タイのタクシー(目的地指差しガイド付き)

メーター制を採用し、初乗り運賃35Bと日本よりも格安で利用することができます。ただし、英語を話すことのできないドライバーも多く、雨の日や渋滞時にはつかまりにくいことも。また、ドライバーによる乗車拒否も日常茶飯事なので、できるだけ時間に余裕を持って利用しましょう。

タクシーの料金

2023年1月に、バンコク都内のタクシー料金が8年ぶりに値上げされました。料金形態は以下のようになります。

タクシーを降りる際に料金を支払ってください。支払いは基本現金ですが、銀行のモバイルアプリ送金に対応しているタクシーもあります。

初乗り料金
「乗客4人以下」のセダンタイプ

35B

「乗客5人〜7人」のバンタイプなど

40B


運賃体系(両タイプ共通)
1〜10km

1kmあたり6.5B加算

10〜20km

1kmあたり7B加算

20〜40km

1kmあたり8B加算

40〜60km

1kmあたり8.5B加算

60〜80km

1kmあたり9B加算

80km〜

1kmあたり10.5B加算

  • 時速6km以下で走行中(渋滞時)は1分ごとに3B加算
  • 空港から利用する場合は、空港使用追加料金50Bを加算

車体の色と種類

車体の上半分が黄色、下が緑のタクシーは個人タクシー、その他ピンクなど単色のタクシーは基本的に法人タクシーです。


タクシーの乗り方

1 タクシーを拾う

助手席前にある空車サイン(赤色・緑色のどちらでもOK)が点いているタクシーを見つけ、手を斜め下に差し出してタクシーを止めます。

助手席前にある空車サイン(赤色・緑色のどちらでもOK)が点いているタクシーを見つけ、手を斜め下に差し出してタクシーを止めます。

2 行き先の確認

タクシーが止まったらすぐに乗り込まずに自分でドアを開けて「パイ◯◯◯?」と行き先を告げ、乗車OKかどうかを確認。メーターを使うか聞いてから乗車しましょう。 ちなみに「メーターを使ってくださいね」をタイ語で言うと「チャイ・ミーター・ノイ」となります。

タクシーが止まったらすぐに乗り込まずに自分でドアを開けて「パイ◯◯◯?」と行き先を告げ、乗車OKかどうかを確認。メーターを使うか聞いてから乗車しましょう。
ちなみに「メーターを使ってくださいね」をタイ語で言うと「チャイ・ミーター・ノイ」となります。

3 乗車する

自分でドアを閉めます。助手席に座る場合はシートベルトを忘れずに。メーターがオンになっているかチェックしましょう。

自分でドアを閉めます。助手席に座る場合はシートベルトを忘れずに。メーターがオンになっているかチェックしましょう。

4 降車する

メーターに表示されている金額を支払い、自分でドアを開けて降車します。ただし急にドアを開けず、後ろからバイクが走ってこないかを確認してからにしましょう。


ココに注意!

料金メーターを確認

料金メーターを搭載しているにも関わらず法外な運賃をふっかける、またはメーター自体に不正な細工を施し運賃を釣り上げる悪質なタクシーも。おかしいと感じたら、早めに降車するのも一つの手です。


小銭を用意

釣り銭の用意がないことがよくあるので、小銭や少額札は用意しておきましょう。


ドライバーの身分証を確認

車内前方左側にあるプレートの顔写真とドライバーが同じ人かを確認しましょう。



一番上へ戻る