タイの医療保険は3種類! 海外旅行保険、タイの民間の保険、タイの社会保険、どれがいいの? 保険のプロに聞いてみた!

来タイした皆さんへ。保険はどうされていますか?
長期滞在の駐在員の方々は、会社規定に準じて加入していると思いますが、そうでない方はどうすればよいのでしょうか?

タイの医療保険は3種類!どれがいいの?


タイの民間医療保険

  • ◯ キャッシュレス対応が可能。
  • ◯ 加入してしまえば、これからなる病気はすべてカバー(終身)
  • ◯ タイに来た後に申し込める。
  • ◯ 掛け金によって様々な保険が選べる。
  • ◯ サミティベートやバムルンラード等の日本人御用達の病院でも使える。
  • ◯ すぐ契約できる。または、在タイの保険のプロに相談の上、契約できる。

  • × 持病や健康状態の審査が厳しいので、入るなら健康なうちに!

海外旅行傷害保険

  • ◯ 日本にいる時に申し込める
  • ◯ キャッシュレス対応が可能な場合が多い。
  • ◯ 既往症も病院にレコードがなければ問題なし
  • ◯ さまざまな特約(携行品、個人賠償、緊急帰国費用など)

  • × 日本でしか契約することができない
  • × 加入に年齢制限があり、結構低い
  • × クレカの保険の場合は、タイに来てからの保険の期限切れに注意(日本出国後3ヶ月以内の期限がほとんど)
帰国した際に契約してください!

タイの社会保険

  • ◯ 通院・入院含めて、指定の病院であれば医療費、薬代が無料

  • × タイでの勤務開始後3ヶ月間は使えない。
  • × 日本語には対応していない
  • × ローカル病院なので診察に行く人も多く、混雑している場合がある。
  • × 保険加入時に1つだけ病院を選ぶ。それ以外の病院は緊急時以外は保険適用外。
  • × 指定病院がバンコクにある場合、例えばバンコク以外の旅行先で大きな怪我や病気になった場合、現地での治療は自費になる。

保険に入らない場合

  • ◯ 保険料を払う必要がない

  • × 緊急時に病院が対応してくれない
  • × 医療費が高額になった際、突然の出費が発生してしまう

タイの保険事情

タイの病院は、日本と同様に公立・私立病院があり、医療水準も医療ツーリズムで外国人がわざわざタイへ医療を受けにくるほど。
なかには、5つ星ホテルのような施設とサービスを備えている私立病院もあります。

ただし、タイには日本のような健康保険制度「国民皆保険」はなく、医療費は病院によって異なります。
例えば、日本では同じ病気を治すのに支払う医療費は同じです。
ところが、自由診療が当たり前のタイ(海外)では違います。
(保険)制度がない以上、お金がなければ治療は受けられません。
そこで、大事なのが民間保険への加入となります。
保険加入で最大のメリットは、ケガや病気で病院を受診する際に、キャッシュレスで医療行為を受けられる点でしょう(カバー領域にもよりますが)

多くの日本人は、旅行も含め日本で海外旅行保険に加入してきます。
それでは、加入してこなかった場合はどうすればよいのか? 簡単です。
タイに到着してから保険に加入すればよいのです。


保険のプロ「Insurance110バンコク」伊奈さんに聞きました。


医療保険に入ったほうが良いのでしょうか

医療保険は積立機能を持たない、掛け捨ての保険です。
ゆえに加入後、一度も病院に行かないと「何のために入っているのか」と疑問を抱くようになります。
とくに若年層にとっては、負担(保険料)を重く感じ、加入しないという選択肢をする人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、「ただお金がかかる」ということで、闇雲に判断するのではなく、お金(保険料)がかかる理由を理解した上で判断されてはいかがでしょう。
当然、医療保険は費用が掛かる以上にメリットも存在するからです。


保険未加入だと病院が治療してくれないって本当ですか?

海外の病院ではよくあることですが、治療費の支払い能力がないと判断された場合、治療を受けられないことが現実的にあります。
例えば、高齢の方が倒れて意識を失い、友人が発見。
すぐに病院へ運んだ際に、病院から言われたのは、「(治療費)どなたがお支払いされますか?」でした。
友人はすぐに日本の親族へ連絡を入れ、家族から返事をもらい病院へ連絡。
すると病院は、運ばれてから8時間経ったのちに治療を開始したことがあったといいます。
ウソのような本当の話です。


民間の医療保険に入っていれば大丈夫ということですね

前述のQの場合、仮にタイの医療保険に加入していれば、加入者であることのわかる証(カード)を発行してもらえ、財布などに常備携帯していれば、例え事故で意識不明だったとしても、カードが見つかれば運ばれた病院ですぐに治療を施されます。
つまり、病院側は「(カード)支払い能力がある」と判断するからです。

これらは、皆さんが知らないメリットの一例です。
一度ご連絡いただければと思います。


相談は無料です 保険の事ならなんでもご相談下さい

電話

02-662-0800

088-623-6978(伊奈)

Eメール represent@insurance110thai.com
地図 1st Fl., M Towers, Sukhumvit Soi 35

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top