ピピ島に赤信号

 

無期限立ち入り禁止を決定
大切なのは「目先の収入よりも永続性」

 

「持続可能な観光収入」か「目先の観光収入」か―。
タイの有名観光地「ピピ諸島」を管理するタイ国立公園局はこのほど、環境保護と生態系回復を目的に今年6月から実施している全面立ち入り禁止措置を、「生態系回復が間に合わない」とし、当初4カ月間だった閉鎖期間の“無期限延長”を決めた。

諸島内のピピ島は2000年に公開された映画「ザ・ビーチ」(主演レオナルド・ディカプリオ)で一躍有名となり、世界中の観光客が押し寄せ、同島を訪れる観光客は1日約4000人を超えていた。同局によると「近年は中国人観光客が増え、ゴミのポイ捨てやトイレマナーの悪さで環境が悪化。影響は海底の生態系にも及び、珊瑚が死滅する事態に陥っていた」と指摘する。

一方で、閉鎖によって困る人たちもいる。有名観光地だけに、これまで地元住民を含めた多くの観光業者が、生活基盤のほとんどを観光収入に頼ってきた。そのため、閉鎖による収入減は確実で、観光業者らは「4カ月間は仕方がないと思っていたが、無期限では生活していけない」や「すでに、閉鎖期間終了後の予約も入っていた」と窮状を訴える。これに対して、同局のウォーラポット氏は「観光収入の減少はわかるが、自然が回復されなければ、元も子もない」と理解を求める。生活の糧だった人たちの気持ちもわかるが、それも美しいピピ島があってこそ。早期回復を祈るばかりだ。

一方、島では外国人から入島料1名200Bを徴収しているが、ずさんな管理から用途の不透明さが指摘されてきた。今回の改善計画が実を結び、環境保全と地域発展の両体制が整うことを期待したい。

関連記事

  1. タピオカブームの陰の立役者

  2. タイの高齢化対策

  3. 強姦罪に極刑を適用

  4. お喋りカラスが幸運呼ぶ?!

  5. タイローカル塾に変革の波

  6. 戴冠式を終えた国民の声

  7. 死体博物館の目玉に異論

  8. HIV感染をセルフチェック

  9. “迷惑な人”を見せしめに

おすすめ記事

  1. バンコクのカフェ特集
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  4. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  5. 冷えと代謝

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP