日本とタイの医療の違い・受診時のポイント

画像提供:サミティヴェート病院 スクムビット

 

地域や個々の施設によって違いはあるものの、前述の通り、主要都市の医療事情は概ね良好です。
とりわけ、在タイ日本人がよくお世話になるバンコク都内の私立病院の医療水準はかなり高く、日本の病院と比べても遜色がないと言われています。
ただし、慣習や制度の異なる海外での受診には、戸惑いを感じる部分も多いもの。
医療関係者の見解をもとに、日本とは異なるタイの病院事情や上手な病院のかかり方を紹介します。

①病院とクリニックの機能・役割が一体化

「高槻病院(大阪府)」からバンコクの私立病院「サミティヴェート病院」へ出向中の小児科・新生児科の南宏尚医師によると、タイの医療機関では「病院」「クリニック(診療所)」の線引きがやや曖昧。
日本では難しい病気や入院を要する治療・検査を要する場合は「病院」へ、日常的な病気・ケガの治療には「クリニック(診療所)」へかかるのが一般的ですが、タイでは2つの機能が病院に集約されていることから、“この程度で病院に行っていいの……?”と迷う緊急性のない軽い症状でも大きな病院にかかって良いそう。
また、大きな病院なら複数の診療科をまたぐ受診も安心です。


より詳しい南先生の解説は動画をCheck!

【タイ 病院】日本との違い・診察の際のポイント・医療費について聞いてみた。
動画の再生時間:6分45秒


②タイでは夜間・土日の救急外来も病院へ

夜間や休日時間外の診療となると、日本では専門の急患センターなどが対応しますが、タイにはこのようなシステムがないため、緊急時も病院を受診するのが一般的。24時間体制で各診療科の専門医が常勤し、いわゆる時間外診療費もかかりません。かかりつけの私立病院に電話して、救急車を手配してもらうこともできます。


③診療費・治療費は日本よりも高額になりがち

次項で紹介するように、医療機関は主に3つのタイプがあり、このうち在タイ日本人がかかるような私立病院はすべて自由診療となっています。そのため、日本での窓口負担額と比較すると高額になる場合が多く、とくに外科治療やICU(集中治療室)といった先進医療を受ける場合は顕著とのこと。事前に費用を確認するか、万が一に備えた医療保険への加入が推奨されています。


④私立病院のホスピタリティの高さはホテル並み

「サミティヴェート病院 スクムビット」「バムルンラード・インターナショナル病院」などを筆頭に、タイ人富裕層や外国人患者を受け入れるバンコクの大手私立病院では、質の高い医療もさることながら、高級ホテルを思わせるハイグレードなサービスが度々海外メディアの注目を集めています。日本人を含む外国人向けの医療通訳はもちろんのこと、フードコートやレストランといった院内ファシリティ、豪華で洗練された病棟や部屋、送迎サービス、そして医師・看護師など医療従事者のホスピタリティの高さが抜きん出ています。その分費用は割高ですが、一流スタッフに見守られる安心感には変えられないはずです。


⑤病院よりも医師で選ぶ&主体的な受診が大切

いくら充実した医療環境が整い、日本語の通じる病院があるとはいえ、タイを含む海外で病院にかかるなら積極的な姿勢が必要不可欠。とくに、前述のように診療費・治療費は日本よりも高額になるケースが多いことから、“何のための検査ですか?”“こんなに薬が必要ですか?”など、自ら医師とコミュニケーションをとって確認し、取捨選択していく必要がありそうです。また南医師によれば、“この先生、なんとなく合わないかも……”と感じたときには、遠慮なく担当医を変えてもらって良いとのこと。不安に感じることを率直に伝えられ、信頼できる「かかりつけ医」を見つけておくとタイ生活を送るうえでも安心です。


⑥伝えたいことをメモして受診する

限られた診療時間のなかで自分の症状を的確に伝え、医師に的確な診断を下してもらうのはどこの病院でもそうたやすくはないもの。ましてや通訳を介した外国人医師とのやりとりでは、伝えたいことがきちんと届いているのかと不安に思うこともあるでしょう。そんな場合に備えて、症状や経過をまとめたメモ・画像などを持参するのも一手です。例えば下痢の場合、「いつから症状があるか」「どんなものを食べたか」などを伝えると、医師にとっても有益な判断材料となります。


⑦治療費をカバーする保険証券を持参する

前述のように場合によっては治療費が高額になるケースが多いことも考えられます。タイの病院では支払い能力の有無が非常に重要視されており、支払いができない場合は病気やケガをしていても治療が受けられないこともあるようです。受診時にはパスポート(再診時は診察券)の他、自身が加入する保険証券、クレジットカードなどを持参しましょう。保険のタイプによっては、キャッシュレスサービスを利用できる場合もあります。詳しくは「保険の活用」の項目をご確認ください。



日本語対応の病院をお探しなら!

バンコク都 – 新型コロナ新規感染者数

※( )内はタイ全体の新規感染者数


この記事をSNSでシェア!



一番上へ戻る