妊娠中絶に“明るい未来”を

 

人工妊娠中絶に対し、罪という意識が根深い仏教国タイ。
非合法の施術で死亡者が増える現状に、声が挙がった。

 

望まない妊娠に対してサポートを行うタイの支援団体「The Choices Network」は1日、人工的に妊娠中絶した女性に処罰を科す法律の廃止を求め、憲法裁判所のロビーでデモを行った。

年間推定20万人とも言われるタイの中絶人口。法律によって、中絶した女性とそれを行った医師に対し、最大6万バーツの罰金または3年の投獄を科すことが定められている。ただし、①健康に害を及ぼす場合 ②15歳未満で強姦された場合③妊娠中の胎児に障害がある場合のみ、中絶が認められるという。

ところが、国民の9割以上が仏教徒であり、「命を断つことは罪」と考えられるタイでは、中絶への反対意識が根深い。たとえ前述した条件を満たしていても、それを知らない警察による誤認逮捕は多発。逮捕を恐れた女性は人知れず不衛生な場所で中絶し、死亡するケースが増加中だと地元紙は報じている。政府機関の調査によれば、2005〜15年に中絶した女性の約3人に1人は病気を発症。衛生面の改善も急務だ。

同団体は法律廃止に加え、保健省が同案件に対応することを提案。団体メンバーのクンカーンさんは、「女性はみんな、自分の体について自分で決める権利がある。経済的に育てることが困難な場合など、中絶の意思をサポートできる社会にしたい」と主張した。今回のデモは、若い女性から多くの支持を獲得した。これを受け、国はどう動くのか。目を背けてはいられないだろう。

関連記事

  1. タピオカブームの陰の立役者

  2. タイの高齢化対策

  3. 強姦罪に極刑を適用

  4. お喋りカラスが幸運呼ぶ?!

  5. タイローカル塾に変革の波

  6. 戴冠式を終えた国民の声

  7. 死体博物館の目玉に異論

  8. HIV感染をセルフチェック

  9. “迷惑な人”を見せしめに

おすすめ記事

  1. バンコクのカフェ特集
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  4. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  5. 冷えと代謝

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP