JJグリーンの行く末は?

 

先月、都は同マーケットの閉鎖を発表。
存続を望む運営者側との間に大きな軋轢が生じている。

 

アッサウィン知事は8月21日、「JJグリーン・マーケット(通称JJグリーン)」を同月末日を以って閉鎖すると発表。開催地であるクイーン・シリキット公園を近隣の2つの公園と併せて再開発し、バンコク最大規模となる総面積727ライの都民公園を整備するという。完成は2020年の予定。

JJグリーンは、2012年にオープン。約800軒の屋台や店舗が軒を連ね、観光客もこぞって訪れるナイトマーケットとして人気を博してきた。それがなぜ、存続の危機を迎えているのか。

公園を管理するバンコク首都圏庁は、同マーケットを運営するV-Multimedia社とリース契約を結んでいた。しかし、都知事によると同社は16年より2年に渡り借地料を未納。都民税と併せるとその総額は5,000万Bに上り、これが今回の閉鎖の理由だという。一方、同社の代理人によると、同社では16年の契約終了時にリースの延長を申請。バンコク首都圏庁から一旦は承諾を得たものの、その後の交渉が難航したまま今に至り、賃料を支払わなかったという。双方が主張を譲らないまま平行線をたどり、現在は司法の判決を待つ状況だ。

インターネット上には閉鎖を惜しむファンの声が続出。同マーケットの公式フェイスブックにも存続を望むメッセージが寄せられ、運営側はこれまで通り営業を続けるので、引き続き足を運んでほしいと応えている。

当初、8月末日を予定していた閉鎖は今月12日まで延長された。閉鎖か存続か、その動向が注目される。

関連記事

  1. 狂犬病の迷信、さらなる悲劇へ

  2. 【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶沖縄物産企業連合、BRI…

  3. タイの一日最低賃金、引き上げか!?

  4. 妊娠中絶に“明るい未来”を

  5. ギャンブルに対して厳しい国タイ。でも中学校は“くじ引き入試”?

  6. 中国人客、1000万人突破か

  7. 無法地帯化する違法美容クリニック

  8. 【タイ進出動向】東急が手がける1号物件で内覧会、日本品質を提供する賃貸住宅 他

  9. 【タイ進出動向】イオン、BTSグループとの一体型カードで合意 他

おすすめ記事

  1. 冷えと代謝
  2. ソンクラン 旅行特集 第2週
  3. ソンクラン 旅行特集 第1週
  4. ストレスと凝り
  5. スポーツ障害

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP