【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶Mediator

経済成長を続けるタイで、躍動する日系企業の“いま”をトピックで紹介。

タイ国内視察ツアー開催
化粧品・製薬会社を訪問

日本商品のタイでの販路開拓を支援するMediator(ガンタトーン・ワンナワス社長)は14日、今年5回目となるタイ国内視察ツアー(m-trip)を開催。今回は、「アジア美女の秘密はここにあり! タイと日本を“美”でつなぐ!」と題し、日系化粧品総合メーカーのミロットラボラトリーズ、タイ国内製薬大手メドライングループのユニゾンラボラトリーズ、F.C.P.カンパニーの3社を訪問した。日系地方銀行を中心に約10人が参加。
現在、タイ産化粧品の輸出市場規模は約171億バーツでASEAN最大。毎年4〜6%増加している成長産業の一つとされている。前出のミロットラボラトリーズの石橋マネージャーはタイの化粧品市場について、「生活水準の上昇や化粧をする年代の若年化もあり、(市場は)拡大の一途をたどっている」と話す。
同ツアーでは担当者との質疑応答や工場見学等が行われ、参加者の一人からは「タイ国内の化粧品の需要動向や、FDAの許認可に関わる海外製品の輸入事情等を知ることができ、有意義だった」という声が聞かれた。
Mediatorでは、「タイ進出販路開拓セミナー」やタイの市場を知る現地視察ツアー(m-trip)を定期的に開催している。詳しくは、www.mediator.co.th

 

インターネット(SNSや口コミサイト)の普及も、タイの化粧品市場の拡大の理由の一つとされる

インターネット(SNSや口コミサイト)の普及も、タイの化粧品市場の拡大の理由の一つとされる

 


 

12/09 沖縄(那覇)〜バンコク(スワンナプーム)路線就航
Peach Aviation

Peach Aviation(本社大阪府)は9日、那覇〜バンコク路線を来年2月19日より新規就航すると発表した。1日1往復で航空券の販売は15日から始まっている。同社の井上慎一CEOは「日タイ修好130周年を迎える記念すべき年に、就航できることに大きな縁を感じる」と話した。


 

12/14 タイで政府職員に対してサイバー防御演習
NEC

NECは14日、タイ・デジタル経済社会省所管の電子取引開発機構(ETDA)から依頼を受け、タイ政府職員に対し「実践的サイバー防御演習(今月6~9日)」を実施したと発表した。約50人が参加。演習では技術的な対処だけではなく、職員への指示やエスカレーション、関係機関との情報連携など、被害拡大を防止するための組織的な対応を指導した。


 

12/16 タイ初上陸! 期間限定店をオープン
資生堂パーラー

資生堂パーラーは、2016年12月19日〜17年1月9日まで、バンコクのサイアム・パラゴン(G階)にポップアップショップをオープンする。銀座のシンボルでもある同店のチーズケーキ、ラ・ガナシュ、花椿ビスケットなどが購入できる。 http://parlour.shiseido.co.jp/intl

 

関連記事

  1. 2019年、タイの3大トピック

  2. 低迷続く、観光地プーケット

  3. タイの師走、イベントで大賑わい

  4. 正当防衛?

  5. STOP! バイクの歩道走行

  6. ムエタイに年齢制限は必要か

  7. 亡き父親の仇

  8. 同性婚が認められる日

  9. 妊娠中絶に“明るい未来”を

おすすめ記事

  1. バンコクのカフェ特集
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  4. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  5. 冷えと代謝

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP