タイ在住者のための予防接種(ワクチン)

赴任者・長期滞在者(成人)に必要な予防接種

A型肝炎

衛生環境が整わない場所で、糞口感染によって伝播する肝炎ウイルスです。


B型肝炎

感染力が強く、一過性と持続性に大別されます。出生時の母子感染には注意が必要。


破傷風

菌が傷口から入り込み、開口障害やけいれんなどを引き起こす致死性の高い病気です。


狂犬病

動物に咬まれることで発症し、致死率は9割を超えるといわれます。咬まれた後にも追加接種が必要です。


日本脳炎

蚊によって媒介され、重篤な急性脳炎の後、神経に後遺症が残る可能性が高い病気です。


子どもに必要な予防接種

日本で定期予防接種として行われているものはタイでも必須。また、任意接種とされているもののうち、水痘、おたふく風邪、A型肝炎の接種も推奨されています。なお、日本人学校では予防接種記録の提出は不要とされていますが、公立学校およびインターナショナルスクールなどの私立学校では入学時に提出を求められる場合があるので、事前の確認が必要です。

※情報参考
外務省・タイの医療事情



日本語対応の病院をお探しなら!

バンコク都 – 新型コロナ新規感染者数

※( )内はタイ全体の新規感染者数


この記事をSNSでシェア!



一番上へ戻る