【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶THAIFEX 2018

経済成長を続けるタイで、躍動する日系企業の“いま”をトピックで紹介。

タイ最大級の食品見本市開催
「ジャパン・パビリオン」大盛況

5月29日(火)~6月2日(土)、タイ最大級の食品見本市「THAIFEX 2018」 が開催された。昨年同様、今年も各国から約2000社が出展した他、アンチエイジングやウェルネスに焦点を当てたシニア向け食品や、ハラールフードを紹介するブースなども展示。さらには、飲食産業における最新技術の紹介など、飲食事業関係者らを中心に多くの来場者が会場に足を運んだ。

近年、海外を賑わす“日本食ブーム”はタイも然り。毎年最も注目を集めるブース「ジャパン・パビリオン」には、精肉・肉加工品をはじめ、水産物・水産加工品、菓子、飲料、業務用食材などが勢揃い。各社共、タイをはじめとしたASEAN地域への日本産農水産物・食品の販路拡大を目指し、世界各国から来場したバイヤーらと商談を行った。

今回、初参加となる日本政策金融公庫の農林水産事業部では応募を募り、牛肉や海産物などを取り扱う5社が参加した。同公庫では1ブースを1/2のスペースにすることで、出展各社の負担を軽減。また、通訳やスタッフなども同公庫側で用意するなど、出展ハードルを下げる工夫をしたという。

同公庫バンコク駐在員事務所の清水勝之氏は、「農林水産業を成長産業とするために、国産農水産物・食品の『輸出』を促進することが国の重点的な取組みに位置づけられているなか、当公庫でも海外展開を希望する各社様を積極的に支援していきたい」と話した。


 

5/23 サンシリと第2、3弾プロジェクト
東京急行電鉄

「東京急行電鉄」と、タイで日本人向け賃貸住宅の運営・管理をしている「Saha Tokyu」、及びタイの大手デベロッパー「Sansiri」の3社は5月23日、合弁会社「Siri TK Two」と「Siri TK Three」を3月に設立し、バンコクにおいて、分譲住宅事業の第2、3弾プロジェクトの開発に着手すると発表した。第2弾プロジェクト「(仮称)エカマイ11」は、38階建て、7月着工予定。第3弾プロジェクト「(仮称)スクムビット50」は、都心に通勤するタイ人や、外国人駐在員への賃貸を目的とするタイ人・外国人投資家などをメインターゲットとし、「都市における特別な安らぎの空間」のコンセプトに基づいた8階建ての低層コンドミニアム。2019年の入居開始を予定する。

5/24 小口保冷配送サービスの国際規格を取得
SCG Yamato Express

「ヤマトアジア」と「SCG セメントビルディングマテリアル」との合弁会社である、「SCG Yamato Express」は5月24日、小口保冷配送サービスに関する国際規格 PAS 1018:2017の認証を取得したと発表した。世界的に高まる保冷宅配サービス需要に対し、品質を担保し、安心感を提供していく。

左から、「SCG Yamato」濱西洋司取締役社長、「BSI Thailand」 Bookkhalakorn Chaidee 統括営業本部長、「SCG Yamato」山崎栄取締役副社長


 

おすすめ記事

  1. 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅へ! 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅…
  2. 週刊WiSE 年末年始 旅行特集 2019「ホテル特集」 年末年始 旅行特集 2019「ホテル特集」
  3. 年末年始 旅行特集 2019 vol.1「近隣諸国編」〜 親子ファーストな旅へ! 年末年始 旅行特集 2019 vol.1「近隣諸国編」〜 親子ファーストな旅へ!…
  4. Special Interview 森山良子
  5. 独占! スリヤ工業大臣インタビュー 独占!スリヤ工業大臣インタビュー「タイには日本の力が不可欠」
  6. “製造大国”ニッポンとドイツが揃い踏みの4日間で10万475人が来場! ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」が11月20〜23日の4日間に渡って開催された。 今年は世界50カ国10地域から4000社が出展。製造大国タイにとって最大のイベントだけあって、4日間で延べ10万475人が会場を訪れた。 ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」開催!
  7. 週刊ワイズ ゴルフコンペ2019【結果発表】

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PR
  • 2019年週刊ワイズゴルフコンペ結果発表ページです。2020年も近日開催予定です!乞うご期待!

WiSE 週間ランキング

  1. チェンマイ県の東部、サンカムペーン郡ボーサーン村で毎年1月の第3金曜から3日間に渡って開催される伝統工芸品の祭典「ボーサーン傘祭り(今年は17〜19日)」。期間中は村の至るところが色艶やかな唐傘で彩られる他、大通りでは伝統衣装を身に着けた女性のパレードや傘を使ったパフォーマンス、美人コンテストといった賑やかな催しが行われます。  村では200年ほど前から自然素材を使った傘作りが盛んで、地域の発展に貢献してきました。同祭りを通じて、チェンマイの文化に触れてみてはいかがでしょうか?
  2. 水などで溶いた小麦粉を薄く伸ばして焼くタイ風クレープ「ロティ」。タイ人のみならず、外国人観光客からも人気を博す定番スイーツだ。そんなロティを焼かずに、生地に練乳などを混ぜてそのまま食べるのが今、巷の若者の間で流行っている。
  3. 地下鉄、外苑前駅の構内を歩いていると、よく聞きなれた外国語が耳に入ってきた。タイ語のアナウンスである。「乗車券代をデポジットするにはICカードを差し込んでください」というように聞こえる。もしかしてと思い、券売機を見てみると今までに見たことのない画面に変わっていた。  一部のJRの券売機などではかなり以前から英語による案内はあったが、ついにタイ語による画面が登場した。しかも音声ガイダンスまでタイ語なのである。タイ人訪日客の数が伸びているとは聞くが、こういった場面でタイ語が標準装備されるのはとてもいいことだと思う。もちろんタイ語だけではなく、中国語や韓国語をはじめ数カ国語に対応していた。  タイでATMを操作したことがある方ならわかるはずだが、そこに日本語表記があることでかなり安心できる。外国にいて言葉がわからない、その国の文字を読めないというのは、決定的な不安材料である。ラングエッジバリアを少なくすることで、日本の魅力もぐんと増すことだろう。“おもてなし”がとやかく言われる昨今だが、2020東京大会開催に向け、真のホスピタリティが芽生えてきている。
  4. 店の名を冠した人気No.1メニューです。旨さの秘訣は濃厚な野菜ペーストをベースに、10日ほどかけて仕込む「秘伝のルゥ」にあるのですが企業秘密なのでこれ以上はお話できません、ごめんなさい。さまざまなトッピングもご用意していますので、まずは一度、ご自身の舌で味を確かめてください。リピーターも大歓迎です!
  5.  景気低迷なんのその。今年のタイは、東部 経済回廊(EEC)のさらなる発展が経済を下 支えするという。
  6. ボリューム満点な具材の下に、十割蕎麦あり。ひと口食べるとスパイスの効いた肉味噌が存在感を放つんですが、本番はその後。遅れて訪れる蕎麦の香りが堪らないんです。

今月人気の記事

  1. 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅へ!
  2. 年末年始 旅行特集 2019 vol.1「近隣諸国編」〜 親子ファーストな旅へ!
  3. 週刊WiSE 年末年始 旅行特集 2019「ホテル特集」
  4. チェンマイ県の東部、サンカムペーン郡ボーサーン村で毎年1月の第3金曜から3日間に渡って開催される伝統工芸品の祭典「ボーサーン傘祭り(今年は17〜19日)」。期間中は村の至るところが色艶やかな唐傘で彩られる他、大通りでは伝統衣装を身に着けた女性のパレードや傘を使ったパフォーマンス、美人コンテストといった賑やかな催しが行われます。  村では200年ほど前から自然素材を使った傘作りが盛んで、地域の発展に貢献してきました。同祭りを通じて、チェンマイの文化に触れてみてはいかがでしょうか?
  5. 実に力強いビジュアルだ。バタフライのフォームがまるで大きな野鳥の羽ばたく姿にも見える。写真というよりも一枚の絵画のように、見る人を釘付けにする。  これは1964年に開催された東京オリンピックのポスターで、日本が誇るグラフィックデザイナーの巨匠の一人、亀倉雄策氏の作品だ。僕の事務所にひっそりと保存されていたものが、このタイミングに保管場所から出てきたのも何かの偶然。広告というアートが、時代が動く瞬間を無言で伝えていたことを改めて感じた。  謹賀新年。再び東京が時代とともに動く年が始まった。
PAGE TOP
Top