生霊の仕業?

 

精霊を筆頭に、超自然的存在に寛容なタイ。
成仏できない生霊が起こした事件とは?

 

18日、TV番組の生放送中に突如涙を流し始めた友人の母親

サムットプラカーン県で16日未明、女性3人が死傷する事件が発生した。犯人は近所に住むラオス人男性。現場にあった包丁でタイ人の祖母と孫2人を次々に刺した後、現金約6,000バーツや金のネックレスを奪い逃走したが、ラオスとの国境ムクダハン県のメコン川船着場で警察が逮捕。麻薬資金に困った末の犯行だったという。祖母と孫1人が死亡し、もう1人の孫は重傷を負った。

しかし、事件直後から奇妙な現象が発生。亡くなった孫の友人に生霊がとり憑いたというのだ。数日に渡り涙を流し続ける子どもを心配したその両親は、僧侶に供養を依頼。僧侶は、未練を残したまま世を去った友人の生霊にとり憑かれた、と説明したうえで連日供養を試みたが、効果はなし。火葬式当日に僧侶が「一緒に火葬場に行こう」と説得し、ようやく生霊は友人から離れたという。

また、18日には亡くなった3人の親戚と、生霊にとり憑かれた友人の母親がTV番組に登場。生放送中に突如その母親が涙を流し始めたため、母親もとり憑かれたのでは、と視聴者からコメントが殺到したという。

一方、現在仕事のため韓国在住の亡くなった子どもの母親は、事件を聞き号泣。犯人のことは一生許さない、と涙ながらに語った。また、自分の子どもが生霊となり、とり憑いた件に関しては「とり憑いた時にその友人とビデオ通話をした際、声や振る舞いが自分の子どもと全く同じだった」とコメント。古来から、超自然的存在を信じるタイならではの解釈と言えようか。何はともあれ、亡くなった3人の冥福を祈る。

関連記事

  1. 【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶滋賀県

  2. タイの刑事裁判に潜入! (前編)〜”トンロー強盗事件”の初公判

  3. 遅々とするBTS駅バリアフリー

  4. ファンが勝手に浮気認定

  5. 【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶KADOKAWA

  6. 【タイ進出動向】東京急行電鉄がサハGと合弁会社設立 他

  7. 【タイ進出動向】TAMA協会タイ事務所発足。大使、BOI長官も技術力に期待 他

  8. 【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶スズキ

  9. 【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶凸版印刷、伊藤忠商事

おすすめ記事

  1. 冷えと代謝
  2. ソンクラン 旅行特集 第2週
  3. ソンクラン 旅行特集 第1週
  4. ストレスと凝り
  5. スポーツ障害

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP