バンコクのペット可物件まとめ

日本からペットを同伴する場合、渡航前にタイ国内の不動産会社に問い合わせて、あらかじめ住まいを契約しておく必要があります。到着後すぐに新生活を始められるよう、細やかなサポートをしてくれる日本語対応の不動産会社を選ぶとより安心できるでしょう。


在タイ日本人が多く住むバンコク中心部のスクンビットエリアには、「サービスアパート」「アパート」「コンドミニアム」と呼ばれる集合住宅が密集していますが、「ペット可物件」は限られています。人気の物件の場合、空室待ちも珍しくないので赴任・移住が決まったら早めに不動産会社に相談しましょう。また「ペット可」の物件であっても、実際には「犬は小型・中型犬のみ」「猫は不可」など個別にルールを設けている場合があります。入居後のトラブルを避けるためにも、不動産会社にペットの情報を伝え、家主側に確認してもらう必要があります。

「ペット可物件」のチェックポイント


入居可能な犬・猫の種類とサイズ

ひと口に「ペット可物件」といっても、種類や大きさ(体重)により入居できる条件はさまざま。
小型〜中型犬までを許可している物件がほとんどですが、その定義も各物件によって若干異なるため確認しておく必要があります。また大型犬と暮らすなら、バンコク都心の集合住宅よりも郊外の一軒家を選ぶのも選択肢のひとつです。

物件全体のペット保有率と同伴エリア
「エレベーターなどの共用部分を歩かせてはいけない」「部屋(自室)以外はリードを着用が必須」など、ペットを同伴できるエリアや飼育ルールも契約前に要チェック。

たとえ「ペット可物件」と謳っていても、他の入居者がすべて動物好きというわけではないことを心得ておかなければなりません。
その点では、物件全体のペットの保有率もひとつのバロメーターになります。入居者の6割超が何らかの動物を飼っている物件であれば、概ね“ペットフレンドリー”と言えるでしょう。


ドッグランなど敷地内の遊び場の有無

一年中蒸し暑く、ジリジリと日差しの強いタイでは毎日の散歩にも一苦労するもの。
バンコク都内の公園はいずれもペットの入園が禁止されており、のびのびと自由に遊べる場所が思いの他ないのが現状です。
このため、緑や芝生のある中庭、ドッグランといった設備の充実度も物件選びの大きな決め手になります。


動物病院へのアクセスや周辺環境

慣れない気候や新しい生活環境の中で、体調を崩してしまうケースも珍しくありません。
いざという時に頼れる動物病院が近くにあるか、事前にリサーチしておきましょう。
スクンビット界隈には英語・日本語対応や24時間診察の動物病院がいくつかあり、トリミングやしつけ相談なども利用できます。



退去時にかかる補修費(デポジット)

ペットと暮らす場合、室内の床や壁、家具などのダメージはどうしても避けられないもの。
修繕のための費用は入居時に支払うデポジットでまかなわれ、その差額が退去時に返金・請求されるため、事前に契約内容をよく確認しておく必要があります。
また、「ペット可物件」では通常よりもデポジットが高めに設定されていることがほとんどです。



スクンビットエリアのペット可物件リスト


AP SUITES 33


タイのアパートメントとしては珍しく玄関に敷居があり、日本人好みの設備が喜ばれています。オーナーが優しいと不動産業界でも評判の物件ですが、めったに空室が出ないのが唯一の難点。猫と小型犬までを飼うことができ、2+1BR(170㎡)や3BR(200㎡)といった広めの部屋が特に人気です。


GM SERVICED APARTMENT


BTSアソーク駅、プロンポン駅の両駅利用可能な「GM SERVICED APARTMENT」。
部屋は1BR(45〜56㎡)、2BR(95〜111㎡)、3BR(182〜278㎡)の3タイプで、アットホームなインテリアが評判。室内設備はもちろんのこと、プールやジャグジー、フィットネスジム・ヨガルーム、キッズスペースなど充実のファシリティが魅力です。
ペットは、猫と小型〜大型犬の飼育が可能。共有スペースや敷地内もペット連れ可です。


GRAND MERCURE BANGKOK ASOKE RESIDENCE


BTSアソーク駅から徒歩圏内にある駅チカ物件。共有スペースの手入れが行き届き、ペットは猫の他、体長40cm程度までの中型犬を飼育可能です。
全室洗練されたスイート仕様で、一番小さな部屋でも71㎡と広々とした間取りが特徴。ストレスフリーの空間で、ペットも家族ものびのびと暮らすことができます。


MARRIOTT EXECUTIVE APARTMENTS SATHORN VISTA


朝食&ルームサービス、コンシェルジュにハウスキーピングといったマリオット品質の各種サービスを享受できるハイクラスレジデンス。欧米人にも人気があり、32階建ての高層フロアからは都心の夜景を一望することも。
ペットは猫と小型犬まで。防音環境が整っているのも嬉しいポイントです。


OAKWOOD SUITES BANGKOK


2020年に完成したばかりの最新物件。館内はどこもかしこも真新しく、暮らしに馴染むナチュラルテイストのインテリアも喜ばれています。
ペットは猫と小型犬までを飼育可能。
周辺には緑や大きな池がある都心のオアシス・ベンジャシリ公園もあり、愛犬とのお散歩にもぴったり。


THE RESIDENCE AT 61


BTSエカマイ駅から徒歩圏内にあり、希少な「ペット可能」「駅チカ」「サービスアパートメント」として非常に人気の高い物件です。
STUDIO(38㎡)、1BR(52〜92㎡)、2BR(72㎡)の3タイプがあり、高級ホテルのようなデザイン家具で彩られています。

大容量のクローゼットがあるため収納力は抜群。室内にはシャワー付きトイレやバスタブを完備し、プールやフィットネスジム、ゴルフシミュレーター、キッズルームなど共用ファシリティも充実しています。


まだある! 人気のペット可物件


Aguston Sukhumvit 22 Sukhumvit Soi 21
Ashton Morph 38 Sukhumvit Soi 38
Loft Residence 104 Sukhumvit Soi 61
Kata Boutique Residence Sukhumvit Soi 22
M Thonglor Ten Ekamai Soi 22, Sukhumvit
Maru Ekkamai 2 Sukhumvit Soi 63
PR Court Sukhumvit Soi 49
Shama Lakeview Asoke 41 Sukhumvit Soi 16
Sommerset Ekamai 22/1 Ekamai Soi 2, Sukhumvit
The Monument Thong Lo Sukhumvit 55Rd.

日系の不動産屋さんはこちら!

この記事をSNSでシェア!



一番上へ戻る