ゲームはスポーツを超える!?

世界初のe-Sports大会開催から早18年。
注目度上昇の裏に、ビジネスとの相乗効果があった

 

格闘ゲーム、FPS、RTS、MOBAなど競技性の高い対戦ゲームを“競技スポーツ”として捉える「e-Sports(エレクトロニック・スポーツ)」。タイでは昨年7月、スポーツ・観光庁がe-Sportsを競技スポーツとして承認したのは本誌でもお伝え済み。また、タイのe-Sports促進のため3億バーツの予算を設定し、競技人口を最低2000人以上に増やすと発表しているが、その理由のひとつに、e-Sportsによるビジネスチャンスの拡大が挙げられる。

現在、タイ人のゲーム人口は約2500万人、ゲーム競技大会の視聴者が約1000万と、e-Sportsプレーヤーの潜在因子が多数存在する。「タイe-Sports連盟(TESF)」の調べによると、ゲームとe-Sports産業の市場は約130億バーツと、その規模も魅力だ。最近では、大学でe-Sportsのための専門授業が始まり、PCとゲーム用機器に関する産業の成長はもちろん、ITブランド各社もゲーム愛好家に向けた商品展開に乗り出した。

今年はロシアでワールドカップ、インドネシアでアジア競技大会、また4月26〜29日にはタイで国際大会「ワールドサイバーゲームズ」が開かれる。タイ政府は、観戦のためにタイを訪れる観光客の増加なども狙っているという。

2022年の「アジア競技大会」で、e-Sportsは正式種目となる。ビジネスとの相乗効果も伴い、ブームに火が点くのは時間の問題だろう。

関連記事

  1. タイの高齢化対策

  2. 強姦罪に極刑を適用

  3. お喋りカラスが幸運呼ぶ?!

  4. タイローカル塾に変革の波

  5. 戴冠式を終えた国民の声

  6. 死体博物館の目玉に異論

  7. HIV感染をセルフチェック

  8. “迷惑な人”を見せしめに

  9. タイの徴兵事情

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP