【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶TOTO

経済成長を続けるタイで、躍動する日系企業の“いま”をトピックで紹介。

サラブリー県に第2工場建設19年4月稼動、投資額93億円

TOTOは4月28日、タイで衛生陶器を製造・販売するTOTO(タイランド)の敷地内(中部サラブリー県)に、新たに衛生陶器生産工場(TOTOタイランド第2工場(仮称))を建設すると発表した。新工場は衛生陶器の量産工場と位置付け、腰掛大便器・洗面器を中心とした生産を予定。2017年5月に着工し、19年4月からの本格稼動を目指す。投資額は93億円。
これまでの地産地消の生産体制に加え、アジア・オセアニア地域を世界の供給基地として生産体制を充実させる。建設にあたっては14年に策定した「TOTOグローバル環境ビジョン」に基づき、エネルギー効率の高い最新のトンネル窯の導入や、再生水利用による工場排水ゼロを目指した取り組み等、TOTOグループの最新の技術とノウハウを結集し、環境に優しいグリーンファクトリーの実現を目指す。
TOTOによると、現在タイでは高付加価値の提案を軸とする販売網を構築し、著名物件の採用活動を強化。17年3月にはバンコク市内に専門家向けショールーム「TOTOテクニカルセンターバンコク」を開設し、東南アジア地域の高級物件を手がけるデベロッパーや設計事務所など建築専門家に向けた提案を行っているという。新たな工場建設により世界の供給基地としての機能を果たし、タイ国内での安定した供給体制を構築するとともに、高級ブランドのイメージ浸透を図る。

 

新工場イメージ

新工場イメージ

 


 

4/28 EEC対応に新組織を発足
バンコク日本人商工会議所

バンコク日本人商工会議所(JCC)は4月28日、2017年度の定時総会を開催。会頭に丸紅泰国の酒井宗二社長を選任し、承認した。任期は1年。酒井会頭は「東部経済回廊(EEC)構想に対応した新たな組織を立ち上げる」と明かした。

 


 

4/26 タイ最大の自動車輸出メーカーに
三菱自動車

三菱自動車は4月26日、2016年度(16年4月~17年3月)のタイからの自動車輸出台数が30万9916台となり、初のタイ最大の自動車輸出メーカーとなったと発表した。主力のレムチャバン工場は、同社グローバル生産体制の中枢を担い、生産台数の80%以上が輸出向けで、ここから世界120カ国以上へ輸出されているという。

 


 

5/3 赤十字社に献血車寄贈金贈呈
タイ国日本人会

タイ国日本人会は3日、タイ赤十字社に800万バーツを贈呈。寄贈式が行われた。寄付金は献血車購入費に充てられ、今年12月より稼働する予定。タイでは日本人を含む外国人も献血可能。対象年齢は17〜70歳で、半年以内に大きな手術をしていない等の条件がある。

 

関連記事

  1. 2019年、タイの3大トピック

  2. 低迷続く、観光地プーケット

  3. タイの師走、イベントで大賑わい

  4. 正当防衛?

  5. STOP! バイクの歩道走行

  6. ムエタイに年齢制限は必要か

  7. 亡き父親の仇

  8. 同性婚が認められる日

  9. 妊娠中絶に“明るい未来”を

おすすめ記事

  1. バンコクのカフェ特集
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  4. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  5. 冷えと代謝

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP