【注目のタイニュース/4月4日〜10日】タイの王宮が世界3位!? 他

週刊ワイズで取り上げた【タイローカルニュース】注目をピックアップ。これさえ読めば、タイの“今”がわかる!? 今週は、CNNが発表した観光客に人気のある宮殿ランキングのニュースから。

【注目のタイニュース/4月4日〜10日】タイの王宮が世界3位!? 他

 

タイの王宮が世界3位
有名宮殿ランキング

アメリカの有名なニュース専門放送局CNNは1日、観光客に人気のある国際的な宮殿のランキングを発表。タイの王宮が3位に入った。さらに隣接するエメラルド寺院、あるいはワット・プラケオの通称名でお馴染みの「ワット・プラシーラッタナサーサダーラーム」も高い評価を得た。観光客は年間約800万人。1位は中国北京市の紫禁城、2位はフランス・パリのルーヴル美術館だった。
エメラルド寺院は18世紀後期、現在のチャクリー王朝を興したラマ1世の時代に、チャオプラヤー川西岸のトンブリーからエメラルド仏(プラケオ)が移設され、建設された。(1日=ポスト・トゥディ)


 

予約台数は3万7千台
今年のモーターショー

3月25日から4月5日までの日程で開催された「第36回バンコク・インターナショナル・モーターショー」の総入場者数は昨年並みの170万人で、期間中に成約のあった新車予約台数は、目標の4万台には及ばず、3万7027台だったことがわかった。主催者のチャートゥロン・ゴーモンミット氏が明らかにした。
成約件数の多かったのはトヨタの6144台で、次いでホンダの5069台、マツダの4584台、いすゞの4485台、ニッサンの4042台の順。最も人気が高かったのは70万バーツ以上の価格帯の車。高級車の予約が多かったのが、今年の特徴だったという。ハイテク車や新技術を搭載した車への関心も高かったという。(6日=ポスト・トゥデイ)


 

安全性上昇で車減税
物品税局が表明

財務省物品税局のナッタコーン・ウテーンスット税金戦略部長は2日に開催されたタイ自動車企業協会のセミナーで、来年1月から実施される新しい自動車物品税制について触れ、二酸化炭素の排出量だけでなく、乗車する人の安全性も考慮して運用していくことを明らかにした。アンチロック・ブレーキシステム(ABS)や横滑り防止装置(VSC)が搭載された車が対象となる見通し。
同部長によると、普通車の場合、走行1キロメートル毎に100グラム以内の二酸化炭素の排出で最低10%の課税となる。150グラムになると同30%に上昇する。これに加えて、ABSやVSCが搭載されていない場合、35~50%が課税される条件が付加されるという。 (3日=バンコクビズ)


 

遊覧船観光客などが増加
3年後には5倍増も

ラーマーダー・プラザホテルのデチャー・タンシンローン副会長によると、バンコク都内チャオプラヤー川で遊覧船観光などを楽しむ観光客が増加し、現状のペースで推移した場合、3~5年後には現在の5倍に達する見通しであることが明らかになった。同副会長は「バンコク都内チャオプラヤー川沿いのジャルンクルン通りとジャルンナコーン通りは、新しい観光地として多くの観光客の関心を引くことになるだろう」と述べた。
一方、グランドパールとワンダフルパールの二つの遊覧船を運営するグランドパール社のピシット・クンギアッティデート会長は、昨年9月に新型の遊覧船ワンダフルパールの運行を開始したところ、一日あたりの観光客がほぼ倍増したことを明らかにした。外国人だけでなく、最近はタイ人客も遊覧船観光を楽しむ人が多いという。(3日=プラシャシャート)


 

交通違反金は年9億B
道路改修等には転用せず

タイの現地紙「ポスト・トゥデイ」は7日の特集記事で、バンコク都内の交通違反状況について報じた。 それによると、2014年以降これまでに交付された交通違反切符は200万枚超で、毎月15万~18万人の交通違反者が検挙されているという。平均的な反則金は500バーツ。年間で総額9億バーツ余りが徴収されている。
法律により、このうち50%ほどはバンコク首都圏に納付され、交通警察本部には4億バーツ~4億5000万バーツ程度しか残らないという。このため、都内の道路や交通信号の設置や改修などが遅れているとのこと。
運輸省陸運局の統計によると、現時点でバンコク都内に登録された車は876万台があるといい、毎年増え続けているという。(7日=ポスト・トゥディ)


 

警察官不足に「徴兵」制度
1万人の増員計画

警察官の慢性的な不足を受けて、警察庁長官のソムヨット・プムパンムアン大将は3日、警察官増員のため、軍隊の徴兵制と似たような選抜制度を実施する意向を示した。「来年は1万人の警察官を増員する必要がある。選抜制度は徴兵検査と一緒に行いたい。軍隊の(くじ箱)だけでなく、(会場に)警察の箱も用意する計画だ」と話した。
タイ警察によると、現在、警察官一人あたりの国民の数は約800人。年々、負担が増しているという。このため、警察では軍隊の徴兵制度と同様の「くじ引き」による任官制度の検討を進めている。今年の軍隊の徴兵検査では、全国で約10万人が徴兵された。(3日=カプック)


 

フルムーン以外禁止
パンガン島で騒音苦情

タイ湾に浮かぶスラーターニー県パンガン島で4日、世界的イベントが相次いだところ、住民から音量が大きくて迷惑をしていると市当局に苦情があった。このため、5日からはフルムーンパーティー以外は中止することとなった。市当局者は、規模の小さなイベントについても住民に迷惑が及ぶ場合、開催を検討するよう求めている。(4日=タイラット)


 

農家などに国有林使用許可
44条発令で貯水池建設も

プラユット暫定首相は5日、訪問先のチェンマイ県メーオーン市で農家に対し、7282ライ(1ライ=1600㎡)の国有林の使用許可を与えた。さらに同首相は、北部地域などで干ばつや洪水が広がっている問題についても触れ、「国民が抱える困難を解決するために暫定憲法44条に基づく命令を出す用意がある。すでに700万バーツの予算で貯水池を造らせる命令を出した」とも述べた。
暫定憲法44条は、軍事政権の意思最高決定期間である国家平和秩序維持評議会(NCPO)の議長を務めるプラユット首相に立法、行政、司法の三権を超越する権限を与える規定。(5日=ポスト・トゥディ)

関連記事

  1. 感染者が前年比2倍のデング熱

  2. タイでは年間1万2千人が死亡。治療で完治できるも、発見遅れが原因

    “結核”は過去の病気ではない

  3. GDP成長率、見通し引き下げ

  4. 自宅内の喫煙も違法に?

  5. 中国の“巨大なうねり”

  6. タピオカブームの陰の立役者

  7. タイと米中貿易戦争

  8. タイの高齢化対策

  9. プラユット政権発足へ

おすすめ記事

  1. バンコクのお土産特集 タイのお土産特集
  2. バンコクのカフェ特集 バンコクのカフェ特集
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  4. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  5. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

WiSE 週間ランキング

  1. ポツンとカウンターの隅っこで飲みたい夜。そんなひとり晩餐会の〆は、必ず「土手煮」。濃厚な煮汁がジュワッと胃袋と心に染みて、堪りません。やっぱり、もう1杯飲もっかな♪

今月人気の記事

  1. バンコクのお土産特集
PAGE TOP