Q&A 住居編

タイ・バンコクでの日常生活の疑問・質問にお答えします!

Q

近所に知り合いがいないので不安です

管理事務所スタッフや守衛さんと良好な関係を

何かと頼ることが多い管理事務所のスタッフには、日本のお土産などをプレゼントして良好な関係を築きましょう。
また、守衛さんにも挨拶したり、お菓子などをお裾分けして顔を覚えてもらうと何かと便利です。
管理事務所に落ち度がある場合でも、非を責めてはいけません。
関係を悪くすると管理事務所の仕事を対応してくれなくなるなんてことも・・。
ただ、優しすぎるのもNGです。
毅然とした態度で要望はきちんと伝え、対応はフレンドリーを心掛けましょう。


Q

部屋のトラブル、 家具の交換は?

まずは管理事務所に、 ダメなら不動産会社に

タイでは、部屋のことは管理事務所が対応してくれるのが一般的です。
エアコンの調子が悪い、水漏れする、インターネットの回線が遅いといった、部屋のトラブルは日常茶飯事。
無理に自分で解決しようとせず、管理事務所に連絡して解決してもらいましょう。
ただし、別途修繕費用がかかる場合があるので、対応してもらう前に確認しておくこともお忘れなく。
管理事務所の対応が悪く、オーナーに直接交渉したい場合は、まず一度、不動産会社に相談しましょう。


Q

敷金が返ってこない

まずは入居時の不動産会社に相談を

退去が決まり、オーナーに連絡したのに敷金(デポジット)が返ってこないというトラブルは珍しくありません。
まずは入居した時の不動産担当者に相談しましょう。
引っ越す際は、日本と同じく必ず契約書にある事前告知日(30~60日)前までに、家を出る旨をオーナーに伝えることが、トラブル回避につながります。
契約期間に満たないうちに転居となった場合、敷金は返ってきません。
一方で、急に本帰国が決まったなど、いたしかたない理由がある場合はオーナーとの直談判になり、証明書の提出が求められることもあります。
基本的には期間内に借主側の勝手な理由(会社命令であっても)で解約をする場合、敷金は返ってこないと考えてよいでしょう。
また、入居したときにもらう敷金の領収書は、退去時に原紙を返却しなければいけないので、決してなくさないよう大切に保管しておきましょう。


Q

サービスアパートって何?

名前の通り「サービスを受けられるアパート」です

サービスとは主にメイドサービスのことで、室内清掃やリネン交換、衣類のクリーニングなどを代行してくれます。
セキュリティの厳重さやフロント対応のレベルなどもホテルと同等。
レストランやカフェが入居していることも多く、生活にとても便利です。


Q

公共料金の支払いは、どうすればいいの?

銀行やコンビニで支払いできます

タイでは、日本と同様にコンビニや銀行などで支払いが可能です。
また、コンドミニアムの場合は管理事務所で支払いができる場合も。
さらに銀行のアプリなどを使用した支払い方法もあり、以前より便利に支払えるようになっています。


Q

タイでコンドミニアムを購入するには?

まずは専門家に相談し、正しい知識を持ちましょう

タイで外国人が購入できる不動産は、コンドミニアムのみ。
一軒家などを購入することはできません。
また購入額全額相当の外貨をタイに送金することが条件で、タイ国内の商業銀行で住宅ローンを組むことはできません。

購入の手続きは、物件を決定してから予約、契約、外貨送金、登記の流れで進みます。
ただ、コンドミニアムの建設が中止になっても予約金は返ってこないなど、リスクもあるので、まずは専門家に相談し、正しい知識を持つことが重要です。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 熱コンサルティングの雄が 高効率ボイラの自社リース開始
    熱コンサルティングの雄が 高効率ボイラの自社リース開始

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top