「WiSE BUSINESS BKK 2016」発行

アジア6ヵ国を取材。ビジネスパーソン必携の一冊。
会社設立〜工業団地マップなど、全544ページの圧巻の内容

 

“これまでにない、便利で実践的なビジネス專門誌を”との思いから、昨年、発行したビジネス年刊誌「WiSE BUSINESS BKK(ワイズ ビジネス バンコク)」が装い新たに2016年版が発行。
今年の目玉は、ASEAN経済共同体(AEC)の発足で注目される、域内経済回廊(幹線道路)約3500kmを走破したルポルタージュと、評価の高いホテルや接待に使えるレストランなど、タイ隣国3ヵ国(ミャンマー、カンボジア、ラオス)の首都を紹介した出張ガイドだ。
今年は、AEC域内人口6億人とGDP(国内総生産)2兆ドル以上の巨大経済圏が誕生し、まさに、新時代の幕開けとなった。タイの製造業にとっては、分業体制の移行の検討、サービス業が狙うのは単一市場となる隣国への進出だろう。検討・展開する上で欠かせないのは、材料や製品を運ぶクロスボーダー輸送。ルポから域内大動脈の今を知ってほしい。
また、タイ進出や起業を目指す人向けに、会社設立、事業開始までをマンガで解説した「タイ進出入門ガイド」は、工場操業編や関税コスト削減策を拡充。人気の 「タイ工業団地MAP(企業名入り)」は、50ヵ所すべてを現地取材し、最新情報とした。
昨年は、創刊という0を1にする生みの苦しみを味わった。故に今年は、1から2以上を求められる。昨年の補足情報を掲載することは誰にでもできる。それ以上の何かを模索することからスタートした。
幸いにも、週刊ワイズは創刊から13年という年月を有し、クライアントを含め、多くの人に支えられてきた。誌面・取材監修に関しては、各分野のスペシャリストが引き受けてくれ、社内では、15年版で「これまでにないモノを作る!」との思いを共有し、達成経験を持つスタッフが再結集した。
AEC発足というキーワードが、自ずと隣国へと足を運ばせた。結果、取材網=情報量は、陸続きのタイ、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオスの5ヵ国に中国を加えた、大メコン圏(GMS)へと広がった。
それでも「読者は満足してくれるだろうか?」という自問自答は消えない。果たして、1は2となったのか? タイ進出・既出のビジネスパーソンの必携アイテムとなれば幸いである。

Web版はコチラ

www.wisebk.com/wisebusiness

関連記事

  1. タピオカブームの陰の立役者

  2. タイの高齢化対策

  3. 強姦罪に極刑を適用

  4. お喋りカラスが幸運呼ぶ?!

  5. タイローカル塾に変革の波

  6. 戴冠式を終えた国民の声

  7. 死体博物館の目玉に異論

  8. HIV感染をセルフチェック

  9. “迷惑な人”を見せしめに

おすすめ記事

  1. バンコクのカフェ特集
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  4. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  5. 冷えと代謝

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP