【ソンクラン旅行特集】Vol.1
家族でエンジョイ!アジアンリゾート

 

東南アジアのハブ・シティとも言われるタイ・バンコクは、アジアのさまざまな国へアクセスしやすいというメリットがあります。旅行時のフライト時間も 比較的短いため、現地でゆっくり過ごせるのもうれしいポイント。 今回は、アジアの中でもオススメのビーチリゾートをご紹介します。
001

フィリピン・セブ島

海の中、果てしないブルーに包まれて

世界有数のリゾートとして有名なセブ島。物価が安く、最近では英語留学先としても人気です。中でもマクタン島は、ラグジュアリーなホテルが立ち並び、常に賑わいをみせる屈指のリゾートエリア。白い砂浜、透き通るブルーの海が広がり、周りに大小の島が点在しているため、アイランドホッピングも楽しめます。

sebu

ベトナム・ダナン

1時間半で行けるアジアの新リゾート

近年人気急上昇のアジアンリゾート、ダナン。ビーチまで徒歩すぐのリゾートホテルが並んでおり、比較的リーズナブルな料金で宿泊できます。ミーケビーチは、米フォーブス誌の「世界のキレイなビーチ6選」にも選ばれた美しさ。世界遺産の街ホイアンへも、車で30分で行くことができます。昨年5月にはバンコクエアウェイズの直行便が就航し、ますます便利に。

danan

インドネシア・バリ島

神の宿る島で極上の休日を

東南アジア南部にあるインドネシアは、東西に長く伸び、 大小さまざまな島から構成されています。バリ島は、首都ジャカルタのあるジャワ島の東に位置し、緑豊かな自然とヒンドゥー教文化の入り混じったエキゾチックな雰囲気に包まれた島。クタ、ヌサドゥア、ジンバランなど人気のビーチが点在し、「神々の島」とも呼ばれています。

bari

マレーシア・ペナン島

世界遺産の街並みとビーチ

アジア随一のリゾート地で、「東洋の真珠」とも称されるペナン島。島最大のビーチ、バトゥ・フェリンギは、ホテルや飲食店が立ち並ぶ人気のリゾートエリアです。島の中心地ジョージタウンは、かつてのイギリス植民地時代の面影を残す、コロニアル調の建築物が街に点在。マレー、中華、インドの文化と入り混じった独特の街並みは、ユネスコ世界遺産にも指定されています。

penan

 

 


 

Celes Beachfront Resort Koh Samui
セレス・ビーチフロント・リゾート・コ・サムイ

“サムイ”で最も至便なビーチ リゾートホテルがオープン

全島がココナッツの木で覆われる別名「ココナッツ・アイランド」と呼ばれる“サムイ島”。目の前に広がる長さ270mのビーチでゆったりと過ごし、周辺のショッピングセンターやレストラン街を楽しめる、不便さを感じない“多世代向けリゾート”地としても有名です。

そんな、同島滞在を彩る新たな施設として、「Celes Beachfront Resort Koh Samui」が2017年5月にグランドオープン。全室40㎡以上の50室と18ヴィラ(85〜154㎡)が揃い、さらに“おもてなし”の心を備えたスタッフが出迎えてくれます。また、至近に系列ホテル「Samui Palm Beach Resort」もあり、500人以上が入る会場を併設。ビジネスセミナーや結婚式場として活用できます。全ヴィラにプライベートプール付きで、バンコクの都会的な喧騒を忘れ、緑豊かな楽園の空気感を味わいながら、あなただけの時間を過ごしてみてください。

  • ヴィレッジのような作りでヴィラが建ち並ぶ

    ヴィレッジのような作りでヴィラが建ち並ぶ

  • 清潔感とゆとりある部屋は、すべての宿泊者をリラックスさせる

    清潔感とゆとりある部屋は、すべての宿泊者をリラックスさせる

  • プールの前に広がるエメラルドグリーン

    プールの前に広がるエメラルドグリーン

  • 施設周辺は、南国情緒漂うエキゾチックな街

    施設周辺は、南国情緒漂うエキゾチックな街

 


 

The Sarojin Thailand
ザ・サロジン・タイランド

ロマンティックな時間を過ごせる ハネムーンに最適な高級リゾート
数々の世界的な賞を受賞しているラグジュアリーなリゾート「The Sarojin」。プーケット空港から約1時間に位置し、アンダマン海に面した静かなホワイトサンドビーチがすぐそばにあるほか、世界中のダイバーが憧れるダイビングポイントとして知られているシミラン諸島とスリン諸島へのアクセスも便利です。客室は全56部屋。部屋のタイプは、熱帯の雰囲気を味わえる庭沿いの「Garden Residence」(95㎡)、3.5m×5.5mのプライベートプールを備える「Pool Residence」(120㎡)、眺めの良いテラスに直径2mのリラクゼーション・プールを備えた「Spa Suite」(150㎡)、215㎡のスペースを有し、ベッドルームごとの個別の入口があり、プライバシーが確保できる「2 Bedroom Pool Residence」の4種類。広さと充実した設備が特徴です。白い砂浜と美しい海を望みながらアジア料理やカクテルが味わえるレストランと、バンヤンの木の下で食事を楽しめる地中海レストランがあり、気分によって使い分けてください。

  • 天蓋が並ぶプールサイド

    天蓋が並ぶプールサイド

  • 全室バスタブ完備

    全室バスタブ完備

  • 真っ白なビーチが広がる

    真っ白なビーチが広がる

  • ホテル近くの海でダイビング

    ホテル近くの海でダイビング

 


 

The Tongsai Bay Ko Samui Thailand
ザ・トンサイベイ コ・サムイ・タイランド

サムイのとっておき約束の極上気分
人気リゾート地、サムイ島のトロピカルガーデンに囲まれたリゾートホテル「The Tongsai Bay」。タイ随一の美しい景観に包まれたリゾートとして人気です。83の客室すべてがオーシャンビュー、テラスにはバスタブを用意。部屋はシャレー、コテージ、ヴィラの3タイプ。さまざまな室内デザイン、場所(角度)によって違う景色が楽しめます。なかでも、「Beachfront Suite」は、プールとビーチに面した3階層スイス・シャレー風の佇まいで、家族での宿泊に最適。「Cottage Suite」は、他の客室から離れたプライベート空間で、ココナッツツリーやトロピカルガーデンに囲まれ、南国を感じられます。

また、「Pool Cottage」(全5室88〜98㎡)のテラスには約20㎡のプライベートプールを設置。本格タイ料理レストラン、スパ・マッサージなど、ホテルに一歩足を踏み入れれば、極上の時間を約束してくれるでしょう。今年はホテル開業30周年を迎え、7月に記念イベントを開催予定。ご期待ください。

  • リビングからテラスを抜け、プライベートプールへとつながる「プールコテージ」

    リビングからテラスを抜け、プライベートプールへとつながる「プールコテージ」

  • 「マクギガンコテージ」は、この部屋をこよなく愛したイギリス人夫婦の名前が付いているスペシャルコテージ

    「マクギガンコテージ」は、この部屋をこよなく愛したイギリス人夫婦の名前が付いているスペシャルコテージ

  • シュノーケリング、カヤック、ウィンドサーフィンなどの無料レンタルも

    シュノーケリング、カヤック、ウィンドサーフィンなどの無料レンタルも

  • ヴィラ内でのプライベートディナー

    ヴィラ内でのプライベートディナー

 


拡大して見る場合は、「新しいタブ」で開いて下さい

 

WiSE_492_13smal

拡大して見る場合は、「新しいタブ」で開いて下さい[/caption

拡大して見る場合は、「新しいタブ」で開いて下さい
 
 
 

 

拡大して見る場合は、「新しいタブ」で開いて下さい

 

WiSE_492_14small

拡大して見る場合は、「新しいタブ」で開いて下さい

 

WiSE_492_16small

拡大して見る場合は、「新しいタブ」で開いて下さい

関連記事

  1. バンコクのお土産特集

    タイのお土産特集

  2. バンコクのカフェ特集

    バンコクのカフェ特集

  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」

  4. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー

  5. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び

  6. 週刊ワイズ650号記念「創刊16年目の大挑戦」

  7. ソンクラン 旅行特集 第2週

  8. 【WiSE独占インタビュー】15年の絆、攻め続けるアイドル UPUPGIRLS (仮)

  9. ソンクラン 旅行特集 第1週

おすすめ記事

  1. バンコクのお土産特集 タイのお土産特集
  2. バンコクのカフェ特集 バンコクのカフェ特集
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  4. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  5. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

WiSE 週間ランキング

  1. ポツンとカウンターの隅っこで飲みたい夜。そんなひとり晩餐会の〆は、必ず「土手煮」。濃厚な煮汁がジュワッと胃袋と心に染みて、堪りません。やっぱり、もう1杯飲もっかな♪

今月人気の記事

  1. バンコクのお土産特集
PAGE TOP