【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶沖縄物産企業連合、BRIDGES、 アンドワン、沖縄日通エアカーゴサービス

経済成長を続けるタイで、躍動する日系企業の“いま”をトピックで紹介。

タイに向けた市場開拓、始動
沖縄県産農水畜産物レセプション

14日、内閣府沖縄総合事務局が実施する沖縄国際ハブクラスター事業支援の一環として、沖縄県産農水畜産物をPRする「OKINAWA JAPAN FOOD RECEPTION IN BANGKOK 2018」がbrainwake organics THONGLORで開催された。
イベントには、タイの飲料、菓子、スナック、ベーカリー、加工食品メーカーのほか、飲食事業者ら約25社が招待され、同農水畜産物を使った12品が登場。シママース(塩)や黒糖、もろみ酢、シークワーサー、紅芋ウコンなどを使った料理に、出席者は「シママースに興味がある」「もろみ酢のドレッシングは健康志向のタイにいいかも」など感想を述べ合った。
同事業統括マネージャーの植木氏は、「これまで香港、台湾、シンガポールで農水畜産物を展開してきたが、タイは動き出したばかり。東アジアを中心に海外展開を図ってきた沖縄物産企業連合、BRIDGES、アンドワンに沖縄日通エアカーゴサービスを加えた4社と、新たにタイ国内での市場開拓を目指します。食材を供給するだけでなく、タイ企業との繋がりを深め、一緒に成長していきたい」と展望を語った。今後、継続的なPRを行い、沖縄県のイメージをタイに定着させていくという。

 

スクリーンショット 2018-04-03 14.08.49
会場には食品・飲食事業に関わる約25社が集まった。沖縄県産食材の魅力をPRする植木氏(右)


 

3/11 日本人納骨堂にて新堂守の「得度式」
タイ国日本人会

タイ国日本人会(会長:島田厚)は11日、ワット・リアップ内にある日本人納骨堂にて、新堂守・小川大勇(おがわだいゆう)師のタイ比丘(びく)としての新たな門出を祝う「得度式」を執り行った。

 


 

3/12 飼料事業におけるタイ支店設置
アサヒグループホールディングス

アサヒグループホールディングスの子会社、アサヒカルピスウェルネス(東京都)は、タイおよびその周辺国における「カルスポリン」を中心とした飼料事業拡大に向け、バンコクに支店を開設し、16日から業務を開始した。同支店にはラボを設置し、家畜の腸内フローラ分析や検査などの現地ラボサービスによる提案型営業機能を強化するという。


 

 

関連記事

  1. 2019年、タイの3大トピック

  2. 低迷続く、観光地プーケット

  3. タイの師走、イベントで大賑わい

  4. 正当防衛?

  5. STOP! バイクの歩道走行

  6. ムエタイに年齢制限は必要か

  7. 亡き父親の仇

  8. 同性婚が認められる日

  9. 妊娠中絶に“明るい未来”を

おすすめ記事

  1. バンコクのカフェ特集
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  4. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  5. 冷えと代謝

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP