免税店入札に数社が名乗り

現行のキングパワー社の他、ロッテが有力か

年間3400万人もの外国人観光客が訪れるタイ。その空の玄関口スワンナプーム国際空港で今、免税店事業が変化を見せ始めている。同空港内で免税店を運営するタイ空港公社(AOT)は、2020年9月に現行の免税店「キングパワー」との独占契約終了を迎えるにあたり、年内に免税店事業の入札を実施すると発表した。

現段階で、入札への参加が予想されている大手企業は4社。一つは、06年より同空港内で免税店事業を展開しているキングパワー社だ。同社はタイの免税店事業でほぼ独走状態にあり、スワンナプーム国際空港とドンムアン空港の両空港に店舗を構える他、国内最大の免税売り場面積を誇る「キングパワー・コンプレックス」も開業。16年の全体売上が850億バーツに達するなど、好調な業績を見せている。当然ながら、同社では契約の継続を希望しており、アイヤワットCEOは「現在、AOTからの入札条件の掲示を待っている状況だ。今回の入札には多くの企業が関心を寄せており、厳しい競争になることが予想される。しかし、これまでの実績を武器に入札権を獲得したい」と意気込みを語る。

また、アジア最大規模であり、世界の免税業界をリードする韓国の免税店ロッテも有力候補として注目されている。同社はタイ政府が免税店の新規参入を認める方針を打ち出したことを受け、17年6月に進出。ショッピングモール「Show DC」内にタイ1号店をオープンし、国内の免税店市場の開拓に乗り出した。

この他、ショッピングセンター大手のセントラル・グループとザ・モールも同事業への興味を示唆。セントラル・グループのトスCEOは「観光客が年々増加するタイで、免税店事業の伸び代は大きい。入札条件次第で、参入を検討する」と新事業に意欲を見せる。

06年にキングパワー社とAOTが提携した際には、10年間の独占契約や2万5000㎡の売り場面積の確保などの入札条件が挙げられた。今回は、どのような条件となるのか。利用者の利便性に繋がる変化を期待したい。

おすすめ記事

  1. 独占! スリヤ工業大臣インタビュー 独占!スリヤ工業大臣インタビュー「タイには日本の力が不可欠」
  2. “製造大国”ニッポンとドイツが揃い踏みの4日間で10万475人が来場! ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」が11月20〜23日の4日間に渡って開催された。 今年は世界50カ国10地域から4000社が出展。製造大国タイにとって最大のイベントだけあって、4日間で延べ10万475人が会場を訪れた。 ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」開催!
  3. 週刊ワイズ ゴルフコンペ2019【結果発表】
  4. ワイン&グルメ特集2019 ワイン&グルメ特集2019
  5. 【幹事必見】忘年会・新年会 2019-2020【全60店】 【幹事必見】忘年会・新年会 2019-2020【全61店】
  6. 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅…
  7. 年末年始 旅行特集 2019 vol.1「近隣諸国編」〜 親子ファーストな旅へ!…

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

WiSE 週間ランキング

  1.  有名なタイ人男性俳優から大麻入りのグミを食べさせられたとして11月13日、女性が都内の警察に通報した。映画の主演も務める著名人の疑惑ということで注目を集める一方、この事件をきっかけに大量の「大麻グミ」がタイ国内に流通している事実が明らかになった。
  2. 今年も残すところ1カ月余り。一年を振り返り、不況を嘆く声もちらほらと聞こえてくる。世界情勢の余波をもろに受けた2019年のタイ経済も、安定とは言い難いものだった。中でも取り沙汰されるのが、失業者問題だ。
  3. チョンブリー県に位置する「ヤマト工業団地」。その事業者向け用地の販売が、いよいよ2020年第2四半期(4〜6月)に始まる。タイ初のスマートエレクトロニクスの生産拠点として、総投資額は220億バーツに上るとみられる。産業高度化を目指す新経済戦略「タイランド4.0」において、スマートエレクトロニクスは重点産業の一つとされており、団地の完成によりこれらの生産が増えそうだ。
  4. スーパーやコンビニでいつでも自由にお酒を買える日本と異なり、タイにはさまざまなアルコール規制があることをご存じの方も多いはず。国民の94%が仏教を信じるタイでは「不飲酒戒」の教えに則り、仏教上の祝日には酒類の販売・提供が終日禁じられています。また選挙当日とその前日も、治安維持のために禁酒日に定められています。  2015年からは小中高校や大学、病院の周辺300m以内での酒類の販売も禁止に。飲酒による交通事故や犯罪、医療費の増加が問題視されていることもあり、徐々に規制が厳しくなっています。
  5. 独占! スリヤ工業大臣インタビュー
  6. 市場から毎日届く新鮮な朝挽き地鶏を使用しています。チルド状態で仕入れることで鶏肉本来の食感を保ち、丁寧な下処理によってさらに旨みを引き出しています。 日本産の香り高いゴマ油と共に、地鶏専門店の“本気の味”をお楽しみください。

今月人気の記事

  1. 2019年週刊ワイズゴルフコンペ結果発表
  2. 2019年週刊ワイズゴルフコンペ結果発表
PAGE TOP
Top