タピオカブームの陰の立役者

スマホの普及で拡大するデリバリー市場。新たな飲食ブームのカギは、宅配サービス?

行列の向こうに甘味あり。日本列島を駆け巡るスイーツ旋風は、一向に止む気配がない。平成を振り返ると、ティラミス、ナタ・デ・ココ、パンナコッタなど、好奇心をくすぐる魅惑のスイーツが我々を虜にしてきた。
日本と同じく、“タピオカブーム”の真っただ中にいるタイ。そのトレンドを大きく後押ししているのが、フードデリバリーサービスの存在だ。
経済市場調査を行う「カシコン・タイ研究所」によると、タイのフードデリバリー市場は前年比14%増の3,300万バーツに達し、都心部を配達圏内とするサービスだけでも大小数十社が乱立する。これは東南アジア諸国の中でもトップクラスの市場規模を誇り、IT技術の進歩を追い風に今後も拡大が見込まれる。その代表格に配車サービスと連動した「Grab Food」や「foodpanda」、「LINE MAN」が挙げられる。
「Grab Food」を運営する「Grab Taxi Thailand」のタリン社長によると、2019年6月時点の同社のアプリ利用者数は100万人以上。同社の宅配メニューの中でも、近年カオマンガイやタイ風粥といった王道を抜き、人気1位の座に躍り出たのがタピオカ入りドリンクだという。また、今年3月にサービスを開始したばかりの新興「Getfood」でも、5月の配達数は8万杯にも達している。
世界各国で急成長を遂げ、人々の生活に欠かせない“食”をテーマにした宅配サービス。そこからタピオカを超える次なるヒット商品が生まれる日も、そう遠くはないはずだ。

関連記事

  1. 感染者が前年比2倍のデング熱

  2. タイでは年間1万2千人が死亡。治療で完治できるも、発見遅れが原因

    “結核”は過去の病気ではない

  3. GDP成長率、見通し引き下げ

  4. 自宅内の喫煙も違法に?

  5. 中国の“巨大なうねり”

  6. タイと米中貿易戦争

  7. タイの高齢化対策

  8. プラユット政権発足へ

  9. 強姦罪に極刑を適用

おすすめ記事

  1. バンコクのお土産特集 タイのお土産特集
  2. バンコクのカフェ特集 バンコクのカフェ特集
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  4. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  5. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

WiSE 週間ランキング

  1. ポツンとカウンターの隅っこで飲みたい夜。そんなひとり晩餐会の〆は、必ず「土手煮」。濃厚な煮汁がジュワッと胃袋と心に染みて、堪りません。やっぱり、もう1杯飲もっかな♪

今月人気の記事

  1. バンコクのお土産特集
PAGE TOP