【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶双日

経済成長を続けるタイで、躍動する日系企業の“いま”をトピックで紹介。

タイ現法を通して食品卸に参入
カンボジア現地企業と業務提携

双日は12日、子会社の双日タイを通じ、カンボジアで食品、消費財等の卸売事業を展開するグッドヒル・エンタープライズ カンボジア(Goodhill Enterprise Cambodia LTD、以下GHC)及び、在シンガポールでグッドヒルグループの統括会社であるグッドヒル・エンタープライズ(Goodhill Enterprise(S) PTE LTD.)と、カンボジアにおける食品卸売事業を今年2月から共同展開するため、業務提携契約を締結したと発表した。
GHCは、カンボジア全土を網羅する卸売ネットワークを保有し、食品、日用品、文房具、カーケアー用品、電化製品、OA機器など幅広い商品を取り扱うシンガポール資本の現地有力卸売企業。また、双日グループとグッドヒルグループは、GHCの事業基盤をベースに、今後需要が増加する冷凍、冷蔵及び業務用食品の卸売事業をカンボジアにて展開することで合意し、コールドチェーンの強化、業務用食品卸売事業のオペレーション確立を目指すという。
今後、双日グループは、日本やアセアン市場での事業経験を生かした物流機能及び食品卸売事業のオペレーション機能などの提供により、将来的にはグッドヒルグループとの資本提携も視野に入れる。
双日は、「中期経営計画2017」において、経済発展に伴い消費市場として存在感が増すアセアンを中心に、優良パートナーとの協業による食のバリューチェーン構築を目指しており、今回の案件は、ベトナム、ミャンマーに次ぐ取組み。GHCとの協業による食品流通網の整備、拡大を急ぐとともに、5年後を目処に約40億円の売上を目指す。

 

BusinessTopics_sub_01

 


 

01/01 タイ・ヤマハ社長に早川氏
ヤマハ発動機

ヤマハ発動機は1月1日付けで、タイ現地法人タイ・ヤマハ・モーター(TYM)の新社長に、YMDB(ブラジル)とYMDA(ブラジル)両社の社長だった早川茂男氏を充てる人事を発表した。稲村徹哉前社長は、帰任し、海外市場開拓事業部長に昇格。


 

01/07 タイでの自動車部品の製造・販売で資金調達
柳河精機

自動車部品メーカーの柳河精機(東京都)は7日、国際協力銀行と三菱UFJリースのタイ法人BMULとの間で締結された、総額約109万7,000米ドルのファイナンスリース契約の一部から資金を調達。タイ現地法人であるTHAI YANAGAWA CO., LTD.が実施する自動車部品の製造・販売事業に充てる。


 

01/08 バンコクでラッピング電車を運行
千葉県

千葉県は、11日から2月29日まで、バンコク都心とスワンナプーム国際空港を結ぶ高速鉄道エアポートレイルリンクで、同県キャラクター「チーバくん」やPRを配したラッピング電車を運行する。また、22日から開催されるJAPAN EXPO THAILANDにも出展。プロモーションを行うほか、Facebookの特設サイトを開設し、同県の魅力を発信していく。


 

01/11 パジェロスポーツ、販売1万4000台を突破
三菱自動車

三菱自動車タイランドは11日、多目的スポーツ車(SUV)「パジェロスポーツ」の販売が、2015年末に1万4000台を達成したと発表した。今後、今年1月1日からタイ政府が導入した、新自動車税により値上げする予定だが、同社は3月からの新価格について、値上げ幅を抑え影響を最小限に留めるつもりだ。


関連記事

  1. 2019年、タイの3大トピック

  2. 低迷続く、観光地プーケット

  3. タイの師走、イベントで大賑わい

  4. 正当防衛?

  5. STOP! バイクの歩道走行

  6. ムエタイに年齢制限は必要か

  7. 亡き父親の仇

  8. 同性婚が認められる日

  9. 妊娠中絶に“明るい未来”を

おすすめ記事

  1. バンコクのカフェ特集
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  4. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  5. 冷えと代謝

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP