【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶日本通運グループ

経済成長を続けるタイで、躍動する日系企業の“いま”をトピックで紹介。

アマタシティチョンブリー工業団地
新倉庫オープン式典を開催

日本通運グループの日通ロジスティクスタイランドがタイ東部チョンブリー県のアマタシティチョンブリー工業団地(旧アマタナコン工業団地)に大型倉庫「アマタシティチョンブリ・ロジスティクスセンター」をこのほどオープンさせ、17日、関係者約200人が集まる中、同倉庫内で開所式が行われた。稼働は8月中旬。
新倉庫は、敷地面積7万2064㎡、倉庫面積2万9917㎡。鉄筋鉄骨構造の平屋(一部2階建て)で、高床ホーム、両面接車バース、ドックレベラー(片側30基)、コンテナヤードを備えている。
開所式では、日本通運の齋藤充社長が「タイはASEAN物流の拠点であり、同センターの可動により、日通グループとしてさらなる総合物流サービスを提供できる」と挨拶。続いて、同倉庫がタイ政府が推し進める東部経済回廊(EEC)構想の重要地域にあることから、来賓として出席したEECのタサニー副事務局長は「タイは、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムと中国の一部を含むGMS経済圏の中心。同センターがクロスボーダーの推進に寄与するでしょう」と期待した。さらに、在タイ日本大使館の関口昇公使(経済部)からは「同社は、越境交通協定(CBTA)に基づく相互乗入ライセンス(ミャンマーを除く)を日系企業で最多取得しています。国際間物流面で大いに活躍してほしい」とエールを送った。

2万9917㎡を誇る新倉庫

 


 

7/14 マンゴーセミナー、8月10・25日で再び開催
美林開発

旅行業と不動産開発を営む美林開発(三重県津市)は7月14日、自社で管理・運営を進めるチェンマイのマンゴー農園で収穫した、新種のお披露目とマンゴーの木のオーナー制度の説明会を兼ねたセミナーを週刊ワイズオフィスで開催した。当日は、午前・午後の2回で約60人が参加し、当日募集した限定50本のプレセールが完売。好評につき、8月10日・25日の2日間で、再度開催が決定。詳細は、次週の週刊ワイズで告知する。

ワイズセミナーの様子

 


 

7/18 上田工業タイ法人に1,400万B貸し付け
国際協力銀行(JBIC)

国際協力銀行(JBIC)は18日、自動車部品メーカーの上田工業(愛知県)のタイ現地法人JPモールドと1,400万バーツの貸し付け契約を締結したと発表した。名古屋銀行などとの協調融資で、融資総額は8,400万バーツ。JPモールドは、パトゥムターニー県の拠点に工場を新設するという。

 


 

7/18 6月の訪日タイ人、42%増の7.3万人
日本政府観光局(JNTO)

日本政府観光局(JNTO)は18日、6月の訪日タイ人旅行者数が前年同月比42.2%増の7万3600人で、6月の過去最高を更新したと発表した。これで、1~6月の累計は前年同期比14.3%増の60万6700人となった。

 

関連記事

  1. 2019年、タイの3大トピック

  2. 低迷続く、観光地プーケット

  3. タイの師走、イベントで大賑わい

  4. 正当防衛?

  5. STOP! バイクの歩道走行

  6. ムエタイに年齢制限は必要か

  7. 亡き父親の仇

  8. 同性婚が認められる日

  9. 妊娠中絶に“明るい未来”を

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP