【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶TalentEx

経済成長を続けるタイで、躍動する日系企業の“いま”をトピックで紹介。

第三者割当で、タイからロシアへ
日系企業へIT人材を供給

タイを拠点に求人メディア・人事向けSaaS事業を展開するTalentEx Pte. Ltd.(シンガポール)は7月31日、モンスター・ラボ(東京都)とスカイライトコンサルティング(東京都)に対して第三者割当増資を実施したと発表した。調達した資金は、日本企業向けにロシアのエンジニア人材を供給する同社のロシア進出事業に充てられる。同社代表の越陽二郎CEOは「日本のIT人材不足は深刻ですが、ロシアは多くのエンジニア人材を育成し、輩出しているんです。この圧倒的な人材リソースを日本企業向けに紹介できればと考えました。これをきっかけに、日本とロシア・欧州のIT開発分野での人材交流・共同研究・共同事業開発が今後の両国において非常に重要になると確信しています」と熱く語る。
経済産業省によると、IT人材の不足規模は2030年には約80万人にも上ると予測。 特にAI、 IoT、 セキュリティなどの「先端IT人材」はより深刻な人材不足に直面する見込みだという。
一方、ロシアは前述の人材に加え、ブロックチェーン・ロボディクス・クラウドコンピューティング分野などの人材が豊富で、15年のUNESCO Institute for Statisticsの調査によれば、エンジニアリング・製造・建築分野の新卒者数でロシアは45万人と、2位のアメリカ(23万人)を倍近く上回り、16万人の日本の3倍近い人数を輩出しているという。なお、越CEOは、モンスター・ラボが先日タイでオープンしたコーワキングスペース「Monstar Hub Bangkok」の運営にも参画している。18年4月、TalentExの越CEO(中央)がモンスター・ラボ鮄川代表(中央右)とともにロシア・カザンを訪問

 


 

7/10 タイに海外販社を設立
第一稀元素化学工業

第一稀元素化学工業(大阪市)は7月18日、自動車向けジルコニウム化合物の販売を目的に、タイに子会社DKKタイ・マテリアルズ・トレーディングを設立したと発表した。同社によると、顧客である自動車関連企業から現地調達化を強く要望されたことを受けて設立したという。同社は中国に複数の拠点があり、東南アジアではベトナムでジルコニウムを生産している。
DKKタイは資本金1,000万バーツで、第一稀元素化学工業が100%出資。今年10月に事業を開始する予定。同社の海外展開は、顧客に満足いただける品質、価格、納期及びサービスを世界均一に提供することを中期経営方針「DK-One Project」の目標の一つに掲げ、今回の現地子会社の展開もその一環だという。


 

7/31 タイの太陽光発電が稼働
花王

花王は7月31日、タイでケミカル製品および消費者向け製品の製造・販売を行う花王インダストリアル(タイランド)のタイ工場で、太陽光発電設備を同月16日から運用開始していると発表した。化学品倉庫の屋根にパネル発電容量580kWの太陽光発電設備を導入したもので、年間約847MWhの発電により、年間約433トンのCO2削減を見込んでいる。花王インダストリアル(タイランド)の工場における化学品倉庫 太陽光発電設備


 

8/1 「かねふくの明太子」バンコクで小売り販売開始
かねふく

辛子(からし)明太子製造のかねふく(福岡市)は1日から、タイの日系スーパー「フジスーパー」で「かねふく明太子」を販売している。食卓の一品に加えやすい 80gサイズで、「じっくり二度漬け」を行った旨だれを添えている。今後も取り扱い店舗を拡大させていく。

関連記事

  1. 2019年、タイの3大トピック

  2. 低迷続く、観光地プーケット

  3. タイの師走、イベントで大賑わい

  4. 正当防衛?

  5. STOP! バイクの歩道走行

  6. ムエタイに年齢制限は必要か

  7. 亡き父親の仇

  8. 同性婚が認められる日

  9. 妊娠中絶に“明るい未来”を

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP