【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶美林開発

経済成長を続けるタイで、躍動する日系企業の“いま”をトピックで紹介。

タイでマンゴー農園の管理・運営
近く農業生産法人を設立

旅行業と不動産開発を営む美林開発(三重県津市)が、チェンマイでマンゴー農園の管理・運営に乗り出す。

同地域で約30年に渡って日タイの品種を交配種させて作った稀少なマンゴー5種類を、来年からタイや諸外国向けに卸すとともに、タイ向けには木のオーナー制度を展開。木になるマンゴーの実の権利を付与(1年契約)。オーナーは、好きな時に自身の木を見に行くことができ、接ぎ木や剪定といった農業体験も可能という。

同社の西山加津哉社長は「家族や友人・知人で木を保有し、観光のついでに足を運んで、地元の生産者と交流を深めることで、地域が盛り上がれば」と話す。

農園面積は約120ヘクタールに及び、5種6万本のマンゴーの木があるという。近く、農業生産法人を設立し、来年の収穫期から本格的に農業ビジネスに参入する。「今年、数は少ないが新種ができたので来年を楽しみにしてほしいです。これまでの家族経営から脱却させ、テクノロジーを活用し、品質を落とさずに生産性を高めていきたい」(同)。7月14、15日には、バンコクで新種試食会と同農業をテーマにしたセミナーを開催(P35)。当日はプレセールとしてオーナー制度の予約も開始する。

見た人を驚かせる新種のマンゴー


 

6/19 東京海上が豪IAGのタイとインドネシア買収
東京海上ホールディングス

東京海上ホールディングスは19日、グループの東京海上日動火災保険を通じて、豪州Insurance Australia Group Limited社(IAG)から同社のタイ、インドネシアの損害保険現地法人を、5億2,500万オーストラリアドルで買収することでIAG社と合意したと発表した。買収するのは、タイのセイフティ・インシュアランスとインドネシアのアスランシ・パロラマス。

6/25 タイの製糖能力を増強
三井物産、三井製糖

三井物産と三井製糖は6月25日、共同運営するタイ製糖事業会社Kaset Phol Sugarの製造能力増強に向けた設備刷新を決定し、同日着工したと発表した。総工費約370億円を借入及び増資にて調達し、2019年10月の完工を目指す。

6/26 タイ新工場、18日から稼働
日新電機

日新電機は6月26日、中長期計画「VISION2020」で新たな事業の柱とすべく注力する、産業用装置・部品受託加工事業の事業拡大に向けて設備投資を実施すると発表。日新電機タイの装置・部品事業の拡大を目的に、同社隣接の工場を取得、同月18日から稼働開始したという。新工場は、敷地面積3万2500㎡ 、工場床面積2万2400㎡。床面面積は既存工場と合わせ約4万㎡に増床した。


 

関連記事

  1. 2019年、タイの3大トピック

  2. 低迷続く、観光地プーケット

  3. タイの師走、イベントで大賑わい

  4. 正当防衛?

  5. STOP! バイクの歩道走行

  6. ムエタイに年齢制限は必要か

  7. 亡き父親の仇

  8. 同性婚が認められる日

  9. 妊娠中絶に“明るい未来”を

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP