり、結構低い
  • × クレカの保険の場合は、タイに来てからの保険の期限切れに注意(日本出国後3ヶ月以内の期限がほとんど)

タイの社会保険

  • ◯ 通院・入院含めて、指定の病院であれば医療費、薬代が無料

  • × タイでの勤務開始後3ヶ月間は使えない。
  • × 日本語には対応していない
  • × ローカル病院なので診察に行く人も多く、混雑している場合がある。
  • × 保険加入時に1つだけ病院を選ぶ。それ以外の病院は緊急時以外は保険適用外。
  • × 指定病院がバンコクにある場合、例えばバンコク以外の旅行先で大きな怪我や病気になった場合、現地での治療は自費になる。

保険に入らない場合

  • ◯ 保険料を払う必要がない

  • × 緊急時に病院が対応してくれない
  • × 医療費が高額になった際、突然の出費が発生してしまう

保険のプロ「Insurance110バンコク」伊奈さんに聞きました。


医療保険に入ったほうが良いのでしょうか?

医療保険は積立機能を持たない、掛け捨ての保険です。
ゆえに加入後、一度も病院に行かないと「何のために入っているのか」と疑問を抱くようになります。
とくに若年層にとっては、負担(保険料)を重く感じ、加入しないという選択肢をする人も多いのではないでしょうか。
とはいえ、「ただお金がかかる」ということで、闇雲に判断するのではなく、お金(保険料)がかかる理由を理解した上で判断されてはいかがでしょう。
当然、医療保険は費用が掛かる以上にメリットも存在するからです。


保険未加入だと病院が治療してくれないって本当ですか?

海外の病院ではよくあることですが、治療費の支払い能力がないと判断された場合、治療を受けられないことが現実的にあります。
例えば、高齢の方が倒れて意識を失い、友人が発見。
すぐに病院へ運んだ際に、病院から言われたのは、「(治療費)どなたがお支払いされますか?」でした。
友人はすぐに日本の親族へ連絡を入れ、家族から返事をもらい病院へ連絡。
すると病院は、運ばれてから8時間経ったのちに治療を開始したことがあったといいます。
ウソのような本当の話です。



民間の医療保険に入っていれば大丈夫ということですね?

前述のQの場合、仮にタイの医療保険に加入していれば、加入者であることのわかる証(カード)を発行してもらえ、財布などに常備携帯していれば、例え事故で意識不明だったとしても、カードが見つかれば運ばれた病院ですぐに治療を施されます。
つまり、病院側は「(カード)支払い能力がある」と判断するからです。


保険のご相談はこちら!

この記事をSNSでシェア!



PAGE TOP