【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶協和エクシオ

経済成長を続けるタイで、躍動する日系企業の“いま”をトピックで紹介。

タイで合弁事業を開始
パートナー4社と展開

協和エクシオ(東京都渋谷区)は15日、タイ及び東南アジアへの展開強化を目的に、ネットチャート社(川崎市)、タイのS.E.C.T.社(社長:信谷明文、KDTS社(社長:宮沢純一)、Millennium Plus One社(社長:Pitak Numsapanan)の4社と提携し、タイ国内で情報通信インフラ構築事業を手掛ける合弁会社「エクシオ・アジア」社を設立、3日から事業を開始したと発表した。

協和エクシオによると、東南アジアではフィリピンにおいて『MG EXEO NETWORK, Inc.』(連結子会社)が1991年から事業を展開。その後の経済成長が著しいアジア地域での事業拡大を見据え、大陸部にあるタイ国への参入を通じ、インドシナ半島(タイ、ベトナム、ラオス、カンボジア、ミャンマー)へのビジネス展開を強化していくという。

 

現地でのキックオフセレモニーを終えて(写真左から、協和エクシオの大坪康郎取締役常務執行役員、ネットチャート社の楠本社長、Millennium Plus One社のピタック・ナムサパナン社長、KDTS 社の宮沢社長、S.E.C.T.社の信谷社長)

現地でのキックオフセレモニーを終えて(写真左から、協和エクシオの大坪康郎取締役常務執行役員、ネットチャート社の楠本社長、Millennium Plus One社のピタック・ナムサパナン社長、KDTS 社の宮沢社長、S.E.C.T.社の信谷社長)


 

1/12 タイ新工場を稼働
NECプラットフォームズ

NECプラットフォームズは12日、生産関連会社であるNECプラットフォームズタイの新工場(パトゥムターニー県のナワナコン工業団地)を建設し、操業を開始したと発表した。既存工場に隣接する敷地に地上3階建てで建設され、総延べ床面積は既存工場に比べ30%増となる2万9305平方メートル。

 


 

1/12 タイ現地法人を設立
コナミホールディングス

コナミホールディングスは12日、東南アジアにおけるゲームの現地販売体制の構築を目的に、タイ現地法人コナミ・アミューズメント(タイランド)を設立したと発表した。4月からアーケードゲームをはじめとした同社グループのゲームを販売する。

 


 

1/16 訪日タイ人、過去最高98万7100人
日本政府観光局(JNTO)

日本政府観光局(JNTO)は16日、2017年の訪日タイ人旅行者数が98万7100人(前年比9.5%増)と、過去最高となった16年(90万1525人)を更新したと発表した。特に、昨年12月は史上最多となる10万人超えの11万5800人だった。

 

関連記事

  1. 2019年、タイの3大トピック

  2. 低迷続く、観光地プーケット

  3. タイの師走、イベントで大賑わい

  4. 正当防衛?

  5. STOP! バイクの歩道走行

  6. ムエタイに年齢制限は必要か

  7. 亡き父親の仇

  8. 同性婚が認められる日

  9. 妊娠中絶に“明るい未来”を

おすすめ記事

  1. バンコクのカフェ特集
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  4. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  5. 冷えと代謝

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP