タイの害虫対策

タイの気候は害虫たちにとって天国。繁殖力も強いため、気がつくとあちこちに……。害虫を駆除するための対策を実践しましょう。

害虫対策は、日頃のケアが重要!

タイでも身近に出没する虫類は、アリ、ゴキブリ、蚊など日本と大差ありません。
コンドミニアムでは定期的にペストコントロールを行っている所も多いですが、何よりも日頃のケアが大切。

タイは殺虫剤がとても豊富で、日本にある物はすべて揃っていると思っていいでしょう。
販売店によると「タイのゴキブリは大きいので、スプレー式の場合も1回の噴射量が多いなど、強力かつ持続性のあるものが特徴です」とのこと。
殺虫剤をはじめ虫ケアアイテムを駆使して、効果的な害虫対策を行いましょう。

ちなみに、タイではヤモリを頻繁に見かけますが、蚊をはじめとする害虫を食べてくれるありがたい存在です。
邪険にぜず、そっと見守りましょう。


虫除け効果のあるハーブ

ハーブ大国・タイならではの植物の恵みを使って、家庭でも手軽に虫除け対策をすることができます。
サシェとしてティーパックに入れて玄関や窓際などに置くことで、忌避効果を期待できます(虫除けのため殺傷効果はなし)

また、お気に入りの香りやハーブを組み合わせて虫除けスプレーを作ることも。
小さな子どもやペットがいる家庭や、市販品に頼りたくない場合にオススメです。


バジル

香りの成分に鎮静作用、殺菌・抗菌作用もある万能タイプ。
蚊やハエが嫌う成分が含まれています。


レモングラス

スーパーで簡単に手に入る、レモンに似た香りのイネ科のハーブ。
特に蚊に対して効果があります。


ペパーミント

清涼感のある、少し強い香りが特徴。
虫が嫌う成分「メントール」を多く含んでいます。


ライム

虫の嫌いな柑橘系の香りを放ち、中でもマラリア原虫を媒介するハマダラ蚊を寄せ付けない効果があります。
(バンコクなど都市部にはマラリアの感染リスクはありません)


ユーカリ

アロマオイルや虫除けスプレーにも使われ、強い殺菌効果・抗炎症作用を期待できます。
お湯を張ったカップにオイルを数滴垂らして部屋に常備しておけば、嬉しいリフレッシュ効果も。


蚊帳を使った安眠対策

日本でもお馴染みの「蚊帳」は、中華街(ヤワラート)のローカルショップなどで購入することができます。
価格はサイズによって異なり、100B程度〜。
見当たらなければ、店員にタイ語で蚊帳を意味する「ムン・ガン・ユン」と尋ねてみましょう。


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 「圧着端子」の“パイオニア” 業界トップシェアの信頼とサービス
    「圧着端子」の“パイオニア” 業界トップシェアの信頼とサービス

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top