7月から始まった「プーケット・サンドボックス」を徹底解説!

ワクチンを接種済みの外国人観光客を隔離期間なしで受け入れる「プーケット・サンドボックス」が7月からプーケットで実施されています。
詳しい入国条件や入国後の流れについて解説します。

タイ国内からプーケットへ入る場合

タイ政府のサンドボックス政策に伴い、「タイ国内からプーケットへ入る場合」の条件について下記のようになっています。(2021年6月時点)


タイ国内からプーケットへ入る条件

タイ国内からプーケットへ入るための条件

  • ワクチンを1回以上接種し、証明書を提示できる
  • プーケットに入る前の7日以内に、PCR検査を受けて、陰性証明書を提示できる

※上記の証明書を提示できない場合は、飛行機に乗るときに搭乗拒否されたり、プーケットに着いた後に14日間の強制隔離となる可能性があります。(5歳以下の子供を除く)


その他の条件

・自分で感染の症状がないかを観察し、混雑する場所を避ける。

https://www.gophuget.com/に登録してプーケット県に入ることを報告する。

・「Mor Chana」というアプリをダウンロードして、プーケットにいる間は、常に位置情報を提供する。
iOSアプリ
Androidアプリ

※上記の制限は変更となる場合がありますので、出発する前に必ず確認しましょう。


参考(ニュースサイトprachachat.net)



日本からプーケットへ入る場合

新型コロナウイルスワクチン接種済みの旅行者を隔離なしで受け入れる「サンドボックス」が、南部プーケットで2021年7月1日からスタートしました。当初は日本からの渡航の場合、ビジネス目的以外は対象外でした。7月6日、観光目的での日本からの渡航も対象となりました。

2021年7月現在、「サンドボックス」の対象となる国と地域はこちら


「プーケット・サンドボックス」を利用して日本からプーケットへの渡航を検討される方は、渡航に際して必要となる書類・手続き等の詳細について、在京タイ大使館のホームページをご確認の上、ご不明な点は同大使館にお問い合わせください。



ワクチン接種証明書に関して

プーケット・サンドボックスでは、渡航14日以前に発行された、政府・公的機関、または病院が発行する英文ワクチン接種証明書(ワクチンの種類は、タイ保健省または世界保健機関(WHOが)承認したもの)が必要となります。

なお、日本政府のワクチン接種証明書については、7月下旬をめどに書面での発行を開始するか検討中。英訳フォームに関しては、在京タイ大使館のホームページをご確認ください。



フライトに関して

フライトについては、引き続き(7月9日現在)、日本からプーケットへの直行定期商用便は運行されていません。

・日本の空港を発ち、バンコク・スワンナプーム国際空港で乗り継ぐ場合は、プーケット・サンドボックス利用客専用のチャーター便を利用する必要があります。現時点(7月9日時点)で、日本とタイの直行定期商用便を運行する日系航空会社では、プーケット・サンドボックス利用客専用のチャーター便との接続は始まっていないとのことです。

・プーケット・サンドボックスの下、日本の空港から第三国の空港を経由してプーケット国際空港に向かう(例えば、シンガポール航空により、日本の空港からシンガポール・チャンギ国際空港を経由してプーケット国際空港に向かう)ことは可能とのことです。

・プーケット・サンドボックスによるプーケット渡航を検討される際は、利用する航空会社にプーケット国際空港への乗り継ぎが可能か予めご確認ください。

詳しくは、下記の在タイ日本国大使館のウェブサイトへ



プーケット入国の条件詳細


プーケット訪問直前に「感染リスクが中・低の国」に21日以上滞在している事

  • 感染リスクが中・低の国からの外国人観光客の訪問(入国)を許可(国はタイ保健省が決定)
  • 外国人観光客は、プーケットに到着する前、最低でも21日間、感染リスクが中・低の国に滞在していなければならない。

ワクチン接種後14日以上経過し、接種証明書を提出できる事

  • 海外でワクチンを接種したタイ人は、プーケット経由で帰国できるが、接種を完了して14日間を超えた後とする。
  • 接種したワクチンの種類は必ずタイの食品・薬品委員会事務局(FDA)または世界保健機関(WHO)によって認定されたワクチンでなければならない。また、接種を完了して14日間を超えたことを証明できる証明書を提示する必要がある。
  • ワクチンを接種していない6歳未満の子供は、ワクチン接種が完了した保護者とプーケット経由で入国可能。
  • コロナから治癒した人であっても、ワクチン接種が必要で、接種後14日を超えている必要がある。

72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書が必要

  • プーケット訪問前の72時間以内に受けたPCR検査の結果(陰性証明書)を提示しなければならない。

コロナ対応の保険に加入している事

  • 外国人観光客は、タイにいる期間中有効な、新型コロナウイルス感染症と関連疾患の治療費を含む、10万USドルの治療補償額をカバーできる保険に加入し、その保険証を持っていなければならない。

タイ人がプーケットから入国する場合

  • タイ人が海外からプーケットを訪問する場合も上記条件が適用され、必ず感染リスクが中・低の国から訪問することとする。
  • ワクチン接種証明書やPCR陰性証明書も必要。
  • タイ人の場合は、コロナ感染した場合の治療費が無料のため、10万USドルをカバーする保険に加入する事は必須ではない。


プーケットに到着した後の流れ


入国〜空港〜ホテル

  • プーケット空港でPCR検査を受ける。
  • ホテルが用意した車で空港からホテルへ向かう。(公共交通機関などの利用は禁止)
  • 契約病院があるSHA+準拠のホテルのみに宿泊可能。
  • 英語版の「MorChana」というアプリをダウンロードする。
  • ワクチン接種情報を確認するために、「www.entrythailand.go.th」に登録する。

・「Mor Chana」というアプリをダウンロードして、プーケットにいる間は、常に位置情報を提供することになっています。
iOSアプリ
Androidアプリ

https://www.gophuget.com/に登録してプーケット県に入ることを報告します。


ホテル到着後

  • 複数ホテルの予約も可能だが、必ずタイへ出発する前に予約を済ませておく事。
  • ホテルに到着した後、PCR検査の結果が出るまで、必ず部屋内で待機する。陰性の結果が出た場合、プーケット内を観光できるが、陽性の結果が出た場合、ホテルと契約をしている病院へ送られる。
  • PCR検査を受ける回数は宿泊数による。1回目の検査は1日目、2回目は6または7日目、3回目は12または13日目となる。

D-M-H-T-T-A対策に従って行動する。

  • D(Distancing)2メートル以上ソーシャルディスタンスをとる
  • M(Mask)外出時は必ずマスクを着用する
  • H(Hand washing)よく手を洗う
  • T(Testing temperature)体温確認をする
  • T(Test for COVID-19)感染者に接触したり感染リスクのある場所へ行ったりした場合、PCR検査を受ける
  • A(application) MorChana」のアプリをダウンロードする

他県への移動について

  • 他の地域(都県)へ旅行する場合は、最低14日間プーケットに滞在しなければならない。14日間滞在しない場合はタイを出国しなければならない。
  • プーケットに14日間滞在してから他の都県に出たい場合、14日間宿泊した証明書や、感染防止対策に応じた行き先の都県が決まっている書類の提示が必要。
  • ピピ島はクラビ県(他県)なので、訪問するには14日以上経過している必要があります。マイトン島はプーケット県内なので、14日以内に訪問可能。(※現地ホテル等に要確認)

参考




この記事をSNSでシェア!



一番上へ戻る