同性婚が認められる日

 

ニューハーフショーが観光産業の一部のタイ。
真のLGBT擁護を目指し、新たなページをめくる

 

性的少数者「LGBT」の人権、特に同性婚を国家(法的)が認めるか否かは、先進国を中心に議論が進んでいる。そんな中、一足お先にタイで同性婚を認める法案が承認されそうだ。地元紙によれば、同性婚を認める法案は2013年に一度、提案されるものの、14年のクーデターで廃案となっていた。

ところが突如、プラジン法務相が「早ければ11月下旬にも内閣へ提案し、承認されれば来年中にも施行される」と発表。現在は、同省サイト内で公開され、パブリックコメントを実施中。また、内閣提案までの間に、バンコク、アユタヤ県など地方でもセミナーを開催し、国民の意見を広く求めていく。

タイは、世界においてLGBTに対して比較的寛容な国のイメージが強いだろう。ある識者も「タイには約600万人のLGBTがいると言われ、もはや国民としては少数派ではない」と話し、政府観光庁は「LGBTの観光客がさらに増える」と賛成派は多い。一方で、「人口減少に繋がる」や「伝統的な結婚制度が壊される」といった反対意見もある。

気になる法案の中身は、同性での婚姻(戸籍)が認められる他、遺産相続権、離婚請求権(慰謝料や財産分与)が与えられる。ただし、養子縁組については組み込まれず、将来的な検討事項とした。法案が施行されれば、アジアでは台湾に続いて2カ国目。開かれた国のイメージが高まるだろう。

関連記事

  1. タピオカブームの陰の立役者

  2. タイの高齢化対策

  3. 強姦罪に極刑を適用

  4. お喋りカラスが幸運呼ぶ?!

  5. タイローカル塾に変革の波

  6. 戴冠式を終えた国民の声

  7. 死体博物館の目玉に異論

  8. HIV感染をセルフチェック

  9. “迷惑な人”を見せしめに

おすすめ記事

  1. バンコクのカフェ特集
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  4. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  5. 冷えと代謝

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP