タイのタクシー・目的地指差しガイド

メーター制を採用し、初乗り運賃35Bと日本よりも格安で利用することができます。ただし、英語の通用度が低く、雨の日や渋滞時にはつかまりにくいことも。また、ドライバーによる乗車拒否も日常茶飯事なので、できるだけ時間に余裕を持って利用しましょう。

バンコクの目的地 指差しガイド


タクシーの料金

初乗り1kmまで35B、以降1kmごとに加算されます(加算額は距離により異なる)。
時速6km以下で走行中は1分ごとに2Bが加算。支払いは現金のみ。領収書の発行は、一部タクシーのみ可能です。
なお、有料道路を使用する場合には区間に応じて20〜80Bをその都度乗客が支払います。その分の領収書が必要な場合は、「コ― バイセット」とドライバーに声を掛けておきましょう。


車体の色と種類

車体の上半分が黄色、下が緑のタクシーは個人タクシー、その他ピンクなど単色のタクシーは基本的に法人タクシーです。


タクシーの乗り方

1 タクシーを拾う

助手席前にある空車サイン(赤色・緑色のどちらでもOK)が点いているタクシーを見つけ、手を斜め下に差し出してタクシーを止めます。

2 行き先の確認

タクシーが止まったらすぐに乗り込まずに自分でドアを開けて「パイ◯◯◯?」と行き先を告げ、乗車OKかどうかを確認。メーターを使うか聞いてから乗車しましょう。

3 乗車する

自分でドアを閉めます。助手席に座る場合はシートベルトを忘れずに。メーターがオンになっているかチェックしましょう。

4 降車する

メーターに表示されている金額を支払い、自分でドアを開けて降車します。ただし急にドアを開けず、後ろからオートバイが走ってこないかを確認してからにしましょう。


ココに注意!

料金メーターを確認

料金メーターを搭載しているにも関わらず法外な運賃をふっかける、またはメーター自体に不正な細工を施し運賃を釣り上げる悪質なタクシーも。おかしいと感じたら、早めに降車するのも一つの手です。


小銭を用意

釣り銭の用意がないことがよくあるので、小銭や少額札は用意しておきましょう。


女性は常に警戒を

夜間の女性一人での利用はなるべく避けましょう。止むを得ない場合は、電話をしたり、車内の撮影をしたりして、警戒姿勢をアピールすることをオススメします。


忘れ物をしたら

タクシーに忘れ物(落し物)をしてまったら、日本とは異なり見つかる可能性はあまり高くありません。
しかし警察に問い合わせる他、ドライバーが道路情報収集のためによく聞く「チョーソー100」と呼ばれるラジオ局に連絡して、紛失物アナウンスをしてもらう方法があります。
タイ語が話せる人に依頼し、思い出せる範囲で以下のような内容を伝えましょう。

  • 乗降場所と利用時間
  • 車体色(会社により異なる)と車体ナンバー
  • 車内前座席にあるドライバーの身分証
  • 連絡がとれる自分の電話番号
チョーソー100(周波数100.00MHz)
電話番号

1137

WEBサイト https://www.js100.com/en/site/home/index

BMA Live Traffic 渋滞をチェックできるスマホアプリ


TAXI OK 配車アプリ

GPSや車載カメラ、緊急(SOS)ボタンの設置を義務付けられたタクシーを手配可能。手数料がかかるものの、ぼったくりや乗車拒否などのトラブルがないのがメリットです。
iOSアプリ

Androidアプリ


Grab Taxi 配車アプリ

東南アジアを中心に普及する配車アプリ。登録タクシーによる「Grab Taxi」と、一般ドライバーの自家用車を使用する「Grab Car」の2種のサービスがあり、料金の計算方法が異なります。
iOSアプリ

Androidアプリ


GRABアプリに登録して、配車サービスを使ってみた!

【タイ 生活】GRABアプリに登録して、配車サービスを使ってみた!
動画の再生時間:3分26秒

CABB ロンドンタクシー風の新サービス

「CABB」は「Asia Cab Co., Ltd.」が運営するロンドンタクシー風のサービスです。ロンドンタクシーをベースにした青いクラシックカーモデルが特徴。車内は広く5人まで乗車可能です。運転手とコンパートメント(乗客)の間には透明なパーティションを設置。独立した空調システムを装備し、ドライバーとの会話もインターホンを通じて行われます。

乗客が入れ替わるたびに清掃と消毒が行われるので車内はいつも清潔です。また、車椅子の人も利用できるような工夫が組み込まれています。乗客が自分自身でエアコン調整ができ、USBチャージャーと無料WIFIのサービス付き。さらに運転手は健康診断とマナー研修を受けていて、乗客は安心して利用することができます。


利用方法

  • 下記のCABB受付に直接行き、利用申し込みします。
    エムクオーテェア、エンポリアム、アイコン・サイアム、サイアム・ディスカバリー、サイアム・パラゴン、モールグループのデパート、セントラル・ワールド(GrooveとDゾーン)、セントラル・チットロム、セントラル・エンバシー、バンコク病院、サミティベート病院(スクンビット)、セントラル・バンナー、セントラル・フェスティバル・イーストヴィレ、シーコンスクエア(バンケー支店)
  • 「CABB」アプリで呼ぶ。または事前予約します。
  • コールセンターに電話して呼びます。(2時間前まで事前予約が可能)

利用料金

乗客は乗車前に受付やアプリで乗車料金を確認することができます。
基本料金は60Bからスタート。1km毎に6〜8B(乗車時間により異なる)が追加されます。渋滞の場合、1分毎に2.5Bが追加されます

空港に向かう場合は70Bからスタート。空港利用の追加料金が50Bかかります。
コールセンターで予約した場合は45Bの手数料がかかります。


支払い方法

  • 車内でクレジットカードかデビットカードで支払います。
  • QRコードをスキャンしてモバイルバンキングで支払います。
  • クレジットカードやデビットカードをCABBアプリと連携させ決済させる方法もあります。

営業時間

05:00〜20:00


コールセンター

02-026-8888


この記事をSNSでシェア!



PAGE TOP